オリックス 6 - 2 マリーンズ

負ければ単独最下位という試合。先発は清水直行と近藤です。
試合前には選手の入替がありました。昨日炎上した高木さんが抹消され、川崎が再度の昇格。
川崎は2軍でも良くありません。CS進出の目がなくなった状況で、なぜ松本でも木村でも根本でもなく川崎昇格なのか。
1日1個突っ込み所をファンに示すことによって、ファンからの注目をひきつけようというバレンタイン監督の深慮遠謀なのでしょうか。
そうでも仮定しないと、バレンタイン監督の意図がまったく分かりません。

さて、序盤の近藤は制球が定まらず普通のチームなら2、3点は取れていたでしょう。
しかし、蛇に睨まれた蛙の如く、オリに睨まれた鴨、じゃなかった鴎はヨレヨレの近藤から点を奪えません。
1回裏は西岡が四球で出塁して2塁に進んでも後が続かず無得点。
2回裏は井口三振の後橋本とベニーがヒットで出塁も、福浦キャッチャーファールフライ、塀内三振で無得点。

そうこうするうちに3回表。先頭小瀬がレフト前ヒットで出塁し、鈴木が送って1死2塁。ここで坂口ライト前ヒット、阿部ライト前タイムリーヒットで1-0と先制を許してしまいます。なおも1死1,2塁のピンチが続きますが、カブレラのサードゴロをHISAOがジャンピングキャッチを決めると素早く送球して5-4-3のダブルプレー。ピンチを脱しました。
しかし、このダブルプレーの守備の時に井口が背中を痛めて交代。嫌な感じです。

3回裏は西岡、早川がヒットで出塁するも、サブローレフトフライ、大松サードゴロゲッツーでチェンジ。
序盤からこれだけ拙攻かましていれば、さすがの近藤も調子を取り戻します。
中盤以降は別人のようなピッチングで、5回裏は福浦、塀内、西岡連続三振、ふがいないです。
なお、5回裏終了に伴い、福浦が通算1500試合出場を達成しました。おめでとうございます。

そして7回表。それまで援護が無い中踏ん張ってきた直行が力尽きます。
1死から大引、小瀬にヒットを打たれ、鈴木をセンターフライに打ち取るも、続く坂口にタイムリースリーベースを打たれて2失点、3-0とされてしまいます。

直後の7回裏。西岡四球の後、早川が今季第1号となるツーランホームランをライトスタンドに叩き込んで3-2、1点差に詰め寄ります。
8回表。直行がカブレラにヒットを打たれたところで内登場。ローズ、フェルナンデスを連続三振、岡田セカンドゴロでチェンジ。しびれます。
しかし、イニングまたぎとなった9回表には坂口のスリーランを浴びて6-3、決定的な点が入ってしまいました。
内のイニングまたぎは本人にとってはマイナスですね。結局勝ちパターンで内を登板させると決めたわけでもなさそうです。
何事も経験と思って切り替えて欲しいです。来季の守護神候補が監督の場当たり的な起用で潰されないよう祈りましょう。

結局今日も負けて借金20、単独最下位に転落です。
毎日毎日フロント、監督、選手がよってたかってマリーンズをぶっ壊しています。
それをわざわざ金を払って観に行くなんて、ファンはどれだけマゾなんでしょう。
燦然と輝くMの文字を胸に、まるでルーチンワークのように覇気もなく負け続けるマリーンズを観続けるむなしさ。
せめてプロとしての意地を見せて欲しいです。
それが無理なら若手を使って将来への夢を見せて欲しいです。
なぜ今日神戸を起用しなかったのでしょう。
来年のマリンスタジアムにはマリーンズの残骸が転がっているだけだと分かっていても、ファンの悲しい性で、来年への期待を胸に抱かずにはいられないのです。

ニッカン式スコア
人気blogランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ