ファイターズ 3 - 7 マリーンズ

長かったGW9連戦も今日で終わり。勝ち越しなんて贅沢なことは言いませんから、ハム3連戦でなんとか1勝したいものです。
先発は俊介とロッテキラーのスウィーニー。なんだかロッテキラーとばかり対戦しているようですが、それは気のせいです。
一方の俊介は今季まだ勝ち星なし。俊介が投げている間はまだ1点も援護できていません。今日こそは!

しかし、序盤はやっぱり無援護でした。
俊介は3回表に稲葉の2点タイムリーツーベースヒットで先制を許しますが、マリーンズ打線は4回までノーヒット。このまま見殺しで終わるかと思われました。
何としても勝ちたいマリーンズは5回裏の攻撃前に円陣を組みます。
監督の檄にまず応えたのは大松。真ん中低めの難しい球をすくい上げると、打球はセンターバックスクリーンに飛び込むホームラン!4号ソロホームランで反撃の狼煙を上げます。そして福浦四球の後、今度は里崎が狙い済ましてレフトに逆転ツーランホームラン。見事2-3とマリーンズが逆転に成功しました。

6回表。
なんとかリードを守りたいマリーンズですが、俊介が稲葉のツーベースと小谷野のヒットで無死1,3塁のピンチを招いてしまいます。バレンタイン監督は素早く動き、ピッチャーを伊藤に交代させました。
伊藤はまずスレッジをショートライナーに打ち取り1アウト。普通ならセンター前に抜ける鋭い打球でしたが、スレッジシフトで2塁ベースそばにいた西岡が素早く好捕しました。
さらに続く高橋信二の打球はピッチャーゴロ。捕球した伊藤が2塁ベース手前でバウンドする超危険な送球をしますが、これを根元がナイスキャッチ、素早く1塁に送って何とかダブルプレーでチェンジ。チーム一丸となった守りで得点を与えませんでした。今日はこの回の守りが勝利を引き寄せるターニングポイントとなった気がします。

6回裏。
井口四球とサブローのヒットで1死1,2塁としたところでハムのピッチャーがスウィーニーから宮西に代わります。ロッテキラーがマウンドを降りたことで完全にイケイケムード。里崎がコンパクトなスイングでレフト前タイムリーを放つと、今江も見事な右打ちでライト前タイムリーヒット。2人ともなんでそのバッティングが今まで出来なかったんだ?その後2死満塁でバーナムが三振してしまいましたが、連続タイムリーで2点を追加、2-5とリードを広げます。

7回表には伊藤が2死1,3塁のピンチを招き、代打坪井にタイムリーを打たれ3-5と2点差に詰め寄られます。そして今日当たっている稲葉を迎えたところでバレンタイン監督はピッチャーをシコースキーに交代。今日は素早く動いてきます。これが当たって稲葉を力で押さえ込みレフトフライ。同点のピンチを脱しました。

そして7回裏。
西岡が内野安打で出塁すると、盗塁と相手の送球ミスで1死3塁。ここで大松がきっちりと犠牲フライを放ち3-6と再び点差を広げると、サブロー、福浦の連続ヒット、さらには里崎がライトにタイムリーを放ち3-7、試合を決めました。

最後は荻野が三者凡退で締めて久々の勝利。GW9連戦を3勝6敗で終えました。

俊介は2点を失ったものの、緩急で空振りを取れていましたから、調子自体はそんなに悪くなかったようですね。むしろ打った稲葉を誉めるべきでしょう。稲葉は今日が300二塁打。中村審判の2000試合出場もあり、今日は記録尽くめでした。

おばあちゃんのおかげ?突然の活躍に感謝する里崎 (スポニチ)

打っては里崎が猛打賞の4打点と大活躍。いつものアホみたいな空振ではなく、きっちりとヒットを放ちました。いつもああやってスイングしてくれれば恐い存在になりますよ。記事にもあるように、今年の不振はメンタル面かもしれません。チームがゴタゴタしていますし、おまけに投手陣も崩壊。里崎なりに色々悩んでいたのでしょう。今日の活躍で吹っ切れてくれることを祈ります。
今日は打線がしっかりつながりましたし、ピッチャーもしっかりと抑えました。チームが一丸となって掴んだ勝利です。こういう試合を続けていくことができれば、マリーンズは浮上していくはず。だから明後日からのイーグルス戦が大事です。なんとか勝ち越しを決めましょう。

ニッカン式スコア
人気blogランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ