マリンブルーの風

おかげさまで18周年!
2004年開設の千葉ロッテマリーンズ応援Blog! 
国内旅行記&海外旅行記やアメリカ、台湾、ヨーロッパ野球の観戦記も充実!

新入団選手発表会が行われる

12月7日に新入団選手発表会が行われました。

【ロッテ】ドラ1菊地吏玖「女優の浜辺美波さんと共演したい」CM出演熱望 新入団選手発表会(ニッカン)
ロッテのドラフト1位、専大・菊地吏玖投手(22)が7日、「女優の浜辺美波さんと共演したいです」とロッテのCM出演を熱望した。都内のロッテ本社で行われた新入団選手発表会で、「活躍をたくさんして、CMに出て、たくさんみていただける選手になりたい」と言及。現在、ロッテ「ガーナミルクチョコレート」のCMに出演している女優を指名した。ロッテの玉塚元一オーナー代行からも「いくらでも(共演は)あると思いますね。ロッテグループ全体で野球を応援しなくちゃいけないので、CMが必要であれば、ドーンといこうと思います」とお墨付きをもらった。

育成を含み、社会人1人、大学生2人、高校生6人のドラフト指名構成で、比較的おとなしい雰囲気が漂っている中、同期入団の盛り上げ役に「僕で!」と名乗りを上げた姿も、評価された。隣で見守った吉井理人新監督から「いいですね。(ドラフト1位の)クジを外しちゃったんですけれど、見れば見るほど良い投手。外して良かったなと思います」とお褒めの言葉ももらった。早速、球団が用意したロッテ人気商品をモチーフとした大きな「パイの実」に、大きな口を開けてかじりつくパフォーマンスで“オーディション”も合格? した。

活躍必須の野球においては、28番のユニホーム姿で新人王を来季の目標に掲げた。「(将来は)200勝出来るような投手になることが一番。目標はダルビッシュ有投手。プロ野球界で他を圧倒して、いずれはメジャーの舞台に立てればいい」と決意表明。CMでもZOZOマリンでも主演を狙う。【鎌田直秀】

○…新入団9選手が目標の選手を挙げた。菊地が「ダルビッシュ有」、3位の田中晴也(18)は「佐々木朗希」、4位の高野脩汰(24)が「和田毅」、育成1位の吉川悠斗(17)は「岸孝之」、育成2位の白浜快起(18)が「大谷翔平」と投手陣。野手陣からは「小坂誠」「鳥谷敬」ら現役以外の名も出ただけに、吉井監督は「私の名前が出なかったのが残念…」と苦笑い。「そこはおいといて、元気で明るく野球に取り組んでくれたら満足。良い目標、頼もしい」と期待を寄せた。


球団が新入団選手発表会の模様をyoutubeに上げています。



全部見るのは時間がかかるので、ショウアップナイターのツイッターで大事な部分を抑えておきましょう。
この機会に新入団選手の顔と名前と背番号を一致させることが来年に向けた準備になります。





















マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

レオネス・マーティンからの惜別メッセージ

マリーンズを自由契約となったレオネス・マーティンがツイッターに惜別のメッセージを寄せています。

ロッテ自由契約のマーティンが心境明かす 「寂しい瞬間。私の決断ではなかった」(フルカウント)
 ロッテの2023年度契約保留選手名簿から外れて自由契約選手となったレオネス・マーティン外野手が、自身のツイッターを更新。「私はファンを愛している。とても寂しい瞬間だ。私の決断ではなかったことを伝えたい」などと心境を明かした。

 2019年に入団し、2020年からは2年連続で100試合以上に出場して20本塁打をメーク。しかし来日4年目の今季は68試合で打率.163、9本塁打25打点と低迷した。

 マーティンはほかにも「ロッテの一員になる機会を与えてくださったことに感謝します。チームメートに感謝したい」「ファンの皆さんに感謝したい。皆さんと一緒に過ごした時間は素敵でした」などと綴り、最後は「イエス、マーティン」の決め台詞で締めくくった。


マーティンのツイートはこちらです。









英語とスペイン語が混ざっていますが、Google先生に翻訳してもらいました。

千葉ロッテマリーンズの歴史と家族の一員となる機会を与えてくださったことに感謝します。
チームメイトに感謝したい。 チームの皆さんと共に過ごし、私に多くのことを教えてくれたことは素晴らしい経験でした。
私はチームの皆さんあなたを愛しており、チームの皆さんがいなくて寂しいです。YESマーティン

今、私を本当に支えてくれた尊敬に値するコーチたちに感謝したいです。
大塚さん、伊志嶺さん、福浦さん、河野さん、吉井さん、川越さん、的場さん、永野さん(永野吉成統括コーディネーター)、ロミさん(河合呂美・前オーナー代行長女)、タイキさん(田原大樹通訳)、ヒデさん(阿久津英之通訳)、味園さん(ブルペンキャッチャー)、タカさん(矢嶋隆文通訳)、トレーナーの皆さん、ブルペンピッチャーのみなさん、その他の皆さん。

良い時も悪い時も、たくさんの愛とサポートをくれたファンの皆さんに感謝したいです。
皆さんと一緒に過ごした時間は、私と私の家族にとって忘れられないものになるでしょう。
うまくいけば、神は私たちが再び一緒になることを許してくださいます。YESマーティン

ファンのみんなが大好きです。
これは非常に悲しい瞬間です。
チームを離れることは私の決定ではなかったと、ただファンの皆さんに伝えたいです。


マーティンは長打力があるだけでなく強肩でチームのピンチを何度も救ってくれました。
人柄も良く、ファンに愛された選手だと思います。
確かに今年の成績だけ見れば解雇もやむを得ないですが、今年の低迷は昨年足を怪我しているのに無理して出場し続けた影響があるはずです。
体調を万全に整えればまだやれると思うのですが、年俸が高額なので難しいのでしょうか。
来年夏ごろに楽天あたりが獲得して大活躍してそうな気もします。

ともあれ、マーティンには感謝しかありません。
お疲れさまでした。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

2019年ギリシャ旅行記 第51回 エピダウロス遺跡の円形劇場を見学


0342

ギリシャ旅行記の第51回です。
10日目はペロポネソス半島の登山鉄道乗車とと遺跡見学。
死者をも蘇らせるというギリシャ神話の名医アスクレピオスの聖地であるエピダウロス遺跡に向かいました。
まずは巨大な劇場と考古学博物館などを見学します。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

続きを読む

ロッテHD代表取締役の玉塚元一氏が千葉ロッテマリーンズオーナー代行に就任

娘をベンチ入りさせるなどの公私混同ぶりが批判されたことにより退任した河合氏に代わり、ロッテHD代表取締役社長の玉塚元一氏が千葉ロッテマリーンズのオーナー代行を兼務することになりました。
オーナーは韓国ロッテ会長の重光昭夫、本名辛東彬氏ですが、重光氏は韓国を拠点としており通常日本にはいないため、オーナー代行という不思議な役職が必要になるのです。

【ロッテ】玉塚元一氏、取締役オーナー代行に就任 今後はロッテHD代表取締役社長などと兼務(ニッカン)
ロッテは11月30日付で、玉塚元一氏(60)が取締役オーナー代行に就任すると発表した。

玉塚オーナー代行は慶大卒業後、旭硝子株式会社(現AGC)、日本IBMを経て、98年に株式会社ファーストリテイリングに入社。02年11月に同社の代表取締役社長兼COOに就任した。その後も株式会社ローソンの代表取締役会長CEOなどを歴任し、21年6月に株式会社ロッテホールディングスの代表取締役社長に就任した。

今後はロッテホールディングスの代表取締役社長と、一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン理事長、公益財団法人経済同友会副代表幹事を兼務する。


玉塚氏と言えば企業再生会社のリヴァンプの創業者。すでに球団社長に就任している高坂氏もリヴァンプからの移籍組です。
オーナー代行と社長がそろってリヴァンプ出身というのはどのような意味を持つのでしょう。
縮小均衡による収益の改善を図るのではなく、愛されるチーム作りと両立した経営健全化を目指してほしいです。

ちなみに、玉塚氏とはこのような人物です。

ロッテ新社長・玉塚元一氏とはどのような人物なのか ファーストリテイリング、ローソン…名だたる企業のトップを歴任(DCSオンライン)
菓子大手ロッテ(東京都/牛膓栄一社長)などを傘下に持つロッテホールディングス(東京都/重光昭夫会長兼社長)は、6月下旬の株主総会を経て、玉塚元一氏が同社の代表取締役社長に就任すると発表した。重光昭夫氏は会長職に専念することになる。ファーストリテイリング(山口県/柳井正会長兼社長)、ローソン(東京都/竹増貞信社長)という日本を代表する企業のトップを歴任してきた玉塚元一氏は、いったいどんな人物なのだろうか?

玉塚元一氏は1962年5月23日生まれの59歳。慶應義塾普通部(中学)からラグビーを始め、慶應義塾大学3年生時にフォワード(フランカー)のレギュラーを獲得。4年生時には、関東大学対抗戦を全勝優勝し、大学選手権では準優勝を果たした。「目標を決めて、努力すれば必ず結果が得られるという自信がついた」(玉塚氏)。また、「One for all. All for one.」というチームプレーの原点も学んだという。

 1985年、海外で活躍したいという思いを胸に旭硝子(現AGC:東京都/平井良典社長)に入社する。千葉県市原市の工場に配属され、生産・物流管理を学ぶ。工場の現場で「モノ作りの原点」を2年間勉強。その後の現場主義の原点になる。その後27歳の時にシンガポールに駐在し、化学品の事業に携わる。駐在の4年間にビジネスマンとしての力不足を痛感し、帰国3年後に米国ケース・ウェスタン・リザーブ大学大学院に留学しMBA(経営学修士)を、またサンダーバード大学大学院で国際経営学修士号を取得。帰国後に旭硝子を退社する。

 1998年、情報システム関係について学ぶために日本IBM(東京都/山口明夫社長)に入社。3社目に営業したクライアントがファーストリテイリングで、柳井正社長に魅かれ転職を決める。

 ファーストリテイリングには、1998年から2005年まで7年間在籍。入社当時の売上高は800億円、利益は60億円の中堅企業。その後、フリースブームが到来し、1000億円の売上高が2年間で4000億円に成長。ブームが去った後の2002年に39歳で社長に就任。売上減が止まらなかったファーストリテイリングを再生軌道に立て直した。「さまざまな経験を柳井さんと一緒にして、本当に鍛えられた。柳井さんからは商売の原理原則、経営者のあるべき姿など、強烈に指導してもらった。売上が急降下して莫大な在庫が積み上げる中、もう一度お客様のニーズに立ち戻り多くの取り組みを実施した。当時のあのステージのユニクロの中では、ひとつのミッションをやり遂げたなと思っている。柳井さんには大変感謝している」(玉塚氏)。

 2005年、一念発起して再生会社リヴァンプ(東京都/湯浅智之社長)を立ち上げる。ロッテリアの再生やクリスピー・クリーム・ドーナツの日本展開を手掛けた。「リヴァンプではヒト、モノ、カネがない中で知恵を絞り、『人間力』で新規事業を生み出すノウハウを学んだ」(玉塚氏)。

そして2010年、ローソンに入社。社長就任までの3年半の主な実績を列挙すると…。

ゲンコツメンチや黄金チキンなどファストフードの大型ヒット商品を開発
コンビニコーヒーの火付け役「MACHI cafe」事業拡大と店舗の接客レベル改善
店内調理の厨房事業を軌道に乗せ2000店舗規模に拡大
原材料管理、製造ベンダーや物流の可視化を推進、サプライチェーンマネジメント全体の需給バランス適正化の仕組みを構築
Pontaカード分析機能強化、商品開発や自店Ponta会員レポートに活用
多店舗経営者であるMO制度を推進し、約90人の経営者を育成
エリア会やオーナーズミーティングに積極的に参加し、支店や加盟店の士気を向上
 社長就任前の玉塚氏のローソン社内評は、「加盟店とのスキンシップを重んじ、信頼が厚い」「組織や人財を引っ張る新しいリーダー。チームワーク、組織力を重視している」「明るく元気でローソン内に希望を与えられる人」「バイタリティにあふれている。年末年始も店舗巡回の合間に早朝5時から1時間のランニングを毎日していた」「家族を大切にしている」「過去の自慢話は一切しない」と非常に多岐にわたっていた。

 社長就任会見では、「私が幸運だと思うのは、柳井正さん、新浪剛史(現サントリーホールディングス社長)さんという日本を代表する経営者に直接、薫陶を受けられたこと。やりたくてもやれない。そのなかでさまざまな経験をさせてもらった。この学びのエキスとエッセンスのすべてを今後のローソンの飛躍にぶつけていきたい」と抱負を語っていた。

 しかしながら、2016年にローソン代表取締役会長に就いたものの2017年には退任。玉塚氏の“プロ経営者”としての力量に疑問符をつけてしまった。同じ2017年、IT企業のハーツユナイテッドグループ(現デジタルハーツホールディングス)の社長に就任し、現在に至っている。

 玉塚氏の経歴を振り返れば、非常に魅力的な人間であろうことがうかがえる。そして、新天地のロッテホールディングス――。見事、捲土重来を果たすことになるのだろうか?その経営手腕には、経済界からの視線が集まる。


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

オスナが来年もマリーンズと契約合意間近か。ESPNのエンリケ・ロハス記者が報じる

今シーズン中盤からマリーンズの守護神として君臨したロベルト・オスナ投手。
ソフトバンクが3年30兆円の大型契約で狙っているとか、メジャー復帰だとか、様々なうわさが流れました。

しかし、マリーンズを愛するオスナはどうやら来年もマリーンズでプレーしてくれそうです。

ロッテ 守護神オスナと再契約へ 6月加入し4勝10S&防御率0・91 海外報道(デイリー)
ロッテがロベルト・オスナ投手(27)と1年の再契約で合意間近にある、と27日(日本時間28日)、米スポーツ専門局ESPNのエンリケ・ロハス記者が自身のツイッターで伝えた。

 メキシコ出身のオスナはアストロズ時代の19年に38セーブをマークし、タイトルを獲得。今季はメキシコリーグで12登板、2勝0敗6セーブ、防御率2・03の好成績を評価されてロッテと合意した。日本では29試合で登板し、4勝1敗10セーブ、防御率0・91。ロハス記者は同投手が29回2/3を投げて3失点、32奪三振だったことなども伝えた。


記事の根拠となっているのはこのツイートです。



当のオスナはまだ去就を明らかにしておりませんが、自身のツイッターのアイコンはマリーンズの帽子をかぶっていますから、マリーンズへの愛着はあるのでしょう。
そして、ひたすら好物であるラーメンのツイートばかりしています。










ひょっとして、好きなラーメンを食べたいから来年も日本でプレーするのでは・・・。
マリーンズ残留は大歓迎ですが、ラーメンの食べ過ぎで太らないことを祈ります。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

佐々木朗希がコミッショナー特別表彰とパ・リーグ特別賞を受賞し、山川穂高からカンチョーを食らう。

プロ野球の年間表彰が行われ、13者連続奪三振と完全試合を達成した佐々木朗希がコミッショナー特別表彰とパ・リーグ特別賞を受賞しました。

ロッテ朗希にコミッショナー特別表彰とパ特別賞 「来年はタイトル獲ってステージ立ちたい」(ニッカン)
プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」が25日、東京都内で行われ、4月10日のオリックス戦で完全試合、NPB記録となる13者連続奪三振を達成したロッテ・佐々木朗希投手は、コミッショナー特別表彰とパ・リーグ特別賞を受賞した。
 2つの賞を手にしたことで、佐々木朗は新たな意識も芽生えた。「来年はタイトルを獲って、このステージに立ちたいとあらためて思いました」。これまでにはなかった強い決意だった。

 今季20試合に登板し、9勝4敗、防御率2・02。3年目として、立派な数字ともいえるが、歴史的快挙を達成した一方で、規定投球回数に到達しなかったことも事実だ。「規定投球回に到達できなかったので、もったいない賞もあった」。例えば、奪三振はリーグ2位の173だっただけに、イニング数を増やせれば、狙えるタイトルともいえる。

 「(タイトルを総なめにしたオリックス)山本由伸さんとの差はある。その差を埋めていきたい」

 超一流選手たちが集う表彰式に参加し、大きな刺激を受けたようだった。


その佐々木朗希に山川がカンチョーを決め、シーズン中抑え込まれたうっぷんを晴らしました。



山川はZOZOマリンの球場正面にある佐々木朗希の写真にもカンチョーをかましていました。



来年も山川といい勝負をしたいものです。


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング


1軍打撃コーチに村田修一氏、1軍戦略コーチに金子誠氏が就任

これはびっくりです。
1軍打撃コーチに横浜と巨人で活躍した村田修一氏が就任。
1軍戦略コーチには日ハム一筋の金子誠氏が就任します。

【ロッテ】村田修一氏を来季1軍打撃コーチに招へい 巻き返しへ課題の得点力向上託す(ニッカン)
ロッテが来季の1軍打撃コーチとして、今季まで巨人で1軍打撃コーチを務めた村田修一氏(41)を招へいすることが23日、分かった。近く発表される予定。

2年連続2位で迎えた今季は、チーム打率が球団史上ワーストの2割3分1厘。シーズン5位低迷の原因となった。吉井理人監督(57)が就任し、来季の巻き返しへ得点力向上は必須。山口ら和製大砲候補の完全開花も含め「男・村田」に重要任務が託される。

   ◇   ◇   ◇

ロッテにまた新たな風が吹く。打力不足に悩んだ前政権が終わり、誰が打撃部門を立て直すか−。最重要ポイントの1つだった。これまでロッテとは縁がなかったセ界の大砲、村田氏に白羽の矢が立てられた。

球団史上ワースト打率はマーティン、レアードの不振が主因ではあった。4月に3試合連続で完封負け。補うべき若手も育ちきらず、助っ人の復調を待つしかない苦しい1年だった。今季、22歳の山口が16本塁打。ロッテの選手が高卒4年目以内に2桁本塁打を放ったのは、31年ぶりだった。和製大砲がなかなか育たないのは、球団にとって根深い問題でもあった。

OBではない村田氏が新たな血を注ぐ。福浦新ヘッドとともに、未経験のパ・リーグで喫緊の課題解決にあたる。同時に横浜、巨人でプロ通算360本塁打の理論と経験は、スラッガーの卵たちにこの上ない“教材”だ。山口や今季飛躍した高部以外にも、安田や藤原らが完全開花を待つ。打力次第で正捕手獲得に一気に近づく松川にとっても、大きな存在になりうる。今季2軍戦で長打を量産し、福浦ヘッドに「2人はずばぬけていた」と言わせた高卒2年目の“ダイナマイト”こと山本や、西川も村田氏と同じ右打者だ。

球団には3年後の25年に常勝軍団を作るビジョンがある。助っ人外国人の成績に大きく左右されない、基盤の強いチーム作りへ。村田氏へのミッションは、勝利と育成を両立させる重要なものになる。「男・村田」が力強く請け負う。

◆村田修一(むらた・しゅういち)1980年(昭55)12月28日、福岡県生まれ。東福岡では投手で98年甲子園に春夏連続出場。日大で野手転向し、東都リーグ歴代2位の通算20本塁打。02年ドラフト自由枠で横浜入団。07、08年本塁打王。11年オフにFAで巨人へ移籍し12年からリーグ3連覇に貢献。17年オフに巨人を自由契約。18年はBC栃木でプレーし、同年限りで現役引退。ベストナイン4度、ゴールデングラブ賞3度。08年北京五輪、09年WBC日本代表。引退後は19〜22年巨人コーチ。177センチ、92キロ。右投げ右打ち。



【ロッテ】金子誠氏をコーチに招聘…我孫子出身、吉井監督とともに日本ハムでコーチ経験 野手陣立て直す(報知)
ロッテが、金子誠氏(47)を来季のコーチとして招へいすることが23日、分かった。

 金子氏は現役時代、日本ハム一筋21年で1996試合に出場し、通算1627安打。二塁、遊撃で計3度のゴールデン・グラブ賞に輝いた守備の名手でもあった。14年に引退し、15年からは日本ハムでコーチに就任し今季は野手総合兼打撃コーチを務めたが今季限りで退任。17年からは侍ジャパンのコーチも務めて、19年プレミア12、21年東京五輪ではヘッド兼打撃コーチとしてともに優勝に導いた。

 吉井理人新監督(57)が就任したロッテは、05年以来のリーグ制覇へ、野手陣の立て直しが急務。藤原、安田、山口ら有望な若手が多いが、殻を破れずにいる現状もある。チーム打率2割3分1厘、97本塁打はともにリーグ5位。千葉・我孫子市生まれという地元出身の金子氏が、日本ハムでともにコーチを務めた新指揮官を支えていくことが期待される。



【ロッテ】コーチ就任の村田修一氏「学んだことを還元」金子誠氏「全力を尽くしたい」(ニッカン)
ロッテは24日、来季の1軍打撃コーチに村田修一氏(41)、1軍戦略コーチに金子誠氏(47)が就任すると発表した。

村田氏は今季まで巨人で1軍打撃コーチを、金子氏は日本ハムで野手総合兼打撃コーチを務めた。

コメントは以下の通り。



村田氏 初めてパ・リーグでの野球を経験することになりますが、新しいものをしっかりと感じ取りながら、今まで経験してきたこと、学んだことを選手たちに還元し、次の世代につなぐことができればと思っています。そのためにも選手たちが野球に真摯(しんし)に向き合える環境づくりをしてあげたいと思っています。マリーンズはやっぱり応援のイメージです。ファンと選手が一体となって戦っているチーム。今まで相手チームとして対戦していて脅威を感じていました。これからは私もマリーンズの一員として、ファンの皆さまと一緒に選手たちとともに戦っていきたいと思います。



金子氏 吉井監督をはじめ、千葉ロッテマリーンズのために全力を尽くしたいと思っています。戦略コーチとして相手チームだけではなく、自分のチームにもアンテナを張り巡らせながらチームの勝利のために頑張ります。


2人ともまるっきり外部の人材です。
村田修一氏はロッテはもちろんパ・リーグの球団と関わること自体が初めて。
いったいどんな伝手があったというのでしょう。
ただ、長距離砲の育成が必要なマリーンズですから、村田氏のコーチ就任は明らかにプラス。
山口、安田はもちろん池田や山本大も育ててほしいです。

金子誠氏はファイターズ一筋。
1993年ドラフト3位ですから東京ドーム時代の日ハムも知っていますし、札幌移転後に強くなっていくファイターズも知っています。
そしてコーチとしての腕は確か。吉井監督も日ハムのコーチとして共に戦いましたから、力量は把握できているはずです。
戦略はもちろん、守備のうまい内野手を育ててほしいですね。
千葉県我孫子市出身というのもプラスです。まるっきり音沙汰がない近藤のFA移籍交渉にも影響するのでしょうか。

ところで、我孫子は「あびこ」と読み、千葉県を代表する難読地名です。
中国語だと「私の孫」という意味になるので、よく中国人が駅名票を記念撮影するそうですよ。

次に決まるコーチはいったい誰だ?
近藤の行方は?
そして新外国人はどうなる?
マリーンズの2023年に向け、解決すべき課題は多いです。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

田村が背番号を22から27に変更

田村をはじめとして4選手の背番号が変更されます。

【ロッテ】田村龍弘「22」→「27」に背番号変更 鈴木昭汰は「35」→「47」(ニッカン)
ロッテは23日、背番号の変更を以下の通り発表した。

◆田村龍弘捕手(28)

「22」→「27」

◆坂本光士郎投手(28)

「27」→「36」

◆土居豪人投手(22)

「69」→「65」

◆鈴木昭汰投手(24)

「35」→「47」

また育成で再契約を結んだ土肥星也投手(27)の背番号は「121」、古谷拓郎投手(22)は「124」に決まった。


田村は初心に帰るための変更でしょうか。
27番は田村を育てた伊東元監督が現役時代につけていた番号です。
まさかの里崎コーチ入閣・・・。あるのか?

【ロッテ】引退の田中靖洋がストレングストレーナー就任「選手の気持ち理解し選手ファーストに」(ニッカン)
ロッテは21日、今季限りで現役引退した田中靖洋投手(35)がストレングストレーナーに就任すると発表した。

田中氏は球団を通じ「今年まで現役をさせていただいていましたが、選手の気持ちを理解しながら選手ファーストに考えて、しっかりと選手をサポートしていきたいと思います」とコメントを寄せた。

田中は引退後もチームに残るようですね。
戦力外からのテスト入団した苦労人ですし、いいコーチになってくれそうです。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

3塁側2階席上段に新BOXシートが登場

ZOZOマリンスタジアムの3塁側2階席上段に新しいBOXシートが誕生します。

ZOZOマリンスタジアムに「ogawaキャンプBOX」新設(球団公式)
2023シーズンからZOZOマリンスタジアムに、アウトドアをコンセプトにしたテーブル付きのボックス席「ogawaキャンプBOX」(定員5〜3名)を、フロア4(2階席)3塁側に新たに設置します。

新しいボックス席は、アウトドアブランド「ogawa」を運営するキャンパルジャパン株式会社とエリアネーミングライツ契約を締結し、「ogawaキャンプBOX」となりました。エリア内のシートやテーブルは「ogawa」のアウトドアグッズを設置します。また、「ogawaキャンプBOX」の5名席は2023年シーズンシートとして販売しています。

ZOZOマリンスタジアム フロア4(2階席)3塁側に5名席を24ボックス、4名席を2ボックス、3名席を1ボックス設置。5名席の24ボックスは1,265,000円(税込)で2023年シーズンシートとして法人を対象に販売しています。2023年シーズンシートは球団公式サイト内シーズンシート特設サイトで新規申込受付中。4名席及び3名席は一般チケットとして販売予定です。


55533


場所は3塁側2階席の上段。シーガル・ボックスの隣で、ちょうど3塁側ベンチの後方になります。
ピクニックボックスのような机と椅子のある席のようですね。
4人席2ボックスと3人席1ボックスは一般販売されますが、5人席24ボックスはすべて法人向けシーズンシートとして販売されます。
接待向けというよりは、福利厚生の一環として、社員やその家族がわいわい観戦するための席、ということになりそうですね。

シーズンシートのページにも案内が出ています。

ogawaキャンプBOX
球場全体を俯瞰できるフロア4(2階席)3塁側屋根付エリアにアウトドアをコンセプトにしたテーブル付きのボックス席「ogawaキャンプBOX」(定員5名)を新設します。
外装は“アウトドア”をコンセプトにしています。フードを広げて食べられる大型テーブルに個別シート2つと3名掛けベンチシートを配置
しました。リラックスした気分でご観戦しながら、美しい花火やグラウンドの熱気を感じられるボックス席です。
※ 広告幕の掲出はありません
※ 上段一部の座席にて花火が見えない席があります。

5名席価格 (3塁側:24ボックス)
テーブル席法人限定
¥1,265,000(税込)
※ボックス数は変更となる場合がございます。


グラウンド全体が見下ろせるいい席だとは思いますが、上段は屋根が邪魔して花火が見えません。
おまけにデーゲームでは西日をまともに浴びるので暑いです。
24席全部を法人向けシーズンシートで売り切るのはなかなか難しいような気がします。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

2019年ギリシャ旅行記 第50回 ミケーネ遺跡の考古学博物館を見学

0209

ギリシャ旅行記の第50回です。
10日目はペロポネソス半島の登山鉄道乗車とと遺跡見学。
紀元前1600年頃から紀元前1100年頃に栄えたミケーネ遺跡からの出土品を展示する考古学博物館を見学しました。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング続きを読む

ファン感謝デーが久々の有観客で実施される

あいにくの雨模様でしたが、じつに3年ぶりとなるファン感謝デーが行われました。
引退を表明した松永、田中のセレモニーや、佐々木朗の表彰なども行われたほか、紅白戦では山口が投手として登板し144キロを出すなどのサプライズもあったとのことです。


【ロッテ】3年ぶり有観客でのファン感謝デー 開会前にOB村田兆治さん黙とうも(ニッカン)
ロッテ3年ぶりに有観客でのファン感謝デーが行われた。

球団は20年2月15日にファンサービス自粛方針を表明し、1009日ぶりの交流に。左腕坂本とキャッチボールした19歳男性は「お互いが前向きな気持ちで交流できる機会が復活したことをとてもうれしく感じました」と話した。開会前には、11日に急逝したOB村田兆治さんへの黙とうが行われた。



【ロッテ】正午から3年ぶりに有観客でファン感謝デー開催 ファンとの直接交流は1009日ぶり(ニッカン)
ロッテのファン感謝デーが20日、12球団の先頭を切ってZOZOマリンで開催される。3年ぶりに有観客での開催。選手とファンのキャッチボールやサイン会なども企画されている。

ロッテは新型コロナウイルスの感染が広がり始めた20年2月15日付で、球団としてのファンサービスの当面自粛を発表し、この日まで解除していない。直接のファンサービスは1009日ぶりとなる。

コロナ禍もあり、ここ2年間は無観客で行われ、ZOZOマリン室内練習場でのトーク企画などが生配信されていた。20年のイベント後、「鬼滅の刃」コスプレを終えた井上晴哉内野手(当時31)は「生で見てほしいのは確かなんですけど、できることは参加させてもらって、1年間お互いお疲れさまでしたみたいな感謝の気持ちを込めて参加させてもらいました」と振り返っていた。

ファンサービスについては「新幹線とかホームで声かけられて、サインお願いしますって言われるんですけど、どうしても球団の方で決まってるし。1人がルールを破って感染の元になるとそれが一番良くないので、いつものクセで応じようとして、あぁ…と踏みとどまったり。本当はサインを求められたら書いてあげるのがプロだと思うんですけど、今年はできなかったので」と話していた。抽選に当たったファンに限られるとはいえ、約2年9カ月ぶりに直接交流が行われる。【金子真仁】



【ロッテ】松永昂大、カンペ見ながら引退あいさつ「プロ野球を意識したのは大人になってから」(ニッカン)
ロッテのファン感謝デーが20日、ZOZOマリンで行われ、今季限りで現役引退した松永昂大投手(34)の引退セレモニーが行われた。

右翼からリリーフカーで登場。グラブは付けず、両ひざに手を置いて、笑顔でファンに手を振った。

同じく引退する田中靖洋投手(35)の後にあいさつ。いきなり「ちょっと飛んだので、カンペ見ます」とファンをくすくすさせながら「このようなセレモニーを企画していただいた千葉ロッテマリーンズ球団の皆様、いつも最高のコールをしていただいた千葉ロッテマリーンズのファンの皆様、このセレモニーを協賛していただいた株式会社カクタ様、本当にありがとうございます」と話し始めた。

「僕の野球人生は0対29、3回コールド負けからのスタートでした。実際、そういうところで育ってきたので、プロ野球を意識したのは大人になってからです。そんな自分が中学、高校、大学、社会人とステップアップできてきたのは、両親からいただいたこの体と、ありあまる身体能力のおかげです。ありがとうございました。そして小さいころから指導者、先輩方、同級生、後輩たちに本当に恵まれたおかげで、プロ野球までの道筋をいただいたと思っております」

過去を回想しつつ、続けた。

「千葉ロッテマリーンズに入団して10年。1年目から運良く、チャンスをいただいて、1軍で投げることができました。まっすぐとスライダーだけの2球種でここまで投げてきたので、捕手は配球にとても苦労したなと思います。最後に。指導者、隣にいる田中さんをはじめ先輩方、同級生、後輩に尻ぬぐいをしてもらいながら、最高の声援の中で野球ができたことは本当に幸せなことだなと今、感じております。10年間本当に、ありがとうございました」

ひょうひょうと投げ続けた鉄腕サウスポーが、グラブを置いた。来季からは指導者になる。



【ロッテ】田中靖洋引退セレモニー「ヤスヒロコール生涯忘れることはありません」感謝のスピーチ(ニッカン)
ロッテのファン感謝デーが20日、ZOZOマリンで行われ、今季限りで現役引退した田中靖洋投手(35)の引退セレモニーが行われた。

右翼からリリーフカーで登場。グラブは付けず、両ひざに手を置いて、トレードマークのひげ姿でファンの前に現れた。

同じく引退する松永昂大投手(34)に先んじて、ファンに挨拶。寒さに手をこすり合わせながら舞っていたが、マイクの前で「本日はこのようなセレモニーを用意していただき、千葉ロッテマリーンズ、関係者の皆様、本当にありがとうございます」と堂々と話し始めた。

まずはファンへ。

「ファンの皆様、どんな時も温かい声援、ありがとうございました。ヤスヒロコールは生涯忘れることはありません。西武ライオンズ10年、千葉ロッテマリーンズ7年。たくさんの出会いに恵まれました。監督、コーチ、裏方スタッフの皆様、数々の先輩方、そしてともに戦ったチームの仲間たち。皆さんのおかげで、幸せな選手生活を送ることができました。本当にありがとうございます」

家族へ。

「両親へ。丈夫な体に産んでくれて、ありがとうございます。2人の兄貴へ。2人の背中を追い掛け、野球を始めて本当に良かったです。ありがとうございます。家族へ。いつも笑顔で励まし、支えてくれて、ありがとうございます」

そして締めた。

「最後になりますが、17年間、何も悔いはありません。今日で引退します。本当にありがとうございました」

直球をほとんど投げない個性派リリーバーが、堂々とまっすぐ、グラウンドを去った。



【ロッテ】佐々木朗希が千葉県知事賞を受賞「来シーズンは優勝して千葉県を盛り上げられるよう」(ニッカン)
ロッテ佐々木朗希投手(21)が20日、ZOZOマリンで行われたファン感謝デーで、千葉県知事賞を受賞した。

4月10日のオリックス戦で完全試合を達成したことの活躍などがたたえられてのもの。この日は熊谷俊人知事が表彰に訪れた。

受賞した佐々木朗は「今回、こういった賞を受賞することができて、大変うれしく思います。今シーズン、チームとしては悔しい結果になったので、来シーズンは優勝してさらに千葉県を盛り上げられるよう、頑張りたいと思います。応援ありがとうございました」とスピーチした。


【ロッテ】先発山口航輝の最速144キロにどよめき ファン感紅白戦で唐川や佐々木千らを空振り(ニッカン)
ロッテ山口航輝外野手(22)の直球に球場がどよめいた。20日、ファン感謝デーの紅白戦に先発。最速144キロを投げ込んだ。

秋田・明桜高(現・ノースアジア大明桜)時代には、オリックス1位の白鴎大・曽谷をさしおいて2年夏までエースナンバーだったが、県大会決勝のマウンドで右肩を脱臼。「あそこは本当に人生が変わるというか、人にも迷惑かけることになりましたし、自分の野球人生のターニングポイントというか、あの1球ちょっと、戻れるなら戻りたいです」と以前、思いを明かしたことがある。

3年夏は後に社会現象を引き起こした金足農・吉田(現日本ハム)とのライバル関係に。「2年夏までは全然普通の投手やなと思ってました。3年で印象変わりましたけどね」と明かすなど、投手へのこだわりも深かった青春時代。この秋季練習でもひそかに平地で投球練習を行っていた。その時は「130キロくらいっす」と笑っていたが、この日は常時140キロ台。鋭い変化球でも唐川や佐々木千らを空振りさせると、ネット裏の辛口解説員・角中から「先輩相手なら普通…」と茶々を入れられていた。【金子真仁】


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

中村奨吾が4年契約。小野はフォーク習得中

FA権を行使せずにマリーンズへの残留を表明した中村奨吾が4年契約を結びました。
4年後は34歳。事実上マリーンズに骨をうずめるという覚悟を見せた形になります。

【ロッテ】中村奨吾が語った残留決断の理由 記者に問いかけた「どんな野球に見えますか?」(ニッカン)
ロッテ中村奨吾内野手(30)が19日、球団と4年間の長期契約を結んだ。

今季中に国内FA(フリーエージェント)権を取得していた。不動の二塁手、安心の中軸、欠かせない戦力。得た権利を行使し、チームを離れるという選択肢はあったのだろうか。会見で、茶色のネクタイに手をやりながら「うーん、離れるというか、そうですね…」と言葉を慎重に選びながら話し始めた。

「マリーンズじゃないチームの野球、というか…を、見てみたい気持ちがないことはなかったですけど」

ロッテ残留以外の選択肢が脳裏にあったことを決して否定はせず、続けた。

「そうですね…、縁があってこの千葉ロッテマリーンズに入団させていただいて、今年で8シーズンが終わったんですけど。優勝、まだ一度も経験できていないですし、まだ球団に恩返しができていないのかなという思いも強かったですし。本部長と話し合いをさせていただく中で、このチームで優勝したいというものがより強くなったので、FA宣言するという選択には至らなかったかなと思います」

残留を発表した時も、松本尚樹球団本部長(52)からの熱い言葉があったと明かしていた。松本本部長は14年秋、中村奨がドラフト1位指名された時は編成統括職を務めていた。

「入団にも関わっていただきましたし。そういう本部長からの『もっと中心として頑張ってほしい』『中心として引っ張っていってほしい』という思いだったり『このチームで奨吾と一緒に奨吾と優勝したい』という思いを、強く熱くおっしゃっていただいたので。その思いが一番動いた、響いたかなと思います」

そうして決意し、長期契約を結んだ。マリーンズじゃないチームの野球、よりもマリーンズを選んだ。リーダーから見て、マリーンズはどんな野球のチームなのだろう。尋ねた。

「…ちょっと難しいですね。どんな野球に見えますか?」

こちらの目を凝視しての、キャプテンの不意打ち。逆に尋ねられた。

「個々の力を束にして、強くして、全員で戦っていくような…」

ラリーが続く。

「そうですね。選手自体の戦い方としてはそうだと思うんですけど」

そう言って続けた。

「いろいろな、何と言うんですかね、組織というかチームの作り方というか、そういうのも興味がないことはなかったかなとは」

数度に及ぶ松本本部長との話し合いは、自身の来季からの契約条件面よりも、それ以外の話に多くの時間を割いたという。「言えない話は多いんですけど」と苦笑いした。

キャプテン役での2年目を終えた。この交渉は、集めた仲間の声を球団に渡す席でもあった。

「プレー中にこういうのは困るとか、ベンチ裏にこういうものがあったらいいなとか。西日がやっぱりまぶしいとか。(右翼席上部に)小窓みたいなの、あるじゃないですか。そこに垂れ幕とかカーテンみたいなものを付けていただいたら、少しは(球が)見やすくなるんですけどどうですか、とか。小さいことで言えばそんなことです」

その上で結んだ契約は年俸額が非公表であっても、4年契約というだけで思いが雄弁だ。ロッテで勝つ。常勝軍団になる。自分もさらに上を目指す。

「全試合出て、なるべく他の選手をセカンドでは守らせないようにというのをやっていきたいなと」

来年も再来年もその先も、背番号8のリーダーがいる。【金子真仁】


野手のキーマンは残留が決まりました。
今のところ不動のレギュラーですが、内野陣の活性化のためにも、中村奨吾を脅かす若手選手に早く出てきてほしいです。

一方ピッチャーのキーマンは小野。
なんでも吉井監督に言われてフォークを習得中らしいです。

【ロッテ】小野郁1300万円増18ホールド安定感増す 新監督からの勧めでフォークボール練習中(ニッカン)
ロッテ小野郁投手(26)が17日、ZOZOマリンで契約更改交渉に臨み、1300万円増の来季年俸4000万円(金額は推定)でサインした。

プロ8年目の今季は44試合に登板し、18ホールドを挙げ、防御率は1・99。150キロ超の直球で押すリリーバーとして、安定感を増した。「気持ちの面で余裕が少しずつ出てきたのが大きいかなと思います。場の雰囲気だったり、投げる回数が増えていくたびに慣れてきたのかなと思います」と1年を振り返った。

一方、コロナ療養からの復帰後、本来の球に戻らず、後半戦はわずか6試合の登板に。上位チームに食らいつくチームの戦力になれず「そこは本当に悔しいですし、チームにも迷惑をかけてしまったのかなというのはあります」と悔やんだ。

吉井新監督からの勧めもあり、現在はフォークボールを練習中。「7回、8回を投げられるように」としつつ、明確に定める目標は「8回を」ときっぱり。「外国人とか東條さんにも負けないように、もっと上を目指してやっていきたいなと思います」と剛腕リリーバーは頼もしく話した。


益田は下降線、国吉はノーコン。オスナは去就未定。ゲレーロはいまいち頼りない。
150キロのストレートに落ちる球が加われば、来年の守護神の座に一番近いのは小野だと思います。
あとは岩下、種市をどう使うのか。
吉井監督と黒木新コーチの手腕に期待です。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

ギリシャ旅行記連載中!
カテゴリー別記事
月別記事
記事検索
パリーグ順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
ニュース記事
最新コメント
このブログについて
■ このブログについて

管理人:薫友(くんゆう)

マリーンズファンのブログです。
千葉ロッテマリーンズや旅の話などを書いています。
趣味は鉄道旅行。日本国内のJR全線と私鉄全線に乗りました。


■ コメントについて

・当ブログにコメントされる場合は、下記の諸規定を承諾されたものとします。

・以下に該当するコメントを禁止し、削除対象とします。

 1.各エントリと関係のないコメント。
 2.誹謗中傷、荒しと認められるコメント。
 3.日本語の文章として意味を成さないと判断される文字列。
 4.試合中の実況コメント。
 5.日本国内の法律等に抵触するコメント。
 6.個人情報保護の観点から相応しくないと判断されるコメント。
 7.閲覧者に不快感を与えると判断されるコメント
 8.企業、団体、個人による営利もしくは宣伝等を主たる目的としたコメント。
 9.このブログおよびマリーンズの「和」を乱すと認められるコメント。

・当該コメントを削除する際は当該コメントに言及している他のコメントも同時に削除します。当ブログを快適に閲覧していただくため、当該削除対象コメントには返信されないようお願いします。

・同一人物による複数ハンドルの使用はご遠慮ください。IPアドレス等から同一人物と判断しうる場合はすべて削除対象となります。

・コメント投稿者同士による私信のやり取りはご遠慮ください。やむを得ず行う場合は必要最小限に留めていただくようお願いします。

・当ブログにコメントされる際は、敬語を使用する等、閲覧者に不快感を与えないよう文章、用語等に一定の配慮をお願いします。配慮を欠くと判断されるコメントは削除対象とします。


■ トラックバックについて

・参照のないトラックバックはお断りしています。



■ トリップアドバイザー

「マリンブルーの風」はトリップアドバイザーおすすめブログに認定されました。

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
管理人へのメッセージはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ