イーグルス 5 - 4 マリーンズ

私が謝る話でもないんですが。

今日は夕方草野球をやっていたので途中からテレビで観戦しました。
1死満塁カウントノースリーからショートフライを打ち上げる活躍でチームに貢献。
ロッテ野球を観るだけでは飽き足らず、自ら実践してしまいました。
ファンの鑑と呼んでいただきたいものです。

さて、今日は今のマリーンズで最も信頼できるピッチャー、小野晋吾と長谷部の先発です。
長谷部は左なので右バッターがずらり。3番今江、4番井口、5番ベニー・・・。
打撃低調の井口とチャンスで打てないベニーを並べてどうしようと言うのでしょう。ちなみに6番は里崎です。

1回裏。西岡がレフト前ヒットで出塁すると、早坂が送りバントを試みるも失敗。キャッチャーファールフライに倒れます。
しかしここで今江が右中間を破るタイムリーツーベースヒットを放ち、0−1とマリーンズが1点を先制します。

しかし3回表。2死からリンデンにヒットを許すと、続く渡辺直のライト前に落ちる打球を大松がダイビングキャッチしようとして後ろに逸らしてしまいます。その間にリンデンがホームイン、同点に追いつかれました。ああ大松後逸!
さらに鉄平にもタイムリーを打たれて2−1、逆転を許してしまいます。

マリーンズもすかさず反撃します。
4回裏。里崎がヒットで出塁すると、大松が汚名返上のタイムリーツーベースを放ち同点。長谷部をノックアウトします。
さらに代わった小山から堀様の代打福浦がツーランホームランを放ち2−4、勝ち越しに成功しました。

小野なら2点で大丈夫。しかし今日は違いました。
5回表、またリンデンと渡辺直にヒットを打たれて1死1,3塁となると、鉄平がレフトのファールゾーンに打球を打ち上げます。
竹原はこれを捕球しバックホーム、余裕で間に合わずリンデンがホームインし3−4の1点差となりました。
捕ったら犠牲フライで1点入りますから捕らないと言う選択肢もありました。テレンコ師匠ならしっかり落とす場面です。
ただしっかり送球できていればさせた可能性もありますから、どちらが正解かは分かりませんね。
さらにこの回は鉄平にセンター前タイムリーヒットを打たれて4−4の同点に追いつかれてしまいました。

そして今日のハイライト、6回表であります。
ピッチャーは小野に代わって上野。
その上野から宮出がセンター前ヒットで出塁すると、続く中谷が送りバント、ピッチャー前に転がります。
里崎の指示はセカンド送球。上野はセカンドに投げますがベースカバーの西岡がボールを逸らしてしまいます。
判定はフィルダースチョイス。西岡は捕れる送球を逸らしました。しかし捕っていてもセーフのタイミングです。里崎が無茶な指示を出しましたね。
これで無死1,2塁となります。さらに小坂がお手本のような送りバントを決めて1死2、3塁。いよいよ問題の場面です。
リンデンの打ち上げた打球は平凡なレフトフライ。これを竹原が落下点に入りながら落としてしまいます。
何年か前ベニーがレフトで落球したのを思い出しましたね。それはそれは見事なエラーでした。
この間にランナーがホームイン。なんとこれが決勝のタイムリーエラーとなってしまうのです。
はっきり言ってプロのプレーじゃありません。草野球でも上手い人はあまりやらないタイプのエラーです。
厳しい監督ならその場で即交代ですね。ですが、バレンタイン監督はそのまま竹原を守備につかせます。
ならば挽回の機会を打席で与えるのかと思ったら、そうじゃありませんでした。
6回裏。竹原の打席でバレンタイン監督は代打早川を起用。セカンドゴロに倒れます。
ベンチで挽回の機会をうかがっていた竹原はがっくりきたことでしょう。
どうもバレンタイン監督は選手の気持ちを考えない采配をします。もともと選手を「自らのゲームプランを実現させるための駒」としか見ていない監督ですから、それはやむをえないことなんですがね。2005年は売り出し中の若手が主体でしたからそれで成功しましたけど、今年の成績が証明するとおり、その手法はもう無理です。

結局6回以降はイーグルスの中継ぎ陣の前にノーヒットで抑え込まれます。
8回には福盛が2四球でチャンスを演出しますが、代打サブローが初球をあっさり打ってサードゴロ、いかにもサブローらしいやる気のなさでした。
結局伊藤、荻野が抑えても追いつけないまま試合が進み、5−4で負けてしまいました。

上野はほとんど悪くないのに負け投手になるんですから・・・。試練を与えて大きく育てようと言うチームの方針ですね。
井口も全然打てません。振り夫・イグーチになっています。普通ならスタメンから外すべきなんですけど、裏になにかあるようで・・・。
井口の年なんですから、DHにしたり適度に休ませたりして調子を維持してもらった方がいいんですが、どうにも不調が長引いています。
きっと井口にアドバイスできるコーチがいないんでしょう。

それにしても、せっかく満員御礼になったのになんという無様な試合!
子供たちの前でプロ失格のプレーを連発してしまいました。
でもそれがロッテ!大人のロッテ!子供に厳しいロッテ!

ニッカン式スコア
人気blogランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ