マリンブルーの風

おかげさまで18周年!
2004年開設の千葉ロッテマリーンズ応援Blog! 
国内旅行記&海外旅行記やアメリカ、台湾、ヨーロッパ野球の観戦記も充実!

7/2イーグルス戦 投手陣炎上で大敗

イーグルス 11 - 4 マリーンズ  7/2(日) 14:00 ZOZOマリン
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:メルセデス  イーグルス:藤井

ZOZOマリンで行われたイーグルスとのデーゲーム。
カード勝ち越しを狙ったマリーンズですが、残念ながら土曜日の試合とは真逆の展開になりました。

1回裏。
岡四球、岡盗塁の後、藤岡センターフライで1死3塁。
ここで中村サードゴロも、3塁がランナーホームインし0−1。
マリーンズが先制しました。

2回表。
伊藤ショートゴロ、フランコレフト前ヒット、田中四球で1死1,2塁。
ここで太田にセンターへのタイムリーツーベースヒットを打たれて2−1。
逆転を許しました。

6回表。
浅村にソロホームランを打たれて3−1。絶不調のバッターに打たれてしまいました。
その後伊藤のヒットとフランコの四球で2死1,2塁としたところでメルセデスは交代。
2番手に岩下が出てきました。
岩下は暴投の後太田に四球を与えて2死満塁とし、村林に走者一掃のタイムリーつベースヒットを打たれて6−1。
岩下が流れを止めきれず、試合が決まりました。

8回表。
7回から登板の坂本が田中と太田に連続ホームランを打たれて8−1。
流れが止まりません。

9回表。
横山も打たれます。
1死3塁で山にタイムリーヒットを打たれて9−1。
さらに2死2,3塁で村林にタイムリーヒットを打たれて11−1。

9回裏に申し訳程度の反撃をするも、4−11で試合終了。
2桁失点で大敗となりました。

今日はいろいろと拙いプレーがありました。
負けるべくして負けた試合です。
あとはメルセデスの球速が落ちており、打たれだしたのが気になりますね。
夏場の屋外球場は苦手なのかも。巨人の本拠地はドームでしたし・・・。
メルセデスが復調できるのかがシーズンのカギを握るだけに、なんとかしてほしいです。

【指揮官一問一答】ロッテが今季ワースト18安打11失点惨敗 吉井理人監督「選手たちは頑張ってくれたんですけど、こちらの責任です」(サンスポ)
ロッテが今季ワーストの18安打、11失点で2カード連続の負け越しを喫した。先制直後の二回に太田に逆転2点適時二塁打、六回に浅村の12号ソロ、八回には田中和、太田に連続ソロを浴びた。九回に山口、佐藤都の適時打を含む4安打で3点を返したが、反撃が遅く及ばなかった。吉井理人監督(58)の主な一問一答は以下の通り。

――今季ワーストの18安打11失点で大敗

「やられてしまいました」

――メルセデスは立ち上がりは不安だったが、立て直した

「ジャイアンツの頃も立ち上がりが悪い投手と聞いていたので、ああいうことはあるかなと思っていた。前回からちょっとそういう感じが出ました。ただ、尻上がりによくなって、こっちが替え時を失敗したので、CC(メルセデス)は頑張ったと思います」

――投手交代は迷った

「いや、初回の太田の対応とデータ(を見た)。右と左どっちが合っているのかっていうのと、ゴロピッチャーなのにフライ、ライナーが上がり出したので、交代だと思ったんですけど…こちらのミスです」

――打線は九回に奮起して3点

「去年もこのピッチャーにやられていた。同じピッチャーにやられたっていうのは、こっちの対策の立て方が悪かった。本当に選手たちは頑張ってくれたんですけど、こちらの責任です」

――五回に田村がセーフティーバントに成功。相手の悪送球の間に二塁を狙ったが、アウトになった

「彼も一生懸命やってる。ただ、自分のところの球場なので、悪送球になったらどんなふうに返ってくるかは知っておいてほしかったですね」

――この1週間で益田、ぺルドモに負けがつくなど、今日も救援陣が崩れた

「まあ、長いシーズンこういうことはあるし、リリーバーはほんと大変な仕事なので。彼らはずっと頑張ってくれていますし、信頼って意味では何も変わらないです。ただ状態悪い選手は、2軍にもいい選手はいるので、入れ替えていかなきゃいけないっていうのはあると思います」


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

7/1イーグルス戦 ホームラン連発で大勝

イーグルス 2 - 10 マリーンズ  7/1(土) 14:00 ZOZOマリン
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:種市  イーグルス:辛島

イーグルススタメン
1番: 辰己 (中)、2番: 村林 (遊)、3番: 小郷 (右)、4番: 浅村 (指)、5番: 鈴木大 (一)、6番: フランコ (三)、7番: 島内 (左)、8番: 小深田 (二)、9番: 太田 (捕)

マリーンズスタメン
1番: 岡 (右)、2番: 藤岡 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: 山口 (左)、6番: 安田 (三)、7番: 井上 (一)、8番: 柿沼 (捕)、9番: 和田 (中)

ZOZOマリンで行われたイーグルスとのデーゲーム。
前日夜から昼にかけてかなりの雨が降ったものの、試合中は雨がやみ、晴れ間ものぞきました。
解説が初芝清様であることも影響したでしょうか。
現役時代は初芝結界と言われ、雨予報なのになぜかマリンスタジアム周辺だけ雨雲がかからないことが結構あったのです。

1回表。
辰己三振、村林四球、小郷センター前ヒットで1死1,2塁。
ここで浅村にセンターへのタイムリーヒットを打たれて0−1。
さらに1死1,3塁で鈴木に犠牲フライを打たれて0−2。
グダグダなピッチングでした。

1回裏。
岡がライトにツーベースヒットを放ちます。
セカンドフライフライと思いきや、風に流されライトの前に落ちました。
続く藤岡レフト前ヒット。無死1,3塁。
ここで中村が犠牲フライを放ち2−1。
さらにポランコセンターフライ、山口レフトへのツーベースヒットで2死2,3塁。
ここで安田がセンターにタイムリーヒットを放ち2−3。
マリーンズが逆転しました。先制点を取られた直後に逆転できたのは非常に大きかったです。

2回表。
島内四球も小深田セカンドゴロゲッツー。
これでイーグルスの流れが完全に止まりました。

4回裏。
安田ファーストゴロ、井上三振、柿沼レフト前ヒットで2死1塁。
今日は柿沼がスタメンキャッチャーで柿の種バッテリーなんですよ。
全く打てない柿沼をキャッチャーに起用するのはどうなのか。今日は打ちましたが・・・。
続く和田は四球。2死1,2塁。
ここでなんと岡がレフトスタンドにスリーランホームランを放ち2−6。
マリーンズが試合の主導権を握りました。

5回裏。
イーグルスのピッチャーはこの回から2番手の弓削です。
1死から山口がセンターにソロホームランを放ち2−7。
さらに安田ツーベースヒットの後、井上がレフトにタイムリーツーベースヒットを放ち2−8。
点差を広げました。

6回裏。
岡レフト前ヒット。藤岡送りバントもピッチャー弓削が捕球できず無死1,2塁。
続く中村はサード内野安打で満塁。
ポランコセカンドゴロ、ランナー還れず1死満塁。
ここでイーグルスはピッチャーを津留崎に代えます。
しかしマリーンズの勢いは止まらず、山口がタイムリーヒットを放ち2−9。
安田もレフトにタイムリーヒットを放ち2−10。
久々にマリーンズの2桁得点を見ました。

終わってみればマリーンズが大勝。
初回は両先発が1イニング30球以上投げるという不穏な展開となりましたが、中盤に突き放しました。
いつもこれだけ打ってくれれば心安らかに観戦できるのですが。

なお、今日の試合はチェコの駐日大使が感染したそうです。
WBCのチェコ戦で佐々木朗希が登板したことでつながった縁。
大事にしたいですね。
オフシーズンはマリーンズによるチェコ遠征が実現したらうれしいです。

【ロッテ】佐々木朗希に勝利の使者訪問!トムチョ駐日チェコ大使がZOZOマリンで面会&観戦(ニッカン)
ロッテの佐々木朗希投手(21)に勝利の使者が訪れた。

WBCで侍ジャパン佐々木朗が先発し、対戦したチェコのマルチン・トムチョ駐日特命全権大使が楽天戦を観戦。試合前には同大使を選手ロッカールーム近くでユニホーム姿で出迎え、サインなどをプレゼントしたほか、高坂俊介社長を含む3人で並び、記念撮影も行った。高坂社長は「WBCでの縁で『佐々木朗希投手の所属するチームの試合を見てみたい』とおっしゃっていただいたので、招待させていただきました」と説明。佐々木朗の登板日ではなくマウンドに立つ姿を披露することは出来なかったが、今季チーム最多14安打の快勝を届けた。

チェコ大使館の公式ツイッターでは面会の様子をツイートした。「記憶に新しいWBCでのチェコ対日本の試合では両チームによる敬意あふれる熱戦が繰り広げられ、両国の選手同士の交流も話題になりました。同試合の象徴的な選手の一人であった佐々木投手との面会が今回実現し、今後も野球を通して両国の関係を深めていく相互協力の可能性についてお話できました」。10−2の完勝に「天気の心配をよそに見事に勝利を収めたロッテのみなさん、おめでとうございます。佐々木選手の今後のご活躍と、日本球界のますますのご飛躍をお祈りしています。チェコにも、いつかきっといらしてくださいね!」とメッセージを送った。

佐々木朗は今年3月11日の1次ラウンド・チェコ戦(東京ドーム)で4回途中2安打1失点と好投したが、162キロの直球が「7番左翼」エスカラ外野手の左膝付近に直撃する死球を与えた場面もあった。その後、休養日だった同13日に「コアラのマーチ」「パイの実」「ガーナミルクチョコレート」などロッテのお菓子を自身で購入し、チェコの宿舎へ謝罪に出向いたことも話題となった。


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

6/30イーグルス戦 中盤追いつくも、島内に一発食らって負け

イーグルス 5 - 4 マリーンズ  6/30(金) 18:00 ZOZOマリン
ニッカン式スコア



先発 イーグルス:則本 マリーンズ:美馬

イーグルススタメン
1番: 辰己 (中)、2番: 村林 (遊)、3番: 小郷 (右)、4番: 浅村 (指)、5番: 鈴木大 (一)、6番: フランコ (三)、7番: 島内 (左)、8番: 小深田 (二)、9番: 太田 (捕)

マリーンズスタメン
1番: 池田 (三)、2番: 友杉 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: 山口 (左)、6番: 井上 (一)、7番: 角中 (右)、8番: 田村 (捕)、9番: 藤原 (中)

今日からZOZOマリンで楽天との3連戦。
勢いのないチームですからカード勝ち越しを決めたいところでしたが、勢いが無いのはマリーンズも同じだったのです。とほほ。

1回裏。
池田内野安打、友杉送りバントで1死2塁。
しかし中村サードゴロ、ランナー進めず。
ポランコ四球、2死1,2塁。
山口ショートゴロでチェンジ。
チャンスを逃しました。

2回表。
2死1塁で小深田にツーランホームランを打たれて2−0。
不調の8番打者に打たれるとは・・・。

3回裏。
藤原セカンドフライ、池田四球、友杉ライトフライで2死1塁。
中村はセンター前ヒット。辰己のファンブルもありランナーは3塁へ。2死1,3塁。
ここでポランコがライトにタイムリーヒットを放ち2−1。
1点差とします。
さらに山口四球で2死満塁。
ここで今日2軍から上がってきてスタメン6番の井上を迎えますが、結果はショートゴロ。
ここで打ってもらうためにスタメンに据えたというのに、これはいけません。

4回表。
鈴木ライト前ヒット、フランコライトフライ、島内ライトフライ、小深田内野安打で2死1,2塁。
ここで太田はセンター前ヒット。普通に捕れるはずなのですが、なんと藤原が目測を誤り、バウンドした打球を後逸してしまいました。
ランナー2者生還。1−4。
先日の杉本ランニングホームランでもやらかしていましたし、藤原の守備が雑すぎます。

6回裏。
山口四球、井上四球で無死1,2塁。
ここで角中がライトにタイムリーツーベースヒットを放ち4−2。
さらに無死2,3塁で代打安田がセンターに2点タイムリーヒットを放ち4−4。
同点に追いつきました。
イーグルスはここでピッチャーを安樂に交代。
無死1塁で、一気に逆転したいところでしたがそうはいかないのが今のマリーンズです。
藤原セカンドゴロで1死1塁。
ランナーが藤原に入れ替わり、その藤原が牽制タッチアウト。
痛すぎる。そして池田も三振でチェンジ。
藤原は集中力を欠いています。

8回表。
マリーンズのピッチャーはペルドモ。
2アウトは取りますが、不調の島内にソロホームランを打たれてしまいます。
5−4。勝ち越しを許しました。

9回裏。
イーグルスのピッチャーは松井。
藤原ショート内野安打も、池田は送りバント失敗で1死1塁。
そして友杉が三振し、藤原も盗塁死。
三振ゲッツーで試合が終わってしまいました。
5−4で敗戦です。

今日は藤原がとことんダメでしたね。
藤原に限らず、守備のミスが失点につながっています。
若手よしっかりしろ!
点を取れないのですから、しっかり守ってほしいです。
吉井監督も緩みがちなムードに危機感を覚えたのか、この試合の終了後に若手を集めて緊急ミーティングを行ったそうです。
締めるべきところは締め、初心を忘れずにいきましょう。

ロッテ・吉井監督流「喝」効果だ10点大勝 前夜ミーティングで「優し〜く」気持ちの緩み指摘(スポニチ)
横浜ではDeNAのバウアーが怒りを爆発させたが、ZOZOマリンにも怒った人物がいた。ロッテ・吉井監督だった。就任から初めての「喝」は、競り負けて3連敗を喫した前日の試合後だった。
 「環境に慣れてきて緩慢とまでは言わないけど、少し緩んできたところだった。優し〜く“喝”を入れました」

 普段は朗らかで関西人らしくユーモアたっぷりだが、前夜は25歳以下の若手野手を集めて急きょミーティングを開催。気持ちの緩みを指摘した。首位を3・5ゲーム差で追う中で「開幕した頃を思い出してハッスルプレーをしよう」と初心に戻るよう呼びかけた。具体的には守備に就く勢いが「ベテランよりも遅い」と感じたこと。外野フライでバットを持ったまま走ったり、試合直前にベンチ前に整列せず準備をしている選手がいたことなどだった。

 「隙が出てくるのでちゃんとやりましょうと。チャレンジャーなので大ベテランみたいなプレーをしてはいけない」。自主性を尊重されて伸び伸びとプレーしてきた若手に、指揮官の言葉は効いた。今季最多14安打で2桁10点で大勝。走塁も、守備に就く際も、全力疾走を徹底した。7号ソロを含む3安打の22歳の山口は「優しい喝でした。野球は心、メンタルが一番大事。自分に言い聞かせた。監督を怒らせないように頑張る」と凡退後も守備位置にダッシュした。

 連敗を3で止めた指揮官は「みんな張り切ってやってくれた」と称えた。現役時代のように「緩急」を駆使したタクトで、18年ぶりのリーグ優勝を目指す。(神田 佑)



マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

6/28バファローズ戦 小島炎上、守備も乱れて大敗

マリーンズ 0 - 10 バファローズ  6/28(水) 18:00 京セラD大阪
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:小島 バファローズ:山下

京セラドーム大阪で行われたバファローズとのナイトゲーム。
バファローズ先発の山下は速球も変化球も素晴らしく、手も足も出ませんでした。
インコースにズバズバ決まりますからね。すごすぎです。

対する小島は序盤踏ん張りましたが、不穏な雰囲気は徐々に拡大し、中盤に決壊しました。

5回裏。
頓宮センター前ヒット、杉本レフトへのツーベースで無死2,3塁。
ここでゴンザレスにレフトへのタイムリーヒットを打たれて0−2。
先制を許しました。

7回裏。
森ツーベースヒット、頓宮ショート内野安打で無死1,3塁。
ここで杉本はレフトフェンス直撃の打球を放ちますが、跳ね返った打球を捕るべきセンター藤原がフェンス手前まで詰めていたため捕れません。
打球が転がる間に杉本はホームイン。ランニングホームランとなってしまいました。0−5です。
レフトオーバーのフェンス直撃なのでレフトがフェンス手前にいるのはいいんですが、カバーすべき藤原の位置がフェンスに近すぎました。藤原の判断ミスでしょう。

小島はゴンザレスにヒットを打たれたところで降板。
2番手の小沼も球に力が無く、火にニトログリセリンを注ぐようなありさまでした。
宗にタイムリーツーベースヒットを打たれて0−6。
茶野にライトへのタイムリーヒットを打たれて0−7。
紅林に犠牲フライを打たれて0−8。
ずるずると失点を重ねました。

8回裏。
頓宮のソロホームランで0−9。
さらに1死3塁で大城のセカンドゴロでランナー生還。0−10となりました。

マリーンズは6安打無得点で完敗。
首位争いをしているとは思えない、情けない大敗となってしまいました。
守備のミスはダメですよ。気を引き締めていきましょう。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

6/27バファローズ戦 佐々木朗希と宮城が投げ合い、最後は益田が打たれて負け

マリーンズ 1 - 2 バファローズ  6/27(火) 18:00 京セラD大阪
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:佐々木朗希 バファローズ:宮城

マリーンズスタメン
1番: 友杉 (遊)、2番: 角中 (左)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: 山口 (一)、6番: 安田 (三)、7番: 岡 (右)、8番: 佐藤都 (捕)、9番: 藤原 (中)

バファローズスタメン
1番: 茶野 (右)、2番: 宗 (三)、3番: 中川圭 (中)、4番: 森 (捕)、5番: 頓宮 (一)、6番: 杉本 (指)、7番: 紅林 (遊)、8番: 福田 (左)、9番: 安達 (二)

京セラドーム大阪で行われたバファローズとのナイトゲーム。
球界を代表するピッチャー、しかも同学年同士のマッチアップです。

2回裏。
森レフトフライ、頓宮レフト前ヒットで1死1塁。
杉本の打席で佐々木朗希が暴投。ランナーは2塁へ。
ここで杉本はセンター前にヒットを放ちますが、なんと藤原がファンブル。
痛恨のタイムリーエラーとなってしまいました。0−1.バファローズ先制です。
続く紅林ライト前ヒット、1死1,2塁。
福田の打席で佐々木朗希が暴投。1死1,3塁。
大量失点の予感がしましたが、福田と安達をワンバウンドのボールを振らせて空振り三振。
なんとか1失点でしのぎました。

5回裏。
紅林三振、福田キャッチャーゴロで2アウト。
安達もピッチャーゴロに打ち取りますが、佐々木朗希が1塁に悪送球。
けん制悪送球も絡んで安達は3塁へ。
失点のピンチでしたが茶野を三振に仕留めてチェンジ。
踏ん張りました。

6回表。
佐藤ファウルフライ、藤原レフト前ヒット、友杉ライト前ヒットで1死1,2塁。
角中ショートゴロで2死1,2塁。
中村四球で満塁も、ポランコサードフライでチェンジ。
このチャンスで点を取っておきたかったです。

6回裏。
2アウトから森ヒット、頓宮四球で2死1,2塁とするも、杉本三振でチェンジ。
抑えたのですが、この回佐々木朗希は2回暴投しています。
今日は暴投が多いですね。キャッチャー佐藤に止めてほしいところですが速いし落差があるしでなかなか大変です。

9回表。
バファローズのピッチャーは平野。
角中がツーベースヒットで出塁し、2死3塁で山口がライトにタイムリーヒット。
マリーンズが土壇場で追いつきました。1−1です。
追いつかれても平然と笑っている平野はさすがですね。劇場王の鑑です。

9回裏。
マリーンズのピッチャーは益田。
いきなり森にサヨナラホームランを打たれて1−2。
え?負け。
最終回に追いついて浮かれていたマリーンズファンにとっては、何が起きたかよくわからないうちに試合が終わっていました。

佐々木朗希は暴投が多かったものの、7回1失点は立派。
8回無失点の宮城を褒めるしかないでしょう。スローカーブが打てないこと打てないこと。
剛の佐々木朗希と柔の宮城の投げ合いは見ごたえがありました。
最後は残念でしたが、切り替えていきましょう。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング


6/25ファイターズ戦 角中スリーラン!点の取り合いを制す

ファイターズ 5 - 6 マリーンズ 6/25(日) 14:00 ZOZOマリン
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:西野  ファイターズ:鈴木

ファイターズスタメン
1番: 石井 (二)、2番: 松本剛 (左)、3番: 清宮 (三)、4番: 万波 (指)、5番: 野村 (一)、6番: マルティネス (捕)、7番: 上川畑 (遊)、8番: アルカンタラ (右)、9番: 細川 (中)

マリーンズスタメン
1番: 藤原 (中)、2番: 福田 (指)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (左)、5番: 山口 (一)、6番: 角中 (右)、7番: 田村 (捕)、8番: 安田 (三)、9番: 茶谷 (遊)

ZOZOマリンで行われたファイターズとのデーゲーム。
コロナ特例で抹消された藤岡に代わって昇格している福田秀平が今季初スタメンです。
2軍で頑張っている姿は見ていますが、かつての打棒はどこまで蘇っているのでしょうか。
打線に勢いをもたらしてくれることを期待しましょう。

1回裏。
1アウトから福田がセンター前ヒットを放つも、中村はライトフライ。
スタートを切っていた1塁走者福田は1塁に戻れずダブルプレーとなってしまいました。
なぜランナーが走っているのに打ち上げるのか。
ゲッツーマイスター中村奨吾にしかわからない世界があるのでしょう。

2回裏。
ポランコ四球、山口センター前ヒットで無死1,2塁。
ここで角中がライトスタンドにスリーランホームランを放ち0−3。
インコースを巻き込むようにスイングする角中らしいバッティングでした。

3回表。
上川畑四球、アルカンタラ四球、細川セーフティバントが内野安打となり無死満塁。
石井ピッチャーゴロ、松本ファウルフライで2死満塁。
しかし清宮にセカンドにタイムリー内野安打を打たれて1−3。
2点差となりました。

4回表。
1死2塁で上川畑にセンターへのタイムリーツーベースヒットを打たれて2−3。
1点差です。

6回表。
万波センター前ヒット、野村ライト前ヒットで無死1,3塁。
マルティネス三振で1死1,3塁。
ここでマリーンズはピッチャーを坂本に代えます。
しかし坂本は上川畑にセンターへのタイムリーヒットを打たれて3−3。
同点に追いつかれました。
なおも1死1,2塁のピンチでしたが、アルカンタラセンターフライ、細川三振でチェンジ。
坂本が踏ん張りました。

7回裏。
角中四球。代走に和田が登場。
ピッチャー生田目の暴投で2塁に進み、田村送りバントで1死3塁。
ここで安田がセカンドゴロも、セカンド石井がホームに大悪送球で3塁ランナーホームイン。
和田の足が相手の焦りを呼びました。3−4。勝ち越しです。

8回裏。
ファイターズのピッチャーは杉浦。
1死から中村がソロホームランを放つと、岡もソロホームランで続き3−6。
驚きの2者連続ホームランで3点差としました。

9回表。
マリーンズのピッチャーは益田。
石井にツーベースヒットを打たれ、1死3塁で清宮にツーランホームランを打たれました。
5−6。1点差です。
ピンチをズルズル続けるぐらいなら、ホームランを打たれてランナーをなくした方が良い。
これが劇場の道。
追いつかれなければ良いと言わんばかりに、益田は万波をセカンドライナー、野村を三振に打ち取り試合終了。
さすがは益田。劇場の深淵を覗いた男です。5−6で逃げ切り、マリーンズが連勝を決めました。

今日はホームランが3本も出ましたね。
ハラハラドキドキ、観戦したファンの皆様にとっては大いに楽しめた試合になったと思います。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

6/24ファイターズ戦 スクイズを見破り、犠牲フライでサヨナラ勝ち

ファイターズ 4 - 5 マリーンズ 6/24(土) 14:00 ZOZOマリン
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:メルセデス  ファイターズ:上沢

ファイターズスタメン
1番: 石井 (二)、2番: 松本剛 (左)、3番: 清宮 (三)、4番: 万波 (右)、5番: 野村 (一)、6番: 加藤豪 (指)、7番: 伏見 (捕)、8番: ハンソン (遊)、9番: 江越 (中)

マリーンズスタメン
1番: 藤原 (中)、2番: 友杉 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: 山口 (一)、6番: 角中 (左)、7番: 田村 (捕)、8番: 安田 (三)、9番: 岡 (右)

ZOZOマリンで行われたファイターズとのデーゲーム。
試合は点の取り合いとなりました。

1回裏。
藤原死球、友杉ショートゴロもハンソンのファンブルによるエラーで出塁。
ハンソン。ナイツの漫才だとハソソソと言われるやつです。
続く中村レフト前ヒットで無死満塁。ロッテは無死満塁だと点が入らないんですよね。
しかし、今のマリーンズにはこの男がいます。ロッテ野球に染まり切っていない男ポランコ。
ファーストゴロに倒れますが、ファーストは2塁送球して2塁アウト。3塁ランナーがホームインして0−1。
マリーンズが1点を先制しました。
その後山口三振、角中センターフライでチェンジとなりますが、無得点よりはマシです。

2回表。
野村センター前ヒット、加藤豪センター前ヒット、伏見送りバントで1死2,3塁。
ここでハンソンにレフト前へのタイムリーヒットを打たれて1−1。
さらに江越にレフト前へのタイムリーヒットを打たれて2−1。
そして石井にライトへのタイムリーヒットを打たれて3−1。
石井はセカンドを狙ってアウトになり2死3塁。
松本ショートゴロでチェンジ。
テンポよく投げていたメルセデスが、この回は早いカウントからスコンスコン打たれてしまいました。

3回表。
清宮ツーベースヒット、万波センター前へのタイムリーヒットで4−1。
点差が広がります。

3回裏。
1死1塁で中村がサードゴロゲッツーでチェンジ。
中村はパ・リーグ併殺王の道を爆走しています。

4回裏。
ポランコがフェンス直撃のツーベースヒットで出塁すると、山口がレフトにツーランホームランを放ち4−3。
山口待望の一発で1点差としました。

5回表。
この回からマリーンズのピッチャーは岩下。
しっかり三者凡退に打ち取りました。
6回表は東妻が抑えています。

6回裏。
ポランコがレフトスタンドにソロホームランを放ち4−4。
ついに同点です。

7回表。
マリーンズノーピッチャーは西村。
2アウトから石井四球、松本がショート友杉のエラーで出塁。
ピンチを招きましたが、清宮をレフトフライに打ち取りチェンジ。
西村が踏ん張りました。8回表はペルドモが抑えています。

9回表。
マリーンズのピッチャーは益田。
上川畑にレフトへのツーベースヒットを打たれピンチ到来。
続く江越は送りバント。打球を処理した田村が3塁に投げますがセーフ。
フィルダースチョイスとなってしまいます。
さらに江越が盗塁を決めて無死2,3塁。絶体絶命のピンチです。
ここでファイターズベンチは石井にスクイズを指示。
マリーンズバッテリーはこれを読み、外角に大きく外しました。
石井のスクイズは空振り。3塁ランナーを挟んでアウトにします。1死3塁。
さらにフルカウントからまたしても石井がスクイズを敢行。
そしてなんと田村が外角に大きく外し、スクイズを空振り。
スリーバント失敗となり、3塁ランナーも挟んでダブルプレー。
無失点でしのぎました。
ファイターズの奇策を読み切ったと言えますが、解説の清水直行が「ファイターズのサインは簡単なんですかね」と言っていましたから、ひょっとしたらサインを見破ったのかもしれません。
普通フルカウントからスクイズしませんし、さらにそれを外そうとはしませんから。

9回裏。
ファイターズのピッチャーは宮西。
山口三振、代打大下センター前ヒット。代走に和田登場です。
続く田村はレフト前ヒット。1死1,3塁。
ここで安田がレフトに打ち上げます。
ファウルゾーンへのフライでしたが、レフト松本が捕球。
3塁ランナーの和田が猛然とタッチアップを決めて4−5。サヨナラ犠牲フライとなりました。
ファウルなので落とすという選択肢もありましたが、ラインに近い場所なのでとっさの判断が難しかったのかもしれません。
運が味方してのサヨナラ勝ちです。

メルセデスが打ち込まれた時はどうなるかと思いましたが、ホームラン攻勢で追いつけたのは大きかったですね。
2度のスクイズ失敗は大ラッキー。勝ちに不思議の勝ちありということで、ありがたくいただいておきましょう。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

6/23ファイターズ戦 習志野高校吹奏楽部が応援に参加するも、チームは負け

ファイターズ 5 - 3 マリーンズ 6/23(金) 18:00 ZOZOマリン
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:種市  ファイターズ:加藤

ファイターズスタメン
1番: 石井 (二)、2番: 松本剛 (左)、3番: 清宮 (三)、4番: 万波 (右)、5番: マルティネス (捕)、6番: 野村 (一)、7番: 加藤豪 (指)、8番: 上川畑 (遊)、9番: 江越 (中)

マリーンズスタメン
1番: 藤原 (中)、2番: 友杉 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: 山口 (右)、6番: 角中 (左)、7番: 安田 (三)、8番: 佐藤都 (捕)、9番: 茶谷 (一)

今日からマリンスタジアムでファイターズとの3連戦。
初戦は習志野高校吹奏楽部がライトスタンドに参戦します。
習志野高校吹奏楽部の来場は2019年以来4年ぶり。福浦引退の年でしたね。
習志野高校効果で平日だというのに満員御礼となりましたが、残念ながらこれまで習志野高校吹奏楽部が来場した過去4試合は全部負けています。
おまけに今日の先発はロッテキラー加藤。打てません。
エスコンフィールドで対戦した時は完封負けを食らいました。
さて、今日はどうなるでしょうか。

1回表。
石井三振、松本ライト前ヒットも、山口が打球を後逸して松本は2塁へ。
続く清宮は四球。1死1,2塁。
ここで万波にライトへの先制を打たれて1−0。
清宮は3塁タッチアウト。続く野村三振でチェンジ。
万波に打たれた球はそこまで甘くはありませんでした。
山口がエラーしていなければ防げた失点です。

2回表。
加藤豪の内野安打と上川畑の四球、江越送りバントで1死2,3塁。
ピンチでしたが石井セカンドライナー、松本ショートゴロでチェンジ。
この回は抑えました。

5回表。
江越三振、石井ツーベースヒット、松本レフト前ヒットで1死1,3塁。
ここで清宮セカンドゴロも、3塁ランナーがホームインし2−0。追加点です。
種市は球数が多く安定しませんでしたが、なんとか6回を2失点に抑えてマウンドを降りました。

7回表。
マリーンズのピッチャーは坂本。
江越四球の後、石井にセンターへのタイムリーツーベースヒットを打たれて3−0。
さらに1死3塁で清宮にセンターへのタイムリーヒットを打たれて4−0。
4点差はきついです。

7回裏。
ここまで先発加藤にスイスイ抑えられていたマリーンズ打線が意地を見せました。
中村がフェンス直撃のツーベースヒットを放ち、ポランコもライト前ヒットで無死1,3塁。
ここで山口がレフトにタイムリーヒットを放ち4−1。
角中センターフライ、代打池田三振で2死1,2塁。
ここで代打田村がレフトにタイムリーヒットを放ち4−2。
マリーンズが2点を返しました。
ファイターズはここでピッチャーを玉井に交代。
2死1,2塁と同点のチャンスでしたが、代打の岡は三振。
厳しコースを見逃してしまいました。

8回表。
マリーンズのピッチャーは東妻。
いきなり野村にソロホームランを打たれて5−2。
厳しいです。

9回裏。
ファイターズのピッチャーは田中。
ポランコ四球、山口ツーベースヒットで無死2,3塁。
角中犠牲フライで5−3。1死3塁。
しかし池田はボール球を空振り三振。
習志野高校OBなので力んでしまったようです。
最後は田村がレフトフライに倒れて試合終了。
5−3で負けてしまいました。

加藤先発なので一方的にやられるかと思いきや、意外と粘りました。
せっかく習志野高校吹奏楽部が来てくれたので勝ちたかったですが・・・。

高校野球の千葉県大会では何度も聞いていますが、習志野高校吹奏楽部がマリーンズの応援歌を演奏してくれるのは嬉しいですね。

3塁側2階席から撮影してみました。








一番盛り上がったのはダッシュマンレースでG1のファンファーレを吹いてくれた場面かもしれません。


球団公式が習志野高校吹奏楽部の演奏を収録した動画の完全版を出していますから、見ていない方はぜひ。


【ロッテ】習志野OB池田来翔は2三振…”美爆音”に誓った「試合を決めるバッターに」(ニッカン)
ロッテ池田来翔内野手(23)が、さらなる成長への糧を得た。

途中出場で2三振に終わった試合後、球団を通じて「今日の打席は、今までの野球人生の中で一番興奮しました。今日のような、試合を決めるチャンスの場面で打てるバッターになるために日々練習に取り組んでいきたいなと思います。後輩たちの応援については、感無量です。最高に素晴らしかったです」とコメントした。

この日は母校の習志野高吹奏楽部が試合前から大迫力の演奏で盛り上げてくれた。高校時代から“美爆音”と表現される圧倒的なボリュームに勇気をもらっていた池田が、大声援の中で登場したのは3点を追う7回1死一、二塁の場面。代打起用され、名前がコールされると大歓声で出迎えられた。この打席はロッテ応援団の「チャンステーマ3」で背中を押されたが、結果は空振り三振だった。

そのまま三塁守備に就き、巡ってきた第2打席は2点を追う9回1死三塁の場面。ここでは、高校時代に自身の応援歌としてもらっていた「エル・クンバンチェロ」が演奏された。この曲はNTT関東(現NTT東日本)で都市対抗野球に出場した父真樹さんの応援歌でもある。力強い音色にロッテファンの大声で鼓舞をされたが、ここでも空振り三振に終わった。

もし、どちらかの打席で打つことができていたら−。後輩たちの声援に感謝するのと同時に「今日のような、試合を決めるチャンスの場面で打てるバッターになるために日々練習に取り組んでいきたい」と残したコメントからも悔しさがあふれ出た。プロ野球は長丁場。負けても、次の試合はやってくる。この思いをぶつける舞台は、たくさん残っている。


【ロッテ】吉井監督が種市篤暉に「情けなかったですね。もっとやれる子」と愛あるダメ出し(ニッカン)
3位ロッテが交流戦明け初戦を落として3連敗。4位日本ハムとの差が5ゲーム差となった。序盤、中盤、終盤と失点し、打線は終盤に盛り返すも及ばなかった。

6回2失点で3敗目を喫した先発の種市篤暉投手(24)は降板後に「四球が絡み、点の取られ方が悪かったなと思います。カード頭だったのでもう少し長いイニングを投げなければいけなかったですし、今日は情けないピッチングになってしまいました」とコメント。それを受けて、試合後に取材に応じた吉井理人監督(58)も「情けなかったですね」と愛情たっぷりのダメ出しをした。

その理由を吉井監督は端的に説明した。「結果的にはそう(6回2失点)ですけども、内容がもうさっぱりだったんで。いつもの、ダメな時の種市だったんで。ボール先行になって、不利なところからやられてしまうという」。

1回1死一、二塁ではカウント3−1から万波に先制打を許すなど、指揮官にとっては見た目の結果以上に物足りない内容だった。それでも粘って試合はつくった種市に「その割には頑張ったんですけど、種市はそんなピッチャーじゃないんで。もっともっとやれる子なんで。次に期待したいと思います」。奮起を促した。


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

6/18ベイスターズ戦 佐々木朗希が打たれて負け

マリーンズ 1 - 6 ベイスターズ  6/18(日) 14:00 横浜
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:佐々木朗希  ベイスターズ:石田

マリーンズスタメン
1番: 岡 (右)、2番: 藤岡 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: 山口 (左)、5番: 藤原 (中)、6番: 茶谷 (一)、7番: 安田 (三)、8番: 佐藤都 (捕)、9番: 佐々木朗 (投)

ベイスターズスタメン
1番: 関根 (中)、2番: 楠本 (右)、3番: 佐野 (左)、4番: 牧 (二)、5番: 宮 (三)、6番: ソト (一)、7番: 戸柱 (捕)、8番: 京田 (遊)、9番: 石田 (投)

ハマスタで行われたベイスターズとのデーゲーム。
交流戦最終戦は佐々木朗希先発で必勝態勢です。

1回表。
岡四球、藤岡三振、中村の打席で岡が盗塁を決め、中村四球で1死1,2塁。
山口の打席で石田が暴投し1死2,3塁。
先制のチャンスでしたが山口サードゴロ、藤原ショートゴロでチェンジ。
得点できませんでした。

4回表。
中村がソロホームランを放ち1−0。
マリーンズが先制します。

4回裏。
関根四球、楠本送りバント、佐野セカンドゴロで2死3塁。
ここで牧にタイムリーヒットを打たれて1−1。追いつかれました。

6回裏。
関根センター前ヒット、楠本三振も関根が盗塁を決めて1死2塁。
佐野三振で2死2塁。
ここで牧にタイムリースリーベースヒットを打たれて1−2。
逆転されました。
2アウトでバッター牧だというのに外野が随分前にいましたね。
定位置なら捕れたのではないでしょうか。
さらに続く宮崎にツーランホームランを打たれて1−4。
佐々木は6回4失点でマウンドを降りました。

その後8回裏に東妻が神里にタイムリースリーベースヒットを打たれて1−6。
マリーンズ打線は反撃する力なく、わずか3安打で負けてしまいました。

佐々木朗希は中盤が課題。関根への四球から流れが変わったように思えます。
交流戦勝ち越して終わりたいところですが、まだまだ発展途上のチームだけにしかたありません。
パ・リーグ相手に仕切り直しです。

【ロッテ】2敗目の佐々木朗希に吉井監督が苦言「メキシコ戦で失敗して気づいたはず」反省を促す(ニッカン)
ロッテ佐々木朗希投手が今季初被弾など、今季ワーストの4失点で2敗目を喫した。「先制してもらいましたが、逆転されてしまい申し訳ないです」。悔しい表情で球場を後にした。

1−0の4回、牧に左前へ同点適時打を許した。2ストライクから勝負球のフォークが甘く入ったことに、吉井監督はWBC準決勝メキシコ戦で3ランを浴びた場面を引き合いに出した。「メキシコ戦で失敗して気づいたはずなんですけれど、また失敗しちゃいましたね」と反省を促した。

6回2死二塁で再び牧。初球のスライダーを左中間へ三塁打を喫し、勝ち越された。敬遠で塁を埋める選択肢もあったが「『こっちが責任とるので勝負しなさい』と言った。朗希が2回(牧に)やられて、やり返すチャンスを与えてあげたい気持ちもあって。1つ壁を乗り越えられるかなという思いで」の決断だった。

貯金10のパ・リーグ首位で突入した交流戦は7勝9敗2分けで終了。5月9日以来の3位に陥落した。

▽ロッテ黒木投手コーチ(佐々木朗の投球に)「相手も一流のバッターですし、攻略されたところは相手が一枚上。日本の野球界のレベルが上がってきていると見ています」

▽ロッテ佐藤都(佐々木朗をリードし、牧に勝ち越し打を浴びた初球について)「フォークは頭にあるだろうというところで、1球も見せていなかったスライダーを選択しました。甘くはないと思うんですけれど…」


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

6/17ベイスターズ戦 カスティーヨ大炎上で大敗

マリーンズ 1 - 10 ベイスターズ  6/17(土) 14:00 横浜
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:カスティーヨ  ベイスターズ:大貫

マリーンズスタメン
1番: 藤原 (中)、2番: 友杉 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: 山口 (一)、5番: 角中 (左)、6番: 安田 (三)、7番: 岡 (右)、8番: 佐藤都 (捕)、9番: カスティーヨ (投)

ベイスターズスタメン
1番: 関根 (右)、2番: 蝦名 (中)、3番: 佐野 (左)、4番: 牧 (二)、5番: 宮 (三)、6番: ソト (一)、7番: 戸柱 (捕)、8番: 京田 (遊)、9番: 大貫 (投)

ハマスタで行われたベイスターズとのデーゲーム。
先発のカスティーヨは前回登板のヤクルト戦で6回を無失点に抑え勝ち投手になったのですが、今日は全然ダメでした。

3回裏。
京田ヒット、大貫送りバント、関根四球、蛯名死球で1死満塁。
ここで佐野にタイムリーツーベースヒットを打たれて0−3。
さらに牧にタイムリーヒットを打たれて0−4。
そして宮崎にツーランホームランを打たれtえ0−6。
勝負ありました。
カスティーヨは3回6失点で降板。
ベンチでふてくされた態度でしたね。これはいけません。

5回表。
マリーンズ唯一の得点はとても不思議な形でした。
佐藤ツーベース、代打大下ライト前ヒット、藤原三振で1死1,3塁。
次は問題の友杉の打席です。
カウント3ボール1ストライクで友杉が見逃します。
友杉は四球だと思い1塁に向かいますが、少し遅れて球審がストライクをコール。
友杉の動きを見て大下も四球だと思い2塁に向かいますが、ストライクコールを見た大貫が大下を見て1塁に投げます。
大下は慌てて1塁に戻るもアウト。
ところがこの隙に3塁ランナーの佐藤がスタートを切っていました。
佐藤は見事ホームインして1−6。
友杉と大下の誤ったセルフジャッジに乗じて点を取るという、佐藤の好判断でした。

しかし、マリーンズは6回以降沈黙。
7回裏に戸柱に走者一掃のタイムリーツーベースヒットを打たれて1−9となり、8回裏には大和のタイムリーで1−10。
リリーフ陣も打たれて大敗となりました。

1点しか取れていないので1−2も1−10も同じ1敗なのですが、もう少し意地を見せてほしかったです。
試合後の吉井監督はカスティーヨの欠点を指摘しつつ、今後の成長に期待するコメント。
次回登板に期待しましょう。

【指揮官一問一答】ロッテ・吉井理人監督、カスティーヨは「先発経験が浅いので立て直し方が分かっていないのかなと」(サンスポ)
ロッテは助っ人右腕ルイス・カスティーヨ投手(28)が今季3度目の先発で3回6安打6失点。三回にDeNA打線につかまって一挙6失点し、2敗目(1勝)を喫した。吉井理人監督(58)の一問一答は以下の通り。

−−先発したカスティーヨが三回につかまった

「調子はよかったんですけどもランナーが二塁にいってから、ちょっと投球パターンを変えて、結局自分でコントロールを乱して四球、死球になっちゃった。あれは本当に典型的なビッグイニングになるパターン。そこはやっぱり先発が経験が浅いので、自分の中で、どう立て直していいかというのがまだ分かっていないのかなという風に(思いました)。ランナーが出るとああいう風な傾向があるので、きょうは課題がしっかり見えたかなと思います」

−−先発の経験を積めば、修正できる

「試合をたくさん投げていくうちに、分かってくると思う。やっぱりどうしても点をやりたくないと思うと、いつもと違うことをやり出す子がいるんです、経験が浅い子では。それって一番悪いパターンで、自分のできること(をやらないと)。彼の場合だったら、ストライクをいっぱい投げて、ゴロを打たすというピッチャーなので、そこに集中する。今の時点では、やっぱり低めにしっかり速い、強い球を投げることが彼の仕事だと思うので。きょうはちょっとランナーが出てからはストライクゾーンに適当にばっと。早く結果が見たくて、勝負しているという感じだった。自分も若いときはそういうピッチャーだった。5球で5点とか取られるタイプだったんですよね。なので、やっぱりやっていくうちに分かってくると思う」


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング

6/16ベイスターズ戦 角中先制打で勝利!益田通算200セーブ達成

6412

マリーンズ 5 - 3 ベイスターズ  6/16(金) 18:00 横浜
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:メルセデス  ベイスターズ:濱口

マリーンズスタメン
1番: 岡 (中)、2番: 藤岡 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: 山口 (一)、5番: 角中 (左)、6番: 安田 (三)、7番: 田村 (捕)、8番: 菅野 (右)、9番: メルセデス (投)

ベイスターズスタメン
1番: 関根 (中)、2番: 大田 (右)、3番: 佐野 (左)、4番: 牧 (二)、5番: 宮 (三)、6番: ソト (一)、7番: 大和 (遊)、8番: 伊藤 (捕)、9番: 雜 (投)

交流戦も最終カード。今日からハマスタでベイスターズとの3連戦です。

1回表。
ベイスターズ先発の濱口は制球が悪く、序盤からチャンスを作りました。
岡四球、藤岡センターフライ、中村ツーベースヒットで1死2,3塁。
山口四球で満塁。ここで角中が走者一掃のタイムリーツーベースヒットを放ち3−0。
マリーンズが3点を先制しました。

1回裏。
関根ファウルフライ、大田四球、佐野センター前ヒットで1死1,2塁。
ピンチでしたが牧サードゴロ、宮崎セカンドゴロでチェンジ。
怖いバッターを打ち取りました。

2回以降は両チーム無得点で試合が進み、7回裏。
宮崎がセンターにツーベースヒットを放ち、ソトライトフライ、大和レフト前ヒット、伊藤セカンドゴロで2死1,3塁。
ここで代打のオースティンにレフトへのタイムリーヒットを打たれて3−1。
1点を返されます。
さらに関根内野安打で2死満塁となり、続く大田はサードゴロ。
ライン際で捕球した安田が3塁ベースを踏んでフォースアウトを狙いますが、2塁ランナーオースティンの足が一瞬早く3塁セーフ。
安田のフィルダースチョイスでオールセーフ。3塁ランナーがホームインし3−2となりました。
安田は責められませんね。運が悪かったです。
なおも2死満塁。
あわや逆転のピンチでしたが、佐野をショートゴロに打ち取りチェンジ。
なんとかしのぎました。

8回表。
ベイスターズのピッチャーはウェンデルケン。
藤岡四球、中村送りバント、山口レフト前ヒットで1死1,3塁。
角中はセカンドライナー。2死1,3塁。安田敬遠で2死満塁。
ここで田村がセンターにタイムリーヒットを放ち5−2。
マリーンズが2点を追加しました。
その後2死1,2塁のチャンスで小川が四球を選んで満塁としますが、代打茶谷は三振。
追加点はなりませんでした。

8回裏はペルドモが抑えて、9回裏。
マリーンズのピッチャーは益田。
京田三振、森サードファウルフライ、戸柱センターフライで試合終了。
5−2でベイスターズに勝利しました。
セーブ成功の益田はこれで通算200セーブを達成。
日本球界でたった10人しか達成していない偉業です。
このまま250セーブを達成して名球会入りも十分可能でしょう。
怪我には気を付けて、がんばってほしいものです。

先発のメルセデスも良く投げてくれました。
そういえば打席での応援歌がG.G.佐藤のものでしたね。
C.C.メルセデスなので、ちょっと変えるだけで済むのです。



さっそく録画してツイッターに上げたところ、なんとG.G.佐藤氏本人から反応が!
嬉しいですね。



最後に今日の写真です。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング





続きを読む

6/15ドラゴンズ戦 譲り合いの末引き分け

マリーンズ 1 - 1 ドラゴンズ  6/15(木) 18:00 バンテリンドーム
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:美馬  ドラゴンズ:柳

マリーンズスタメン
1番: 藤原 (中)、2番: 友杉 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: 山口 (右)、5番: 安田 (三)、6番: 角中 (左)、7番: 池田 (一)、8番: 田村 (捕)、9番: 美馬 (投)

ドラゴンズスタメン
1番: 大島 (左)、2番: 村松 (二)、3番: 岡林 (中)、4番: 細川 (右)、5番: ビシエド (一)、6番: 福永 (三)、7番: 石橋 (捕)、8番: 龍空 (遊)、9番: 柳 (投)

バンテリンドームで行われたドラゴンズとのナイトゲーム。
ドラゴンズ先発の柳はこれまで2回対戦し、1失点完投負けと完封負けを喫しています。
つまり18イニングで1点しか取れていないわけで、厳しい展開になりそうです。

1回表。
藤原がツーベースヒットで出塁し、友杉ファーストゴロで1死3塁。
ここで中村がライトにタイムリーヒットで1−0。
得点圏打率1割台の中村が珍しく打ってくれました。マリーンズ先制です。

3回裏。
柳四球、大島レフト前ヒットで無死1,2塁。
村松は送りバントも、ファースト池田のエラーで満塁。
ここで岡林をセカンドゴロに打ち取りますが、3塁ランナーがホームインし1−1。
同点に追いつかれました。
なおも1死1,3塁のピンチでしたが、1塁ランナー岡林が盗塁失敗。
細川四球で2死1,3塁となり、最後はビシエド三振でチェンジ。
絶体絶命のピンチを最少失点でしのぎました。
美馬は4回以降は安定したピッチングでドラゴンズ打線を抑え、7回1失点でマウンドを降りました。

8回裏は西村が抑え、9回表。
2アウトから中村が四球で出塁。
山口はショート龍空のエラーで出塁。2死1,3塁。
代走の和田が盗塁を決め、安田四球で2死満塁。
チャンスでしたが角中はセカンドゴロ。勝ち越しはなりませんでした。

9回裏。
マリーンズのピッチャーは岩下。
細川センター前ヒット、ビシエドの打席で岩下が暴投し、ビシエド敬遠で無死1,2塁。
立浪監督は福永に送りバントを指示。福永は送りバントを決めて1死2,3塁。
代打高橋周は敬遠。1死満塁。
サヨナラのピンチでしたが代打加藤翔平をファーストゴロ、代打溝脇をセカンドゴロに打ち取りチェンジ。
なんとかしのぎました。
立浪監督の采配に救われたのでしょうか。
3割打者の福永にバントさせ、打率1割台の代打に勝負させた采配に中日ファンが悶絶したそうです。

10回表。
ドラゴンズのピッチャーはマルティネス。
池田がショート溝脇のエラーで出塁。
1塁ランナーの代走は盗塁死。田村ライト前ヒットで1死1塁。
佐藤キャッチャーゴロ、藤原レフト前ヒット、友杉三振でチェンジ。
ちぐはぐです。

10回裏。
マリーンズのピッチャーは坂本。
ブライト健太は四球。村松は送れず三振。岡林も三振。
伊藤の打席で、ピッチャーの牽制により1塁ランナーブライトが飛び出します。
しかしファースト茶谷が2塁に悪送球し、ブライトは3塁へ。終盤で痛すぎるミスが出ました。
ただ、坂本が踏ん張り伊藤をショートゴロに打ち取りチェンジ。
あぶないところでした。

11回裏。
2死2塁で代打福田がサードに強烈な打球を放ちます。
サード安田が横っ飛びで抑えて1塁アウト。
中日がリクエストするも認められません。安田のファインプレーによりサヨナラを阻止しました。

12回表。
ロッテはあっさり3人で終了。勝ちは無くなりました。

12回裏。
マリーンズのピッチャーは横山。
溝脇サードライナー、ブライトセンター前ヒット、村松センターフライ、岡林三振で試合終了。
お互いがチャンスをつぶし合った結果、1−1での引き分けとなりました。

やっぱり柳を打てませんでしたね。
ピッチャーを大量に使ってしまったのがアレですが、まあ、負けなくてよかったというべきか。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング
ギリシャ旅行記連載中!
カテゴリー別記事
月別記事
記事検索
パリーグ順位表
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
ニュース記事
最新コメント
このブログについて
■ このブログについて

管理人:薫友(くんゆう)

マリーンズファンのブログです。
千葉ロッテマリーンズや旅の話などを書いています。
趣味は鉄道旅行。日本国内のJR全線と私鉄全線に乗りました。


■ コメントについて

・当ブログにコメントされる場合は、下記の諸規定を承諾されたものとします。

・以下に該当するコメントを禁止し、削除対象とします。

 1.各エントリと関係のないコメント。
 2.誹謗中傷、荒しと認められるコメント。
 3.日本語の文章として意味を成さないと判断される文字列。
 4.試合中の実況コメント。
 5.日本国内の法律等に抵触するコメント。
 6.個人情報保護の観点から相応しくないと判断されるコメント。
 7.閲覧者に不快感を与えると判断されるコメント
 8.企業、団体、個人による営利もしくは宣伝等を主たる目的としたコメント。
 9.このブログおよびマリーンズの「和」を乱すと認められるコメント。

・当該コメントを削除する際は当該コメントに言及している他のコメントも同時に削除します。当ブログを快適に閲覧していただくため、当該削除対象コメントには返信されないようお願いします。

・同一人物による複数ハンドルの使用はご遠慮ください。IPアドレス等から同一人物と判断しうる場合はすべて削除対象となります。

・コメント投稿者同士による私信のやり取りはご遠慮ください。やむを得ず行う場合は必要最小限に留めていただくようお願いします。

・当ブログにコメントされる際は、敬語を使用する等、閲覧者に不快感を与えないよう文章、用語等に一定の配慮をお願いします。配慮を欠くと判断されるコメントは削除対象とします。


■ トラックバックについて

・参照のないトラックバックはお断りしています。



■ トリップアドバイザー

「マリンブルーの風」はトリップアドバイザーおすすめブログに認定されました。

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
管理人へのメッセージはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ