マリンブルーの風

おかげさまで18周年!
2004年開設の千葉ロッテマリーンズ応援Blog! 
国内旅行記&海外旅行記やアメリカ、台湾、ヨーロッパ野球の観戦記も充実!

オスナが来年もマリーンズと契約合意間近か。ESPNのエンリケ・ロハス記者が報じる

今シーズン中盤からマリーンズの守護神として君臨したロベルト・オスナ投手。
ソフトバンクが3年30兆円の大型契約で狙っているとか、メジャー復帰だとか、様々なうわさが流れました。

しかし、マリーンズを愛するオスナはどうやら来年もマリーンズでプレーしてくれそうです。

ロッテ 守護神オスナと再契約へ 6月加入し4勝10S&防御率0・91 海外報道(デイリー)
ロッテがロベルト・オスナ投手(27)と1年の再契約で合意間近にある、と27日(日本時間28日)、米スポーツ専門局ESPNのエンリケ・ロハス記者が自身のツイッターで伝えた。

 メキシコ出身のオスナはアストロズ時代の19年に38セーブをマークし、タイトルを獲得。今季はメキシコリーグで12登板、2勝0敗6セーブ、防御率2・03の好成績を評価されてロッテと合意した。日本では29試合で登板し、4勝1敗10セーブ、防御率0・91。ロハス記者は同投手が29回2/3を投げて3失点、32奪三振だったことなども伝えた。


記事の根拠となっているのはこのツイートです。



当のオスナはまだ去就を明らかにしておりませんが、自身のツイッターのアイコンはマリーンズの帽子をかぶっていますから、マリーンズへの愛着はあるのでしょう。
そして、ひたすら好物であるラーメンのツイートばかりしています。










ひょっとして、好きなラーメンを食べたいから来年も日本でプレーするのでは・・・。
マリーンズ残留は大歓迎ですが、ラーメンの食べ過ぎで太らないことを祈ります。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

佐々木朗希がコミッショナー特別表彰とパ・リーグ特別賞を受賞し、山川穂高からカンチョーを食らう。

プロ野球の年間表彰が行われ、13者連続奪三振と完全試合を達成した佐々木朗希がコミッショナー特別表彰とパ・リーグ特別賞を受賞しました。

ロッテ朗希にコミッショナー特別表彰とパ特別賞 「来年はタイトル獲ってステージ立ちたい」(ニッカン)
プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」が25日、東京都内で行われ、4月10日のオリックス戦で完全試合、NPB記録となる13者連続奪三振を達成したロッテ・佐々木朗希投手は、コミッショナー特別表彰とパ・リーグ特別賞を受賞した。
 2つの賞を手にしたことで、佐々木朗は新たな意識も芽生えた。「来年はタイトルを獲って、このステージに立ちたいとあらためて思いました」。これまでにはなかった強い決意だった。

 今季20試合に登板し、9勝4敗、防御率2・02。3年目として、立派な数字ともいえるが、歴史的快挙を達成した一方で、規定投球回数に到達しなかったことも事実だ。「規定投球回に到達できなかったので、もったいない賞もあった」。例えば、奪三振はリーグ2位の173だっただけに、イニング数を増やせれば、狙えるタイトルともいえる。

 「(タイトルを総なめにしたオリックス)山本由伸さんとの差はある。その差を埋めていきたい」

 超一流選手たちが集う表彰式に参加し、大きな刺激を受けたようだった。


その佐々木朗希に山川がカンチョーを決め、シーズン中抑え込まれたうっぷんを晴らしました。



山川はZOZOマリンの球場正面にある佐々木朗希の写真にもカンチョーをかましていました。



来年も山川といい勝負をしたいものです。


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング


1軍打撃コーチに村田修一氏、1軍戦略コーチに金子誠氏が就任

これはびっくりです。
1軍打撃コーチに横浜と巨人で活躍した村田修一氏が就任。
1軍戦略コーチには日ハム一筋の金子誠氏が就任します。

【ロッテ】村田修一氏を来季1軍打撃コーチに招へい 巻き返しへ課題の得点力向上託す(ニッカン)
ロッテが来季の1軍打撃コーチとして、今季まで巨人で1軍打撃コーチを務めた村田修一氏(41)を招へいすることが23日、分かった。近く発表される予定。

2年連続2位で迎えた今季は、チーム打率が球団史上ワーストの2割3分1厘。シーズン5位低迷の原因となった。吉井理人監督(57)が就任し、来季の巻き返しへ得点力向上は必須。山口ら和製大砲候補の完全開花も含め「男・村田」に重要任務が託される。

   ◇   ◇   ◇

ロッテにまた新たな風が吹く。打力不足に悩んだ前政権が終わり、誰が打撃部門を立て直すか−。最重要ポイントの1つだった。これまでロッテとは縁がなかったセ界の大砲、村田氏に白羽の矢が立てられた。

球団史上ワースト打率はマーティン、レアードの不振が主因ではあった。4月に3試合連続で完封負け。補うべき若手も育ちきらず、助っ人の復調を待つしかない苦しい1年だった。今季、22歳の山口が16本塁打。ロッテの選手が高卒4年目以内に2桁本塁打を放ったのは、31年ぶりだった。和製大砲がなかなか育たないのは、球団にとって根深い問題でもあった。

OBではない村田氏が新たな血を注ぐ。福浦新ヘッドとともに、未経験のパ・リーグで喫緊の課題解決にあたる。同時に横浜、巨人でプロ通算360本塁打の理論と経験は、スラッガーの卵たちにこの上ない“教材”だ。山口や今季飛躍した高部以外にも、安田や藤原らが完全開花を待つ。打力次第で正捕手獲得に一気に近づく松川にとっても、大きな存在になりうる。今季2軍戦で長打を量産し、福浦ヘッドに「2人はずばぬけていた」と言わせた高卒2年目の“ダイナマイト”こと山本や、西川も村田氏と同じ右打者だ。

球団には3年後の25年に常勝軍団を作るビジョンがある。助っ人外国人の成績に大きく左右されない、基盤の強いチーム作りへ。村田氏へのミッションは、勝利と育成を両立させる重要なものになる。「男・村田」が力強く請け負う。

◆村田修一(むらた・しゅういち)1980年(昭55)12月28日、福岡県生まれ。東福岡では投手で98年甲子園に春夏連続出場。日大で野手転向し、東都リーグ歴代2位の通算20本塁打。02年ドラフト自由枠で横浜入団。07、08年本塁打王。11年オフにFAで巨人へ移籍し12年からリーグ3連覇に貢献。17年オフに巨人を自由契約。18年はBC栃木でプレーし、同年限りで現役引退。ベストナイン4度、ゴールデングラブ賞3度。08年北京五輪、09年WBC日本代表。引退後は19〜22年巨人コーチ。177センチ、92キロ。右投げ右打ち。



【ロッテ】金子誠氏をコーチに招聘…我孫子出身、吉井監督とともに日本ハムでコーチ経験 野手陣立て直す(報知)
ロッテが、金子誠氏(47)を来季のコーチとして招へいすることが23日、分かった。

 金子氏は現役時代、日本ハム一筋21年で1996試合に出場し、通算1627安打。二塁、遊撃で計3度のゴールデン・グラブ賞に輝いた守備の名手でもあった。14年に引退し、15年からは日本ハムでコーチに就任し今季は野手総合兼打撃コーチを務めたが今季限りで退任。17年からは侍ジャパンのコーチも務めて、19年プレミア12、21年東京五輪ではヘッド兼打撃コーチとしてともに優勝に導いた。

 吉井理人新監督(57)が就任したロッテは、05年以来のリーグ制覇へ、野手陣の立て直しが急務。藤原、安田、山口ら有望な若手が多いが、殻を破れずにいる現状もある。チーム打率2割3分1厘、97本塁打はともにリーグ5位。千葉・我孫子市生まれという地元出身の金子氏が、日本ハムでともにコーチを務めた新指揮官を支えていくことが期待される。



【ロッテ】コーチ就任の村田修一氏「学んだことを還元」金子誠氏「全力を尽くしたい」(ニッカン)
ロッテは24日、来季の1軍打撃コーチに村田修一氏(41)、1軍戦略コーチに金子誠氏(47)が就任すると発表した。

村田氏は今季まで巨人で1軍打撃コーチを、金子氏は日本ハムで野手総合兼打撃コーチを務めた。

コメントは以下の通り。



村田氏 初めてパ・リーグでの野球を経験することになりますが、新しいものをしっかりと感じ取りながら、今まで経験してきたこと、学んだことを選手たちに還元し、次の世代につなぐことができればと思っています。そのためにも選手たちが野球に真摯(しんし)に向き合える環境づくりをしてあげたいと思っています。マリーンズはやっぱり応援のイメージです。ファンと選手が一体となって戦っているチーム。今まで相手チームとして対戦していて脅威を感じていました。これからは私もマリーンズの一員として、ファンの皆さまと一緒に選手たちとともに戦っていきたいと思います。



金子氏 吉井監督をはじめ、千葉ロッテマリーンズのために全力を尽くしたいと思っています。戦略コーチとして相手チームだけではなく、自分のチームにもアンテナを張り巡らせながらチームの勝利のために頑張ります。


2人ともまるっきり外部の人材です。
村田修一氏はロッテはもちろんパ・リーグの球団と関わること自体が初めて。
いったいどんな伝手があったというのでしょう。
ただ、長距離砲の育成が必要なマリーンズですから、村田氏のコーチ就任は明らかにプラス。
山口、安田はもちろん池田や山本大も育ててほしいです。

金子誠氏はファイターズ一筋。
1993年ドラフト3位ですから東京ドーム時代の日ハムも知っていますし、札幌移転後に強くなっていくファイターズも知っています。
そしてコーチとしての腕は確か。吉井監督も日ハムのコーチとして共に戦いましたから、力量は把握できているはずです。
戦略はもちろん、守備のうまい内野手を育ててほしいですね。
千葉県我孫子市出身というのもプラスです。まるっきり音沙汰がない近藤のFA移籍交渉にも影響するのでしょうか。

ところで、我孫子は「あびこ」と読み、千葉県を代表する難読地名です。
中国語だと「私の孫」という意味になるので、よく中国人が駅名票を記念撮影するそうですよ。

次に決まるコーチはいったい誰だ?
近藤の行方は?
そして新外国人はどうなる?
マリーンズの2023年に向け、解決すべき課題は多いです。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

田村が背番号を22から27に変更

田村をはじめとして4選手の背番号が変更されます。

【ロッテ】田村龍弘「22」→「27」に背番号変更 鈴木昭汰は「35」→「47」(ニッカン)
ロッテは23日、背番号の変更を以下の通り発表した。

◆田村龍弘捕手(28)

「22」→「27」

◆坂本光士郎投手(28)

「27」→「36」

◆土居豪人投手(22)

「69」→「65」

◆鈴木昭汰投手(24)

「35」→「47」

また育成で再契約を結んだ土肥星也投手(27)の背番号は「121」、古谷拓郎投手(22)は「124」に決まった。


田村は初心に帰るための変更でしょうか。
27番は田村を育てた伊東元監督が現役時代につけていた番号です。
まさかの里崎コーチ入閣・・・。あるのか?

【ロッテ】引退の田中靖洋がストレングストレーナー就任「選手の気持ち理解し選手ファーストに」(ニッカン)
ロッテは21日、今季限りで現役引退した田中靖洋投手(35)がストレングストレーナーに就任すると発表した。

田中氏は球団を通じ「今年まで現役をさせていただいていましたが、選手の気持ちを理解しながら選手ファーストに考えて、しっかりと選手をサポートしていきたいと思います」とコメントを寄せた。

田中は引退後もチームに残るようですね。
戦力外からのテスト入団した苦労人ですし、いいコーチになってくれそうです。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

3塁側2階席上段に新BOXシートが登場

ZOZOマリンスタジアムの3塁側2階席上段に新しいBOXシートが誕生します。

ZOZOマリンスタジアムに「ogawaキャンプBOX」新設(球団公式)
2023シーズンからZOZOマリンスタジアムに、アウトドアをコンセプトにしたテーブル付きのボックス席「ogawaキャンプBOX」(定員5〜3名)を、フロア4(2階席)3塁側に新たに設置します。

新しいボックス席は、アウトドアブランド「ogawa」を運営するキャンパルジャパン株式会社とエリアネーミングライツ契約を締結し、「ogawaキャンプBOX」となりました。エリア内のシートやテーブルは「ogawa」のアウトドアグッズを設置します。また、「ogawaキャンプBOX」の5名席は2023年シーズンシートとして販売しています。

ZOZOマリンスタジアム フロア4(2階席)3塁側に5名席を24ボックス、4名席を2ボックス、3名席を1ボックス設置。5名席の24ボックスは1,265,000円(税込)で2023年シーズンシートとして法人を対象に販売しています。2023年シーズンシートは球団公式サイト内シーズンシート特設サイトで新規申込受付中。4名席及び3名席は一般チケットとして販売予定です。


55533


場所は3塁側2階席の上段。シーガル・ボックスの隣で、ちょうど3塁側ベンチの後方になります。
ピクニックボックスのような机と椅子のある席のようですね。
4人席2ボックスと3人席1ボックスは一般販売されますが、5人席24ボックスはすべて法人向けシーズンシートとして販売されます。
接待向けというよりは、福利厚生の一環として、社員やその家族がわいわい観戦するための席、ということになりそうですね。

シーズンシートのページにも案内が出ています。

ogawaキャンプBOX
球場全体を俯瞰できるフロア4(2階席)3塁側屋根付エリアにアウトドアをコンセプトにしたテーブル付きのボックス席「ogawaキャンプBOX」(定員5名)を新設します。
外装は“アウトドア”をコンセプトにしています。フードを広げて食べられる大型テーブルに個別シート2つと3名掛けベンチシートを配置
しました。リラックスした気分でご観戦しながら、美しい花火やグラウンドの熱気を感じられるボックス席です。
※ 広告幕の掲出はありません
※ 上段一部の座席にて花火が見えない席があります。

5名席価格 (3塁側:24ボックス)
テーブル席法人限定
¥1,265,000(税込)
※ボックス数は変更となる場合がございます。


グラウンド全体が見下ろせるいい席だとは思いますが、上段は屋根が邪魔して花火が見えません。
おまけにデーゲームでは西日をまともに浴びるので暑いです。
24席全部を法人向けシーズンシートで売り切るのはなかなか難しいような気がします。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

2019年ギリシャ旅行記 第50回 ミケーネ遺跡の考古学博物館を見学

0209

ギリシャ旅行記の第49回です。
10日目はペロポネソス半島の登山鉄道乗車とと遺跡見学。
紀元前1600年頃から紀元前1100年頃に栄えたミケーネ遺跡からの出土品を展示する考古学博物館を見学しました。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング続きを読む

ファン感謝デーが久々の有観客で実施される

あいにくの雨模様でしたが、じつに3年ぶりとなるファン感謝デーが行われました。
引退を表明した松永、田中のセレモニーや、佐々木朗の表彰なども行われたほか、紅白戦では山口が投手として登板し144キロを出すなどのサプライズもあったとのことです。


【ロッテ】3年ぶり有観客でのファン感謝デー 開会前にOB村田兆治さん黙とうも(ニッカン)
ロッテ3年ぶりに有観客でのファン感謝デーが行われた。

球団は20年2月15日にファンサービス自粛方針を表明し、1009日ぶりの交流に。左腕坂本とキャッチボールした19歳男性は「お互いが前向きな気持ちで交流できる機会が復活したことをとてもうれしく感じました」と話した。開会前には、11日に急逝したOB村田兆治さんへの黙とうが行われた。



【ロッテ】正午から3年ぶりに有観客でファン感謝デー開催 ファンとの直接交流は1009日ぶり(ニッカン)
ロッテのファン感謝デーが20日、12球団の先頭を切ってZOZOマリンで開催される。3年ぶりに有観客での開催。選手とファンのキャッチボールやサイン会なども企画されている。

ロッテは新型コロナウイルスの感染が広がり始めた20年2月15日付で、球団としてのファンサービスの当面自粛を発表し、この日まで解除していない。直接のファンサービスは1009日ぶりとなる。

コロナ禍もあり、ここ2年間は無観客で行われ、ZOZOマリン室内練習場でのトーク企画などが生配信されていた。20年のイベント後、「鬼滅の刃」コスプレを終えた井上晴哉内野手(当時31)は「生で見てほしいのは確かなんですけど、できることは参加させてもらって、1年間お互いお疲れさまでしたみたいな感謝の気持ちを込めて参加させてもらいました」と振り返っていた。

ファンサービスについては「新幹線とかホームで声かけられて、サインお願いしますって言われるんですけど、どうしても球団の方で決まってるし。1人がルールを破って感染の元になるとそれが一番良くないので、いつものクセで応じようとして、あぁ…と踏みとどまったり。本当はサインを求められたら書いてあげるのがプロだと思うんですけど、今年はできなかったので」と話していた。抽選に当たったファンに限られるとはいえ、約2年9カ月ぶりに直接交流が行われる。【金子真仁】



【ロッテ】松永昂大、カンペ見ながら引退あいさつ「プロ野球を意識したのは大人になってから」(ニッカン)
ロッテのファン感謝デーが20日、ZOZOマリンで行われ、今季限りで現役引退した松永昂大投手(34)の引退セレモニーが行われた。

右翼からリリーフカーで登場。グラブは付けず、両ひざに手を置いて、笑顔でファンに手を振った。

同じく引退する田中靖洋投手(35)の後にあいさつ。いきなり「ちょっと飛んだので、カンペ見ます」とファンをくすくすさせながら「このようなセレモニーを企画していただいた千葉ロッテマリーンズ球団の皆様、いつも最高のコールをしていただいた千葉ロッテマリーンズのファンの皆様、このセレモニーを協賛していただいた株式会社カクタ様、本当にありがとうございます」と話し始めた。

「僕の野球人生は0対29、3回コールド負けからのスタートでした。実際、そういうところで育ってきたので、プロ野球を意識したのは大人になってからです。そんな自分が中学、高校、大学、社会人とステップアップできてきたのは、両親からいただいたこの体と、ありあまる身体能力のおかげです。ありがとうございました。そして小さいころから指導者、先輩方、同級生、後輩たちに本当に恵まれたおかげで、プロ野球までの道筋をいただいたと思っております」

過去を回想しつつ、続けた。

「千葉ロッテマリーンズに入団して10年。1年目から運良く、チャンスをいただいて、1軍で投げることができました。まっすぐとスライダーだけの2球種でここまで投げてきたので、捕手は配球にとても苦労したなと思います。最後に。指導者、隣にいる田中さんをはじめ先輩方、同級生、後輩に尻ぬぐいをしてもらいながら、最高の声援の中で野球ができたことは本当に幸せなことだなと今、感じております。10年間本当に、ありがとうございました」

ひょうひょうと投げ続けた鉄腕サウスポーが、グラブを置いた。来季からは指導者になる。



【ロッテ】田中靖洋引退セレモニー「ヤスヒロコール生涯忘れることはありません」感謝のスピーチ(ニッカン)
ロッテのファン感謝デーが20日、ZOZOマリンで行われ、今季限りで現役引退した田中靖洋投手(35)の引退セレモニーが行われた。

右翼からリリーフカーで登場。グラブは付けず、両ひざに手を置いて、トレードマークのひげ姿でファンの前に現れた。

同じく引退する松永昂大投手(34)に先んじて、ファンに挨拶。寒さに手をこすり合わせながら舞っていたが、マイクの前で「本日はこのようなセレモニーを用意していただき、千葉ロッテマリーンズ、関係者の皆様、本当にありがとうございます」と堂々と話し始めた。

まずはファンへ。

「ファンの皆様、どんな時も温かい声援、ありがとうございました。ヤスヒロコールは生涯忘れることはありません。西武ライオンズ10年、千葉ロッテマリーンズ7年。たくさんの出会いに恵まれました。監督、コーチ、裏方スタッフの皆様、数々の先輩方、そしてともに戦ったチームの仲間たち。皆さんのおかげで、幸せな選手生活を送ることができました。本当にありがとうございます」

家族へ。

「両親へ。丈夫な体に産んでくれて、ありがとうございます。2人の兄貴へ。2人の背中を追い掛け、野球を始めて本当に良かったです。ありがとうございます。家族へ。いつも笑顔で励まし、支えてくれて、ありがとうございます」

そして締めた。

「最後になりますが、17年間、何も悔いはありません。今日で引退します。本当にありがとうございました」

直球をほとんど投げない個性派リリーバーが、堂々とまっすぐ、グラウンドを去った。



【ロッテ】佐々木朗希が千葉県知事賞を受賞「来シーズンは優勝して千葉県を盛り上げられるよう」(ニッカン)
ロッテ佐々木朗希投手(21)が20日、ZOZOマリンで行われたファン感謝デーで、千葉県知事賞を受賞した。

4月10日のオリックス戦で完全試合を達成したことの活躍などがたたえられてのもの。この日は熊谷俊人知事が表彰に訪れた。

受賞した佐々木朗は「今回、こういった賞を受賞することができて、大変うれしく思います。今シーズン、チームとしては悔しい結果になったので、来シーズンは優勝してさらに千葉県を盛り上げられるよう、頑張りたいと思います。応援ありがとうございました」とスピーチした。


【ロッテ】先発山口航輝の最速144キロにどよめき ファン感紅白戦で唐川や佐々木千らを空振り(ニッカン)
ロッテ山口航輝外野手(22)の直球に球場がどよめいた。20日、ファン感謝デーの紅白戦に先発。最速144キロを投げ込んだ。

秋田・明桜高(現・ノースアジア大明桜)時代には、オリックス1位の白鴎大・曽谷をさしおいて2年夏までエースナンバーだったが、県大会決勝のマウンドで右肩を脱臼。「あそこは本当に人生が変わるというか、人にも迷惑かけることになりましたし、自分の野球人生のターニングポイントというか、あの1球ちょっと、戻れるなら戻りたいです」と以前、思いを明かしたことがある。

3年夏は後に社会現象を引き起こした金足農・吉田(現日本ハム)とのライバル関係に。「2年夏までは全然普通の投手やなと思ってました。3年で印象変わりましたけどね」と明かすなど、投手へのこだわりも深かった青春時代。この秋季練習でもひそかに平地で投球練習を行っていた。その時は「130キロくらいっす」と笑っていたが、この日は常時140キロ台。鋭い変化球でも唐川や佐々木千らを空振りさせると、ネット裏の辛口解説員・角中から「先輩相手なら普通…」と茶々を入れられていた。【金子真仁】


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

中村奨吾が4年契約。小野はフォーク習得中

FA権を行使せずにマリーンズへの残留を表明した中村奨吾が4年契約を結びました。
4年後は34歳。事実上マリーンズに骨をうずめるという覚悟を見せた形になります。

【ロッテ】中村奨吾が語った残留決断の理由 記者に問いかけた「どんな野球に見えますか?」(ニッカン)
ロッテ中村奨吾内野手(30)が19日、球団と4年間の長期契約を結んだ。

今季中に国内FA(フリーエージェント)権を取得していた。不動の二塁手、安心の中軸、欠かせない戦力。得た権利を行使し、チームを離れるという選択肢はあったのだろうか。会見で、茶色のネクタイに手をやりながら「うーん、離れるというか、そうですね…」と言葉を慎重に選びながら話し始めた。

「マリーンズじゃないチームの野球、というか…を、見てみたい気持ちがないことはなかったですけど」

ロッテ残留以外の選択肢が脳裏にあったことを決して否定はせず、続けた。

「そうですね…、縁があってこの千葉ロッテマリーンズに入団させていただいて、今年で8シーズンが終わったんですけど。優勝、まだ一度も経験できていないですし、まだ球団に恩返しができていないのかなという思いも強かったですし。本部長と話し合いをさせていただく中で、このチームで優勝したいというものがより強くなったので、FA宣言するという選択には至らなかったかなと思います」

残留を発表した時も、松本尚樹球団本部長(52)からの熱い言葉があったと明かしていた。松本本部長は14年秋、中村奨がドラフト1位指名された時は編成統括職を務めていた。

「入団にも関わっていただきましたし。そういう本部長からの『もっと中心として頑張ってほしい』『中心として引っ張っていってほしい』という思いだったり『このチームで奨吾と一緒に奨吾と優勝したい』という思いを、強く熱くおっしゃっていただいたので。その思いが一番動いた、響いたかなと思います」

そうして決意し、長期契約を結んだ。マリーンズじゃないチームの野球、よりもマリーンズを選んだ。リーダーから見て、マリーンズはどんな野球のチームなのだろう。尋ねた。

「…ちょっと難しいですね。どんな野球に見えますか?」

こちらの目を凝視しての、キャプテンの不意打ち。逆に尋ねられた。

「個々の力を束にして、強くして、全員で戦っていくような…」

ラリーが続く。

「そうですね。選手自体の戦い方としてはそうだと思うんですけど」

そう言って続けた。

「いろいろな、何と言うんですかね、組織というかチームの作り方というか、そういうのも興味がないことはなかったかなとは」

数度に及ぶ松本本部長との話し合いは、自身の来季からの契約条件面よりも、それ以外の話に多くの時間を割いたという。「言えない話は多いんですけど」と苦笑いした。

キャプテン役での2年目を終えた。この交渉は、集めた仲間の声を球団に渡す席でもあった。

「プレー中にこういうのは困るとか、ベンチ裏にこういうものがあったらいいなとか。西日がやっぱりまぶしいとか。(右翼席上部に)小窓みたいなの、あるじゃないですか。そこに垂れ幕とかカーテンみたいなものを付けていただいたら、少しは(球が)見やすくなるんですけどどうですか、とか。小さいことで言えばそんなことです」

その上で結んだ契約は年俸額が非公表であっても、4年契約というだけで思いが雄弁だ。ロッテで勝つ。常勝軍団になる。自分もさらに上を目指す。

「全試合出て、なるべく他の選手をセカンドでは守らせないようにというのをやっていきたいなと」

来年も再来年もその先も、背番号8のリーダーがいる。【金子真仁】


野手のキーマンは残留が決まりました。
今のところ不動のレギュラーですが、内野陣の活性化のためにも、中村奨吾を脅かす若手選手に早く出てきてほしいです。

一方ピッチャーのキーマンは小野。
なんでも吉井監督に言われてフォークを習得中らしいです。

【ロッテ】小野郁1300万円増18ホールド安定感増す 新監督からの勧めでフォークボール練習中(ニッカン)
ロッテ小野郁投手(26)が17日、ZOZOマリンで契約更改交渉に臨み、1300万円増の来季年俸4000万円(金額は推定)でサインした。

プロ8年目の今季は44試合に登板し、18ホールドを挙げ、防御率は1・99。150キロ超の直球で押すリリーバーとして、安定感を増した。「気持ちの面で余裕が少しずつ出てきたのが大きいかなと思います。場の雰囲気だったり、投げる回数が増えていくたびに慣れてきたのかなと思います」と1年を振り返った。

一方、コロナ療養からの復帰後、本来の球に戻らず、後半戦はわずか6試合の登板に。上位チームに食らいつくチームの戦力になれず「そこは本当に悔しいですし、チームにも迷惑をかけてしまったのかなというのはあります」と悔やんだ。

吉井新監督からの勧めもあり、現在はフォークボールを練習中。「7回、8回を投げられるように」としつつ、明確に定める目標は「8回を」ときっぱり。「外国人とか東條さんにも負けないように、もっと上を目指してやっていきたいなと思います」と剛腕リリーバーは頼もしく話した。


益田は下降線、国吉はノーコン。オスナは去就未定。ゲレーロはいまいち頼りない。
150キロのストレートに落ちる球が加われば、来年の守護神の座に一番近いのは小野だと思います。
あとは岩下、種市をどう使うのか。
吉井監督と黒木新コーチの手腕に期待です。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

古谷と土肥が育成契約

先日戦力外通告を受けた古谷と土肥がマリーンズと育成契約を結びました。

【ロッテ】古谷拓郎と育成契約結ぶ 佐々木朗希の完全試合の同時間帯に2軍でヒジ痛耐えて投げた(ニッカン)
ロッテは11日、古谷拓郎投手(22)と来季の育成選手契約を結んだ。年俸は現状維持で、背番号は未定。

地元の習志野高(千葉)出身の古谷は昨季、今季と2年続けて1軍登板なし。プロ4年目のシーズンを終えた今秋、戦力外を通告されていた。「ここ2年は2軍でもほとんど投げていない中で、育成という形で契約していただいた球団には本当に感謝しています」と口にした。

4月10日のイースタン・リーグ楽天戦(泉)以降、2軍でも実戦登板がなかった。「開幕してすぐくらいで、少しヒジが状態悪くなって。その日はちょっと無理して投げていて。多少投げても大丈夫だろうと思ってやっていたら、次の試合に投げられなくなったので」。6回4安打1失点の裏で、耐えていた。

試合序盤は147キロ出ていた直球が「最後は136〜137キロまで落ちて」と記憶をたどる。「とりあえずこの試合を頑張ろうと思って投げた次からが、はい、長かったですね」と苦笑いしながら回想した。

4月10日と言わず「朗希が完全試合した日」と口にした。「僕がちょうど、最後投げたのが完全試合の日でそのインパクトが強いので覚えていて。僕より下の世代で1軍の舞台で完全試合するっていうすごさを身に染みて感じたので、記憶によく残っています」。1学年下の佐々木朗が入団直後、投手の食事会では正面の席に古谷がいた。置かれる立場はだいぶ変わった。

完全試合フィーバーが起こる中、ひっそりと復活を期した。しかし。「実戦復帰直前というか、ブルペンまでは入れるんですけど、試合が見えてきてまたぶり返して…をずっと繰り返して。ヒジが治って復帰しかけた時に肩が痛くなって、そこからはまたずっと肩のリハビリでシーズンが終わってしまった感じですね」。

雨で何度も登板機会が流れたが、20年シーズンでは若手先発右腕としても期待された。「ケガをしないフォームだったり、体の機能を戻す、上げるのが一番大事だと思うので。そういう動きの見直しというか、ゼロからしっかり作り上げてキャンプインしたいと思います」。戦力外通告後、気をつかってか連絡を控えてくれた友人たちの優しさも身に染みる。「万全な状態でマウンドで戦える状態にして、やり切りたいなと思います」。晴れやかにマウンドに戻りたい。【金子真仁】



【ロッテ】土肥星也と育成選手契約 シーズン終盤に左肩痛め、オフに戦力外通告(ニッカン)
ロッテ土肥(どひ)星也投手(27)と来季の育成選手契約を結んだ。年俸は850万円(金額推定)となり、背番号は未定。

左腕の土肥は今季は1軍では1試合の登板。シーズン終盤には左肩を痛め、オフに戦力外を通告されていた。現在は近距離のキャッチボールを行う段階。


2人とも期待していたピッチャーなので、来年もチームに残ることができて安心しています。
ところで、FAした近藤についての情報はまだですかね。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

三井ゴールデン・グラブ賞が発表。高部が初選出される

今年度の三井ゴールデン・グラブ賞が発表されました。

【ゴールデン・グラブ賞】広島菊池涼介が二塁手部門で最多10年連続10度目受賞/一覧(ニッカン)
22年度「三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞選手が14日、発表された。

最多受賞はセ二塁手部門の広島菊池涼介内野手(32)で、10年連続10回目。

初受賞は、セは5人、パは2人。

DeNAは3年連続で、日本ハムは2年連続で、それぞれ受賞者がいなかった。

【セ・リーグ】

投 手 広島森下暢仁(初受賞)

捕 手 ヤクルト中村悠平(2年連続3回目)

一塁手 巨人中田翔(初受賞)※パ・リーグで過去4回受賞

二塁手 広島菊池涼介(10年連続10回目)

三塁手 巨人岡本和真(2年連続2回目)

遊撃手 ヤクルト長岡秀樹(初受賞)

外野手 ヤクルト塩見泰隆(初受賞)、中日岡林勇希(初受賞)、阪神近本光司(2年連続2回目)

【パ・リーグ】

投 手 オリックス山本由伸(2年連続2回目)

捕 手 ソフトバンク甲斐拓也(6年連続6回目)

一塁手 ソフトバンク中村晃(3年連続3回目)

二塁手 西武外崎修汰(2年ぶり2回目)

三塁手 オリックス宗佑磨(2年連続2回目)

遊撃手 西武源田壮亮(5年連続5回目)

外野手 ロッテ高部瑛斗(初受賞)、楽天辰己涼介(2年連続2回目)、オリックス福田周平(初受賞)


得票数の詳細はこちら

【ゴールデン・グラブ賞】ロッテ高部瑛斗が初受賞「ずっと目指してきた賞なのでとてもうれしい」(ニッカン)
守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が14日、発表され、ロッテ高部瑛斗外野手(24)が初選出された。

高部のコメントは以下の通り。

「プロ入りの時からずっと目指してきた賞ですので、皆さまに選んでいただき、受賞することができてとてもうれしいです。これからもこの賞を受賞できる選手になるために、しっかりと練習に精進して取り組んでいきます」


マリーンズからは外野手部門で高部が初受賞。
岡田のような派手さはありませんが、堅実な守りで貢献してくれました。
三塁手部門では安田が58票を獲得して2位。
今年の安田は守備がとても上達しましたし、決して宗に負けていないと思います。
出場試合数の差が運命を分けましたね。
来年はもっと出番が増えるでしょうから、サードのゴールデン・グラブ賞を狙ってほしいです。

さて、毎年話題になるのが1票しか入らなかった選手。
野球に詳しい記者が投票しているはずなのですが、投票理由がさっぱりわからない選手がちらほらいます。

「理由を聞きたい」ゴールデン・グラブ賞 1票獲得で今年も物議「ポランコ」トレンド入り(デイリー)
プロ野球の守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデン・グラブ賞」が14日、発表された。

 巨人・中田、ヤクルト・長岡、ロッテ・高部らセパ合計7選手が初受賞(中田はパで4度)。

 ネットでは「三井ゴールデン・グラブ賞」がトレンド入りし、各球団のファンが受賞者に反応。一方、今年もネットでは「1票」獲得選手にも注目が集まった。

 巨人外野手で打撃が売りの「ポランコ」もトレンド上位にランクイン。1票獲得に「本当に謎」、「ファンかもしれない」、「理由を聞きたい」などの声であふれた。日本シリーズで2度悪送球したヤクルト・マクガフ1票にも反応する人も多かった。

 5年以上にわたり現場でプロ野球取材をしている記者の無記名投票で受賞が決まり、内訳も公表。ネットでは1票を獲得した選手に物議を醸し、「名前を明かすべき」などの声も寄せられている。

 ▽セ・リーグ ヤクルト・マクガフ、DeNA・嶺井、DeNA・佐野、広島・マクブルーム、中日・阿部、ヤクルト・丸山、阪神・島田、巨人・ポランコ

 ▽パ・リーグ 西武・水上、日本ハム・野村、日本ハム・今川


日ハムの今川は本当に謎。マリーンズ戦でタイムリーエラーしていましたし、ハッキリ言って下手です。
岡大海に2票入っているのも謎。出場試合数が少なすぎますよね。

選考理由が不明確な三井ゴールデン・グラブ賞。
投票した記者の氏名は公開すべきでしょう。
自らの仕事に誇りを持っているならば、何ら不都合はないはずです。
遊びで投票しているのなら記者を辞めて転職してください。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング


サブロー2軍監督の就任。背番号86で山本イズム復活!

026fb180


サブローの2軍監督就任が正式に発表されました。

ロッテ・サブロー2軍監督を発表!恩師と同じ背番号86番…「山本功児さんのように若手育てる」(スポニチ)
ロッテは13日、大村三郎氏(46)の2軍監督就任を発表した。登録名は現役時代と同じく「サブロー」で、背番号は「86」となる。
 今季は楽天でスカウティングアドバイザーを務めた大村氏は「この度、マリーンズのユニホームにまた袖を通す機会をいただき、うれしく思います」と7年ぶりに古巣のユニホームを袖を通す喜びを口にした。

 また、86番の重みについても言及。「背番号は山本功児さんが付けられていた86番をいただくことになりました。2軍監督として功児さんが、福浦さんや大塚さんや自分を1軍に送り出してくれたように、若い選手をたくさん1軍に送り出してチームを底上げしたいと思います。そしてマリーンズが優勝するために協力していきたいと思います。誰よりもマリーンズの勝利を願っていた功児さんがなしえなかった優勝を果たすために自分は2軍監督の立場でバックアップし、チームに貢献できればと思います」とコメントした。


功児さんがなしえなかった優勝を果たすため。
ああ、泣かせてくれる。

山本功児終身名誉監督は、現役引退後長らくロッテのコーチを務め、1997年と1998年は2軍監督として若手を育てました。
1999年から2003年までの5年間は1軍で監督を務めましたが、残念ながら5年連続Bクラスに終わり、結果を出すことはできませんでした。
それでも、2000年代後半に主力となった福浦、サブロー、大塚明、里崎、清水直行、小林雅英、小林宏之、渡辺俊介らを育て、第2次バレンタイン政権による飛躍の下地を作ったのです。

バレンタイン政権下の2年目。2005年はシーズン2位ながらソフトバンクとのプレーオフを制し、パ・リーグ優勝を飾りました。
ですがルール上はリーグ優勝であっても、2位であることには変わりないんですよ。
マリーンズの見果てぬ夢。それこそがリーグ1位なのです。

サブローにとって山本功児終身名誉監督は自分を育ててくれた恩師です。
サブロー引退時のこの記事にも山本監督との思い出について触れられています。

【千葉魂】 お前がマリーンズを引っ張れ サブロー、実践した恩師の言葉(千葉日報)
不意に涙がこぼれた。2016年9月1日。サブロー外野手はQVCマリンフィールドで引退会見を行った。マリーンズファンへのメッセージをと問われた時、我慢をしていた感情があふれ出た。うつむくと無言となり数秒、肩を揺らした。「男は泣くものではない」。そう言い続けて、どんな時も上を向いて歩いてきた。しかし、この日は特別だった。多くの人に支えられての現役生活を思い返した。引退を報告しないといけない人はたくさんいる。その一人は「野球界のパパ」と慕った故山本功児氏。1999年から2003年までマリーンズの監督を務め、今年4月に64歳で亡くなった。家族やファン、チームメート。さまざまな人への思いがあふれ、天国の恩師へは、言葉に代えられないほどの感謝の気持ちがこみ上げた。

 「オレにとってこの世界のパパや。オレを使ってくれた人。見出してくれた人。よく怒られたけどなあ。たくさん怒られた。練習中に怒られて、近くに置いてあったボールがたくさん入っていたボールケースごと投げつけられたこともある」

 引退会見を終えて数日が経ったある日。台風一過の空の下で、サブローは懐かしそうに遠い昔を振り返った。2軍時代から目をかけてくれた。1999年に1軍監督に就任をすると、期待をかけて、積極的に1軍の試合に起用をしてくれた。よく言われた。「サブロー、お前がマリーンズを引っ張らないといけないぞ!」。まだ20代前半で、自慢できるほどの実績を兼ね備えていなかったサブローには、重い言葉だった。だが、毎日のように言われ続けていたから、その言葉はハッキリと覚えている。

        □        ■        □

 思えば、あの時も人前で涙した。山本氏が退団することになった2003年。ホームでの最終戦を終えると、神妙な表情で監督室をノックした。「ボクのせいですいません」。頭を下げると自然と涙がこぼれ落ちた。期待をかけ続けられた。それでも、その思いに応えられなかった。最後にその指揮下でシーズンを送った03年は初の2桁本塁打を記録したが、不振期間も長く80試合の出場にとどまった。チームは8年連続のBクラスに沈み、山本氏は責任をとって辞任を決めた。指揮官の熱い思いにバットで応えられなかった自分自身を責め、悔い、悔やみ泣いた。山本氏は優しく励ましてくれた。そして言った。「マリーンズはお前が引っ張らないといけないぞ!」。その言葉が、胸の奥でいつまでも響き渡った。

 その後のマリーンズは05年にバレンタイン監督の下、31年ぶりの日本一に輝いた。4番には「つなぎの4番」といわれたサブローがいた。西村徳文監督を迎えた10年もクリーンアップとしてチームを引っ張った。その後の伊東監督の下でも背番号「3」はチームの支柱として若手の多いチームの中で特別な存在感を出した。3位から下剋上を果たし、日本一となった10年。ビールかけが終わった直後。新人ながら開幕から大活躍をしながら右ひざを痛め、戦線離脱をしロッテ浦和球場でリハビリに専念をしていた荻野貴司外野手に電話を入れた。「前半戦のお前の頑張りがあったからここまで来たよ。ありがとな」。傷心の若者の胸に響く言葉だった。打たれて落ち込む投手がいれば、指摘をした。「自信なさそうに投げるな。守っている野手はそういうところを見ているんや。どんな時も堂々と投げろ」。野手にもアドバイスを惜しまなかった。チームが連敗する中、この苦境をどう脱するべきか若きキャプテンの鈴木大地内野手が悩んでいる時も背中を押した。「キャプテン、今こそみんなで話をしようや。そういう時期だと思う」。何度となく選手だけでミーティングを開いた。昨年7月に行われたミーティングでは最後に一言を求められた。「やる事は一つ。みんなの手で監督を男にしようや」。その言葉にチームは結束し、15年は怒涛の追い上げを見せてAクラス入りを果たした。

 「若い時のオレにはチームを引っ張れと言われてもどうすればいいか分からなかったけどなあ」

 遠い目でそう振り返った。全力で駆け抜けた日々だった。引退会見でサブローは言った。「悔いはない。やるべきことはやった」。そして最後に「マリーンズを愛しています」と言葉に力を込めた。恩師もまたマリーンズ愛に満ちた熱血漢だった。その思いを託されるように背番号「3」はチームを引っ張り続けた。その背中を多くの後輩選手たちが憧れの目で視線を送り続けてきた。9月25日、オリックス戦(QVC、13時試合開始)。サブローは超満員に膨れ上がったファンの前で静かにユニホームを脱ぐ。マリーンズの為に闘い、恩師の言葉を実践し続けた日々。今、振り返ると、充実した最高の毎日だった。

 (千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)


やまもとーマリン!ドンドンドドドン!
やまもとーマリン!ドンドンドドドン!
やまもとーマリン!ドンドンドドドン!

山本功児終身名誉監督の遺志を継ぐ男サブローが、愛するチームのために立ち上がった!
待っていたんだ、サブローの戦う姿を!

サブロー2軍監督にはチームを愛し、チームのために戦える選手を育ててほしいです。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

村田兆治氏が自宅火災で死亡。読売新聞が出火原因を誤って伝えるも謝罪せず

ロッテオリオンズのレジェンドOBである村田兆治氏が自宅の火災により亡くなられました。


村田兆治さん、自宅火災で死亡…一酸化炭素中毒の可能性(読売新聞)
 11日午前3時15分頃、東京都世田谷区成城、プロ野球・ロッテ元投手の村田兆治さん(72)方から出火、木造2階建て住宅の2階部分約40平方メートルが焼け、室内から村田さんが救助されたが、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。警視庁成城署が出火原因を調べている。

 発表によると、村田さんは一人暮らしで、目立った外傷はなく、一酸化炭素中毒の可能性が高い。近隣住民が119番した。

村田兆治さん
 現場は小田急線成城学園前駅の北約1・3キロの住宅街。

村田さんは広島県出身。1968年、福山電波工高(現近大福山高)からドラフト1位で東京オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団した。左脚を高々と上げて右腕を豪快に振り下ろす「マサカリ投法」でエースとして活躍し、74年にチームの日本一に貢献した。

 82年に右肘を痛め、翌年に渡米して肘に 腱けん を移植する「トミー・ジョン手術」を受けた。当時の球界で肘の手術はタブー視されていたが、1年間のリハビリを経て一軍へ復帰。85年には開幕11連勝を飾って完全復活した。毎週日曜日に登板して「サンデー兆治」と呼ばれて人気を集め、90年に40歳で現役を引退するまで、速球とフォークボールを武器に通算215勝(177敗)、2363奪三振の成績を残した。

 2005年に野球殿堂入り。全国の離島の中学球児が対戦する「全国離島交流中学生野球大会」(離島甲子園)を提唱し、離島での野球振興にも尽力した。

 今年9月23日には、羽田空港の保安検査場で女性検査員の肩を押したとして暴行容疑で警視庁東京空港署に現行犯逮捕され、2日後に釈放されていた。


実は上記の読売の記事はある部分が訂正されています。
オリジナルの記事は東洋経済が掲載していますので、ご覧いただきましょう。


村田兆治さん、発見時にたばこを手に持っていた…自宅火災で死亡(東洋経済)
11日午前3時15分頃、東京都世田谷区成城、プロ野球・ロッテ元投手の村田兆治さん(72)方から出火、木造2階建て住宅の2階部分約40平方メートルが焼け、室内から村田さんが救助されたが、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。警視庁成城署が出火原因を調べている。

発表によると、村田さんは一人暮らしで、目立った外傷はなく、一酸化炭素中毒の可能性が高い。近隣住民が119番した。

現場は小田急線成城学園前駅の北約1・3キロの住宅街。捜査関係者によると、村田さんは消防隊に発見された際、たばこを手に持っていたという。


そうです。
読売新聞の記事からは、以下の一文が説明もなく抹消されているのです。

捜査関係者によると、村田さんは消防隊に発見された際、たばこを手に持っていたという。

あのストイックな村田兆治氏がタバコなど吸うはずがない。
そういった疑問は各方面から上がっていました。
事実、その後の報道により出火現場からタバコは見つかっていないことが明らかになったのです。


発見時の村田兆治さんは寝間着姿 出火元の2階リビングにたばこは発見されず(サンスポ)
元プロ野球ロッテ投手の村田兆治さん(72)が11日に亡くなった東京都世田谷区の住宅火災について、警視庁成城署によると死因は火災による一酸化炭素中毒の疑いで、発見時は寝間着姿で座った状態だったことが分かった。

出火元は2階のリビング。発見時、村田さんはリビングと同フロアの小部屋にいた。目だった外傷や重度のやけどはなかったという。2階からたばこや暖房器具は発見されておらず、現在捜査中だという。

現時点で自宅から遺書の類は発見されておらず、家族に自殺をほのめかした事実もない。火災発生時、自宅は施錠されており、何者かが侵入した形跡はなかったという。警察は失火、放火の両面で捜査を進めている。



貴重証言「タバコは吸わない人のはず」村田兆治さん 残された火元の謎(東スポ)
“マサカリ投法”で知られる元ロッテ投手の村田兆治さんが11日、東京・世田谷区成城の自宅の火災により死去した。72歳だった。ただ謎も残っている。自宅2階で発見されたというが、なぜ寝室のない2階だったのか? また発見時にタバコを持っていたという報道もあり出火の原因とみられていたが、タバコは見つからなかったという。

 成城署によると、火元は2階のリビングの可能性が高く、出火原因は調査中とのこと。村田さんが発見されたのは同じ2階の小部屋で、パジャマのようなものを着て座っていたという。発見時に自宅にいたのは村田さん1人だった。小部屋は燃えておらず、村田さんにも重度のやけどはなし。死因は煙を吸ったことによる一酸化炭素中毒とみられる。

 発見されたのが2階という点に、近隣住民は首をかしげる。「村田さん宅は1階が寝室なんです。2階にキッチンがあるけど、火事があったのはキッチンじゃない部屋ですね。夜中の2時か3時あたりにどうして2階にいたのか。普通なら1階で寝ている時間だと思うが、遅く帰って来て、うっかり2階で寝込んでしまったのか」(近所の80代女性)

 村田さんの自宅は玄関が2階にあるタイプ。2階にはリビング、キッチン、小部屋がある。小部屋といっても書斎のようなものではなく、扉で区切られていたわけでもないという。

 成城署によると自宅は複雑な内部をしており、寝室は1階というより半地下に当たるとした。同署幹部は「寝室は一番下の階にあった。普段寝室を使っているのかいないのかということは分からない。小部屋は物がたくさん置いてあって寝るようなところではない」と話した。なぜ深夜にこんな小部屋にいたのか、ますます謎だ。

 もう一つの疑問はいまだ判明していない出火原因だ。一部報道では消防隊に発見されたときに村田さんがタバコを手に持っていたとされ、これが原因かと思われたが、近隣住民は「タバコは吸わない人のはずです」という。

 同署幹部は「捜した限りではタバコは見つかっていない。発見時に持っていたという事実も確認できていない」と明かした。タバコそのものが周囲から発見されていないという。「関係者に聞くと禁煙したという人もいるし、数年前は吸っていたという人もいる」(同)と現在も喫煙していたかは分からないという。タバコではないとすると、いったい火災の原因は何なのか。

 村田さんといえば、9月に羽田空港で女性検査員に暴行を働いたとして現行犯逮捕された事件が思い起こされる。前出の80代女性は「本当に気さくな方で、有名人だけど威張るとか鼻にかけるというところがなかった。そういう人だから空港のことは落ち込んでいたと思う」と振り返った。

 思いつめていたということはあるのか。同署幹部は「今のところ自殺を周囲にほのめかしていたという話はない。遺書も発見されていない。油分の検出については調査中だ」と話した。油分調査とはガソリンをまくなどしていないかということ。また、自宅は施錠されており、外部からの侵入の形跡はないとのこと。

 11日の実況見分ではリビングからバーベルのようなものも見えた。還暦を過ぎても130キロの球を投げられたというだけに、最近もトレーニングを欠かしていなかったということなのか。地元で愛されていただけに、悲しみは広がっている。


結局タバコは見つかっておらず、読売新聞の誤報です。
しかし、いくつかのワイドショーでは読売新聞の記事をもとに、寝タバコが原因であるかのような報道をしてしまっています。
人の生死にかかわることを適当に報じるのはやめてほしい。
記者の勝手な思い込みが死者の尊厳を冒涜しています。
読売新聞は速やかに謝罪記事を掲載し、責任を取るべきでしょう。


さて、突然の訃報を受け、関係者からは驚きと悲しみの声が上がっています。

【ロッテ】吉井理人監督が村田兆治さん悼む「一緒に練習しよう、って。すごい練習をさせられた」(ニッカン)
ロッテ吉井理人監督(57)が11日、この日72歳で逝去した球団OBの村田兆治氏について「素晴らしい、尊敬する野球人だと思っていたので、今日こういう感じでニュースを知るのはすごく残念に思いました」と声を落とした。

この日朝、侍ジャパンで訪れた札幌から千葉へ戻り、ZOZOマリンでの秋季練習に参加し、報道対応した。村田さんの印象を問われると「トミー・ジョン(手術)第1号という、その印象が。自分も若い時にトミー・ジョンを勧められたんですけど、村田兆治さんのリハビリを見ていると、あんなにできる自信がなかったので僕はやらなかったですけど。復帰するのに2年くらいかかったんですかね。あそこまで根気よくリハビリをする勇気は自分にはなかったですね」と話した。

近鉄時代の88年、オールスター出場時に村田さんの方から話し掛けられたという。「一緒に練習しよう、って。すごい練習させられましたよ。ポール間をガーッていっぱい走らされて、腹筋1000回くらいやらされて。そのあとオールスター明け1週間くらい、調子悪かったので覚えてるんですけど」と笑いながら「これくらい練習しないと、一流になれないんだなというのは感じました」と当時を振り返っていた。【金子真仁】



【ロッテ】「サンデー晋吾」小野晋吾コーチが村田兆治氏悼む「偉大な背番号守るために必死で」(ニッカン)
ロッテ小野晋吾1軍投手コーチ(47)が11日、この日、72歳で逝去した球団OBの村田兆治氏について「悲しいですね…」と言葉を重くした。

この日も秋季練習でZOZOマリンを訪れた。「いや、もう、突然の悲報というか、ちょうど球場着いた時にそのニュースを知ったので、ほんと、言葉がないというか」と言葉を選ぶように話した。

村田氏が現役時代につけた背番号29を背負い、村田氏と同じように日曜日に投げることが多く「サンデー晋吾」と呼ばれた。

「本当におこがましいんですけど、サンデー晋吾と呼ばれるようになって。自分としてはうれしい半面、偉大な方だったんで、その成績に見合うような、背番号を受け継いでから、背番号を汚さないような思いで。偉大な背番号だったので、それを守るために必死で現役時代はやっていたので」

01年にはサンデー対談が実現。体幹の大事さや指を鍛えることについてアドバイスを受けたという。

29番は現在、西野勇士投手(31)に受け継がれている。西野も村田氏同様、トミー・ジョン手術を受け、復活を果たした。小野コーチは「僕としても成績は及ばないまでも、とにかく長くプレーができるようにという思いでやっていたので。西野に託した時も、この球団の29番って特別な番号だから、とにかく長く背負えるように頑張ってほしいという話をしました」と明かした。【金子真仁】



村田兆治さん悼みロッテOB小宮山悟氏「頑固な人でしたけど、本当に優しくしてもらいました」(ニッカン)
ロッテOBで早大野球部監督の小宮山悟氏(57)が、亡くなった村田兆治氏を悼んだ。

入団1年目の90年が、村田氏の現役最終年だった。最初に言葉をかわしたのは、1月の合同自主トレの時だった。

「川崎球場でした。村田さんは参加してませんでしたが、たまたまいらっしゃって。あいさつに行ったら『頑張ってくれよ。(スカウトの)醍醐さんから話は聞いている。とにかく期待しているから頑張れよ』と声をかけてもらって、感激したのを覚えてます」

1年目から同じ先発投手として行動をともにすることが多かった。

「地方での試合が多くて、山形で試合があって、翌日は仙台なんてスケジュールが結構ありました。その時、2人とも登板予定がないと、山形から一山、二山越えて、チームとは別に先にタクシーで移動する。村田さんとご一緒させられることが多かった。車内で音を立てると怒られるんです。会話は必要最低限。運転手さんもラジオを切った。しかも、村田さんはクーラーが一切ダメで『自然の風だ』と言って、窓を開けて走らされる。私は内心『おい、おい、おい』と思ってました。ちょっとでもリラックスした姿勢を見せたら怒られるから、前に重心をかけながらね。かなりの地獄でした」

そう言って、懐かしんだ。「頑固な人でしたけど、本当に優しくしてもらいました」。小宮山氏の登板翌日には「昨日は良かったな」「あそこで、あの球はダメだぞ」などとアドバイスをもらうことも多かったという。

その年、村田氏は2ケタ10勝を挙げながら現役を引退した。その姿が、ルーキーだった小宮山氏には強烈な印象として刻まれた。

「村田さんの生き様というのかな。それは勉強になりました。意地を張って、自分のプライドを守るために頑張る姿というか。プロはこうじゃなきゃいけないんだと」

ただ、こうも思った。

「なんで、この成績で辞めちゃうんだ。もったいないと。私の中では、余力を残して、というのはちょっと違うと感じました」

小宮山氏は2浪して大学に入ったため、他の大卒ルーキーよりも年を取っていた。そのため、醍醐スカウトに「年齢がいってからのプロ入りですから、長くやる気持ちは、さらさらありません。短命で構わない。燃え尽きようと思います」と話していたという。

「村田さんの引退を見たとき、やれるんだったら、とことんやらなきゃダメだと思いました。いい意味での鏡ですから」

小宮山氏は44歳まで現役を続けた。

突然の別れを知り、何度も「本当に優しくしてもらいました」と繰り返した小宮山氏。「なんて言ったらいいのか。ロッテの大エースと言っていい。本当、残念です」と悼んだ。【古川真弥】



【ロッテ】村田兆治さんとのステーキの味も覚えていないほど衝撃のひと言 福沢洋一さん回想(ニッカン)
ロッテOBの村田兆治さん(72)が11日、亡くなった。多くの人が衝撃を受けた。福沢洋一さん(55)もその1人だ。「ニュースを見て、ビックリして。言葉にならなかったです」と言葉を絞り出した。

ひと呼吸置いて、じわじわと記憶が明瞭になっていく。「2年目に開幕戦でバッテリーを組ませてもらった時がフラッシュバックしました」と振り返った。

1990年(平2)4月7日、大阪の夜を福沢さんは忘れもしない。88年ドラフト外で入団し、強肩捕手として2年目の開幕ベンチを勝ち取っていた。オリックスとの開幕戦を翌日に控え、福沢さんは村田さんに食事に誘われた。

「2人っきりで。何だろうなとドキドキして。ドキドキとうれしさが交差する感じでしたね」

ステーキを前にして、当時40歳の村田さんから突然、告げられた。

「明日、頼むから」

金田新監督からも全く聞いていなかった開幕スタメンマスクを、18歳年上の大先輩から直接、面と向かって通知された。ドキドキは最高潮。「ステーキの味も覚えていないくらいで」。その後はゆっくりと野球談議を交わした。

翌日の開幕戦は8番捕手でフル出場。1失点完投に導き、大ベテランの信頼を勝ち取った。バッテリーを組むようになって、さらにとことん鍛えられた。

「直球の威力は見たことないし、フォークは見たことないところでワンバウンドしてましたね。それを『止めろ、止めろ』と。ベース板の何メートル前でバウンドしても『止めろ』と。それくらい厳しく言われましたね」。

村田さんは試合に入り込むタイプだったという。そこに合わせる。「顔色を見ながら。スイッチ入った時はすごい球を投げてくるので」。必死に捕り続け、技術も磨かれていった。

福沢さんは03年に現役引退し、他球団も含めてコーチや2軍監督を経験し、19年からは古巣でスカウトを務めている。村田さんのオリオンズ時代から、ロッテに受け継がれているものはあるのだろうか。

「いいのか悪いのか別として、投手同士で本来だと教え合ったりはないんですけど、けっこうこうだよああだよとアドバイスを送ることが多かったんですよ。でも教えても、そう簡単にできることではない。『オレ、それ以上頑張るから抜けないよ』というような伝統がありました」

協調しながら、高め合う。自身がスカウトとして担当した高部瑛斗外野手(24)や佐藤奨真投手(24)らもそうやって、立派な1軍戦力に成長した。

訃報に接したこの日午後、福沢さんは神宮球場のスタンドにいた。ドラフト1位指名した専大・菊地吏玖投手(22)の投球を熱心に見守った。村田さんの思い、ロッテの伝統を未来へつなぐべく、全国を駆け回る。【金子真仁】



山田久志氏「一体どうしたんだ、兆治?」村田兆治さん悼む ライバル心むき出しに時代を戦い抜く(ニッカン)
<悼む>

マサカリ投法で知られる、プロ野球元ロッテ投手として活躍した村田兆治さん(72)が11日午前5時57分に亡くなった。警視庁によると、東京都世田谷区の住宅火災で搬送され、この家に住む村田さんと確認された。

   ◇   ◇   ◇

兆治の訃報を聞いた瞬間、大きなショックを受けて身動きがとれなかった。あまりに突然の出来事に「一体どうしたんだ、兆治?」とぼうぜんとするしかありませんでした。

わたしが2つ年上で、プロ入りは兆治が1年先の同世代です。常にわたしを意識していたし、ロッテのエースとして強い阪急を倒すことに執念を燃やしていた、反骨心の塊のような一流投手でした。

1986年(昭61)4月6日、わたしの12年連続開幕投手が川崎球場でのロッテ戦で、兆治とお互いが2日間雨でスライド登板になった。結局わたしが完投勝ちを収めるのですが、常に好敵手でした。

性格は一本気で、自分が決めた道はひたすら進むタイプです。当初はボールは速いけどコントロールのつかない自滅型。でも独自に編み出した「マサカリ投法」は傑作で、フォークを操りながら勝てる投手に生まれ変わりました。

右肘のトミー・ジョン手術後は、スライダーを習得して復活。その後の「カムバック賞」が物語っているように、速球派投手に制球力がついて再び息を吹き返したのです。

前からタバコをやめていたし、体にも気をつけていたはずです。ストレートすぎるから、仲間内でも衝突することはあったけど、周囲は兆治の性格を知ってるから事態が大きくならなかったものです。

沢村賞の選考委員も辞退していたので、少し気になっていた矢先です。同じパ・リーグに生き、ライバル心をむき出しにし、時代を戦い抜いた大切な後輩でした。これが兆治との永遠の別れになってしまうのは、あまりにもつらすぎます。



【ロッテ】村田兆治さん訃報、半旗掲げ黙とう 背番29と“サンデー”継承小野晋吾コーチら沈痛(ニッカン)
ロッテは11日、球団OBの村田兆治さんの訃報に際し、本拠地ZOZOマリンに半旗を掲げた。侍ジャパン帯同から戻った吉井理人監督(57)も含め、秋季練習中にしめやかに黙とうを行った。

吉井監督は「素晴らしい、尊敬する野球人だと思っていたので、すごく残念に思いました」と、お悔やみを口にした。88年の近鉄時代の球宴で「一緒に練習しよう」と声を掛けられた。「すごく練習させられました。ポール間をガーッて走らされて、腹筋1000回くらいやらされて」と笑い「これくらい練習しないと一流になれないんだなと感じました」と回想した。

小野晋吾1軍投手コーチ(47)は「悲しいですね…」と声を落とした。村田さんの代名詞の背番号29を、プロ8年目の01年から付けた。日曜日の登板が多く“サンデー兆治”と呼ばれた大先輩にならい“サンデー晋吾”と呼ばれた。「おこがましいんですけれど、そう呼ばれるようになって。背番号を汚さないようにやっていました」。14年に29番を託した西野にも「この球団の29番は特別な番号だから、とにかく長く背負えるように頑張ってほしい」と伝えたという。それぞれが思いを背負い、来季へ向かう。【金子真仁】



村田兆治さん悼む「川崎球場」跡地の献花台「頑固な人もいたほうが…」手を合わせるロッテファン(ニッカン)
ロッテが78年から91年まで本拠としていた「川崎球場」跡地にある「富士通スタジアム川崎」事務所内に、村田兆治さんを悼む献花台が設置され、12日には500人を超えるファンらが訪れた。

発案者の田中育郎支配人(54)は川崎市出身で、大洋(現DeNA)の本拠として使用していたころから川崎球場を見続けてきた。過去には村田さんが同地での毎年恒例イベントにゲスト参加してくれたこともある。「村田さんが来てくれた時は一番盛り上がった。私も事務所にあるギャラリーを案内した時のことを覚えていないくらい緊張しました。女性スタッフにフォークの握りを教えてくれるなど、本当に優しい方でした」。

その数年前、村田さんが「替わり果てた川崎球場を見たくないから」と、ゴルフ雑誌の取材で同地を訪れることを拒んだ際に「照明灯とフェンスは当時のままで残っているんです」と説得したのも田中支配人だった。1954年(昭29)から現在も使用されている照明灯2基は来年1月10日に、残念ながら撤去されることが決定。同7日にはサヨナラ企画が予定されており「実は村田さんに来ていただきたいと思ってお願いしようと思っていたところなんです」とかなわなかった。

千葉市在住の40代男性ロッテファンは「小学生のころに印象に残ったダイナミックな投手」と川崎球場で村田さんが活躍していた時代のユニホーム姿で手を合わせ、「村田さんの心意気を今のマリーンズの選手にも引き継いでほしい。頑固な人もいたほうが…」と期待を寄せた。【鎌田直秀】



今40代の元野球少年な皆様は、一度は村田兆治氏のフォームをまねしたことがあるのではないでしょうか。
子どもも大人も魅了する、荒々しい魅力のあるピッチャーでした。
村田兆治氏の早すぎる死はとても残念ですし、ショックです。心よりご冥福をお祈りします。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング
ギリシャ旅行記連載中!
カテゴリー別記事
月別記事
記事検索
パリーグ順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
ニュース記事
最新コメント
このブログについて
■ このブログについて

管理人:薫友(くんゆう)

マリーンズファンのブログです。
千葉ロッテマリーンズや旅の話などを書いています。
趣味は鉄道旅行。日本国内のJR全線と私鉄全線に乗りました。


■ コメントについて

・当ブログにコメントされる場合は、下記の諸規定を承諾されたものとします。

・以下に該当するコメントを禁止し、削除対象とします。

 1.各エントリと関係のないコメント。
 2.誹謗中傷、荒しと認められるコメント。
 3.日本語の文章として意味を成さないと判断される文字列。
 4.試合中の実況コメント。
 5.日本国内の法律等に抵触するコメント。
 6.個人情報保護の観点から相応しくないと判断されるコメント。
 7.閲覧者に不快感を与えると判断されるコメント
 8.企業、団体、個人による営利もしくは宣伝等を主たる目的としたコメント。
 9.このブログおよびマリーンズの「和」を乱すと認められるコメント。

・当該コメントを削除する際は当該コメントに言及している他のコメントも同時に削除します。当ブログを快適に閲覧していただくため、当該削除対象コメントには返信されないようお願いします。

・同一人物による複数ハンドルの使用はご遠慮ください。IPアドレス等から同一人物と判断しうる場合はすべて削除対象となります。

・コメント投稿者同士による私信のやり取りはご遠慮ください。やむを得ず行う場合は必要最小限に留めていただくようお願いします。

・当ブログにコメントされる際は、敬語を使用する等、閲覧者に不快感を与えないよう文章、用語等に一定の配慮をお願いします。配慮を欠くと判断されるコメントは削除対象とします。


■ トラックバックについて

・参照のないトラックバックはお断りしています。



■ トリップアドバイザー

「マリンブルーの風」はトリップアドバイザーおすすめブログに認定されました。

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
管理人へのメッセージはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ