ポスティングでメジャー移籍を目指していた西岡の所属が決まりました。
ミネソタ・ツインズと3年契約。年俸総額は925万ドル。7億7千7万円の大型契約です。

西岡ツインズと3年契約「ニシと呼んで」(スポニチ)

ロッテからポスティング・システム(入札制度)で大リーグ移籍を目指し、ツインズと3年契約を交わした西岡剛内野手(26)が18日(日本時間19日)、本拠地球場のターゲット・フィールドで入団会見に臨んだ。背番号1のユニホームに初めて袖を通し、英語で自己紹介。愛称もロッテ時代の「ツヨシ」から「ニシ」へ。日本での栄光を全て捨て去り、ルーキーとして最高峰の舞台に挑戦する。

 悲壮な決意が西岡の言葉の端々ににじんだ。日本人野手では最年少でのメジャー挑戦。「自信を持っているものは何もない。恐怖心の方が強い。レギュラーが確約されているわけじゃない。ルーキーらしくキャンプ初日からアピールしないと。貪欲に野球をしていきたい」。会見中、何度も「僕はルーキー」という言葉を繰り返した。今季、主将としてロッテを日本一に導き、首位打者と最多安打のタイトルを獲得した男は、裸一貫からのスタートを強調した。

 自らの象徴も捨てた。背番号はこだわり続けた7をチームの顔、マウアーがつけるため、1を選んだ。07年には「TSUYOSHI」と登録名にしたこともある愛称は、「NISHI」に変える。「1番には何の思い入れもないけど、だからこそ1番という番号に歴史を刻んでいきたい。愛称はツヨシよりニシの方が外国人の方は呼びやすいのかなと」。会見中には退席するガーデンハイアー監督から「ニシ!じゃ、また!!」と早速、日本語で呼びかけられた。打順は上位に座り、守備位置は二塁か遊撃のどちらかを任されるが「どちらも守る準備はするが、僕はルーキーなので発言する権利も立場もない。監督がボールボーイしろと言ったら、ボールボーイします」と言い切った。

 会見の冒頭では特訓を積んだ英語で「ツインズ・ファミリーの一員になれて興奮している」とあいさつ。英会話の勉強にも励む考えで「そういう努力をしないとチームに溶け込めない。自分にも、チームのためにもなる」。ガーデンハイアー監督も会見に日本語会話のテキストを持参し「これでニシと交流を深める」と話すなど、全面サポートを約束した。

 総額925万ドル(約7億7700万円)の3年契約。「応札がなかったらという心配もあったし、手を挙げてくれた球団に感謝しています。その恩に結果で返したい」。新生ニシとしての再出発。結果も名声も、再びゼロから積み上げていく。


西岡「貪欲に野球に向き合っていきたい」(スポニチ)

 ◆ツインズ入団が決まった西岡と一問一答

 ――どのようにチームに貢献していくか?

 「数多くホームベースを踏むのが僕の仕事。喜んで四球でも死球でも出塁を優先し、個人成績よりチームの優勝を第一目標に戦っていきたい」

 ――ツ軍についてはどの程度知っていたか?

 「最初から家族みたいに接してくれ、凄く溶け込みやすいチーム。優勝争いできるチームで戦えるのは、僕の成長していく過程で凄くプラスになると思う」

 ――首脳陣から具体的な数字の期待はあった?

 「そういう話はないし僕自身も未知な世界。数字や結果にこだわるのでなく貪欲に野球に向き合っていきたい」

 ――大リーガーになるのはいつからの夢か?

 「3歳から野球を始めて、その時から憧れていた場所。WBCでこっちの球場でやり、きっかけになったかもしれない」


会見の動画はこちら


西岡のツインズ入りはツインズの新球場がホームランの出にくい屋外球場であるというのも理由らしいですね。
でも他のユニフォームを着た西岡を見ると、やっぱりすこしさびしいです。あそこまでメジャー行きを熱望されれば仕方のないことですが、もうちょっとマリーンズにいてほしかったですね。

さて、西岡のポスティングで球団に入ってきたお金はどうなるのでしょう。松坂のときは西武ドームのトイレが大改修されました。

ロッテ“西岡マネー”でファンサービス充実(スポニチ)

ロッテ・石川球団運営本部長は西岡から電話で連絡を受け「頑張ってほしい。結果を残して、またロッテに戻ってきてほしい」とエールを送った。

 530万ドル(約4億5000万円)とされる落札額については公表しない意向をあらためて示し「補強費とかには使いません。本人の希望をくんで、ファン拡大のために使う方向で検討します」とさらなるファンサービス充実に充てる考えを明かした。


塀内久雄ショート固定が最大のファンサービスということですね?わかります。

サブロー現状維持でサイン、設備充実を訴え(サンスポ)

ロッテ・サブローも井口と同様に来季が3年契約の3年目となり、年俸は現状維持の1億3000万円プラス出来高でサイン。交渉の席では選手会長として球場設備の充実などを訴えた。

 「来年は千葉マリンで球宴もある。他球団の選手に提供するロッカールームも整理しないと」。勝負強い打撃で日本一に貢献した「つなぎの4番」は、さらなる飛躍へ打撃フォームをマイナーチェンジする考えも明かした。


その一方で補強を望む声もあがっています。
補強といっても国内で日本人選手を取るのはそれなりの選手を出す必要がありますし、やっぱり外人ですね。
ラで始まって、ンで終わる外人になるんでしょうか。それともバリバリのメジャーリーガー?


人気blogランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ