3698


ポルトガル旅行記の第30回です。
7日目の9月21日はポルトガル北部のブラガ、ギマランイス、ポルトを観光します。
まずはポルトから電車に乗って祈りの町ブラガに向かいました。


マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング

■ 7日目 2012年9月21日 金曜日

map

朝7時半に起床。ポルトガル旅行も7日目と後半戦を迎えました。
今日はポルトの近郊にあるブラガとギマランイスという2つの町を観光します。

「リスボンは楽しみ、コインブラは学び、ポルトは働き、そしてブラガは祈りの町である」
ポルトガルにはこんな言葉があります。
ブラガにはポルトガル最古の大聖堂をはじめ、街中に大小さまざまな教会があります。
町の成り立ちはローマ時代まで遡り、中世から18世紀ごろまではポルトガルを代表する宗教都市として大いに栄えました。
また郊外には巡礼地として有名なボン・ジェズス教会もあることから、祈りの町と呼ばれているのです。

一方のギマランイスはポルトガル初代国王が生まれた場所で、「ポルトガル発祥の地」と呼ばれます。
中心部には中世の街並みが残り、「ギマランイスの歴史地区」として世界遺産に指定されています。
城跡や貴族の屋敷、教会など小さいながらも見どころの多い町です。

ブラガもギマランイスもポルトから近郊電車で1時間ほどで着きます。本数は1時間に1本程度。二つの町同士は路線バスで結ばれています。

DSC_3597

8時前にホテルB&B ポルト チェントロを出ました。ホテルの前は広場になっており、アズレージョが美しい小さな教会が建っています。

DSC_3599

ホテル外観。映画館を改装した新しいホテルです。

DSC_3600

今度のブラガ行きの電車は8:15、駅に向かって坂を下りていきます。

DSC_3601

ポルト・サンベント駅で切符を買います。自動券売機もあるのですが、英語表記に変えるボタンを押してもポルトガル表記のままでしたので、窓口に並びました。
窓口では駅員が開口一番「新規の購入?切符の紙は持ってる?」と聞いてきました。
ポルトはプリペイドカードと同じ大きさの紙に切符情報を何度も書き込んだり、金額をチャージすることで何度も使えるようになっているのです。要は紙製のIC乗車券のようなもので、リスボンと同じ方式です。
幸いほとんど待つことなくすんなり切符を買うことができました。ブラガまで3.5ユーロです。1時間で360円ですから安いです。

DSC_3604

ポルト・サンベント駅構内。平日の朝だけあって通勤通学客が行きかっています。
時刻は8:10、8:15発のブラガ行き電車は正面左のホームから出るようです。
ポルトガルでは現在大規模なストライキが発生しており、普通列車に大幅な運休が出ているらしいのですが、ここポルトではストライキについての案内がありません。少なくともブラガ方面への電車は時刻通り動いているようです。

DSC_3606

8:15に発車。真新しい通勤電車はポルトの市街地を走ります。

DSC_3609

だんだん畑や牧草地が増えてきました。

DSC_3613

9:10、ほぼ時刻通りでブラガ駅に到着しました。薄暗いホームを駅舎に向かって歩きます。

DSC_3617

「祈りの町ブラガ」というぐらいですからおごそかで古い駅舎を想像していたのですが、コンクリート製の新しい駅舎です。

DSC_3618

駅舎の外に出ました。駅の上はオフィスビルになっているようです。

DSC_3620

ブラガの旧市街へは徒歩10分ほど。一本道なので迷うことはありません。ただ、今日は朝起きてから何も食べていないので、どこかのカフェに入って朝ご飯を食べたいところです。

DSC_3627

ブラガの旧市街への入口となっているアルコ・ダ・ポルタ・ノヴァという門が見えてきました。立派な門ですが、隣の建物が工事中なのが残念です。

DSC_3631

ブラガ旧市街の道。地味な建物が並んでおり、しっとりとした印象ですね。

DSC_3633

カフェを見つけました。店先に写真付のメニューがあり、オムレツ4ユーロと書いてあります。
しかし、中に入って「オムレツください」と頼んだところ、オムライスは昼からでした。
「ごめんね。オムレツは12時からなんだ。昼にまた来てくれれば作るよ」となんども詫びる店主のおじさん。
どうやら私はこのおじさんの中で「オムレツが食べたくてたまらない人」になってしまっているようです。
まあ別にそこまでオムレツが食べたいわけではありません。私はパン2個とオレンジジュースを頼み、席に座って食べました。ポルトガルのパンはおいしいですね。今のところハズレがありません。パンが1個0.6ユーロ。500mlのジュースが0.8ユーロ。きっちり食べて合計2ユーロ(210円)と驚きの安さです。リスボンよりも物価が安いのでしょう。

DSC_3638

パンを食べて観光開始、まずはこの街のシンボルである大聖堂を目指します。

DSC_3641

ブラガの大聖堂は13世紀中ごろに完成しました。後世に何度か増改築されたため、ロマネスク、ゴシック、マヌエル、バロックなど様々な様式が混じった複雑で美しい建物となっています。

DSC_3646

残念ながら内部の写真撮影は禁止。礼拝堂だけなら無料で見学できます。立派なパイプオルガンが印象に残りました。
さらに礼拝堂の入口のチケット売り場で3ユーロのチケットを買うと大聖堂の回廊と博物館も見学できます。
「今ならプラス1ユーロでキリスト像の特別展示も見られるよ」とのことで、4ユーロ払ってチケットを買いました。
で、私がチケットを買っていると白人のおじさんが話しかけてきました。どうやら夫婦のようです。
「同じカメラだね」
「そうですね。これはとてもナイスなカメラです」
「アーユージャパニーズ?」
「はい」
奇遇ですね。私が持っているカメラと全く同じものを首から下げています。
おじさんは私が日本人とわかるとなんと日本語で話しかけてきました。
「ニホンジンデスカー?ワタシフランスカラキマシタ」
「ニホンダイスキー!ニホンハナンドモイッタコトガアリマス」
「トーキョー、アキハバラー。スバラシイデスネー」
「マモナクイチバンセンニデンシャガマイリマース」
まさか駅員のアナウンスの真似までするとは!まだチケットを買っている最中なのであまりリアクションできないのが残念です。
ひとしきり話すと、フランス人は「マタネー」と言って去って行きました。

落ち着いた雰囲気の回廊を見学した後は博物館へ。
キリスト像、マリア像、法具、宝飾品、宗教画など、ブラガの歴史と栄光を感じさせる展示品が多いです。
博物館内では係員が私をぴったりマークしてきます。でもガイドはしてくれません。監視だけです。
特別展示のキリスト像のコーナーは出口付近のグッズショップの隣の部屋で、鍵が閉まっていました。
グッズショップのお姉さんにチケットを見せて鍵を開けてもらい、中を見学します。
中はキリストの十字架像がずらりとならんでいます。どれも血をダラダラ流しており、ちょっと怖いです。
キリスト教徒であれば別の感想をもつのでしょうが・・・。

DSC_3651

40分ほど大聖堂を見学して外に出ました。時刻は10:20を回っています。
大聖堂の向かいには旧大司教館があり、現在は図書館になっています。残念ながら観光客は中に入れないようです。

DSC_3652

カラフルな建物が並ぶ一角。宗教都市だけあって、リスボンよりも上品で落ち着いている印象です。

DSC_3654

メインストリートを歩きます。残念ながら雨が降ってきました。

DSC_3660

コインブラス礼拝堂です。由緒ある礼拝堂ですが中には入れません。

DSC_3663

礼拝堂の装飾。

DSC_3668

旧市街をぶらぶらします。

DSC_3670

重厚で落ち着いたたたずまいですが、雨が降ってくるとなんとなく陰々滅滅とした雰囲気に見えてきます。

DSC_3674

この街はどこにいても教会が見えます。

DSC_3676

その中のいくつかの教会に入ってみました。

DSC01831

おごそかな雰囲気の礼拝堂でした。

DSC_3679

雨が強くなってきました。

DSC_3682

町の中心のレプブリカ広場。

DSC_3686

立派な建物の軒先で多くの人たちが雨宿りをしています。

DSC_3687

赤い花が咲いています。きれいな通りです。

DSC_3689

レプブリカ広場には噴水があり、マクドナルドやインフォメーションもあります。

DSC_3692

このレプブリカ広場は公園として整備されています。晴れていれば気持ちよく散策できるのですが、今は強い雨が降っており寒いです。

DSC_3696

広場に面して教会があります。中に入るとミサが行われており、観光客が長居できる雰囲気ではありません。

DSC_3702

どうも雨が降るとテンションが下がります。ブラガからバスに1時間ほど乗るとボンジェズスというキリスト教の聖地があり、とても美しい教会があるのだそうです。
ですがこの雨です。行きたい気持ちも少しありましたが、「聖地と言っても別にキリスト教徒じゃないしなぁ」と思い直し、もう一つの目的地であるギマランイスに向かうバスの時間を調べにいくことにしました。
バスターミナルは町の中心部から徒歩10分ほど。窓口でギマランイス行きのバスの時刻表をもらい、切符を買いました。ARRIVA社、TRANSDEV社、EBA社の3社共同運行で、運賃は共通券3.15ユーロです。
12:35のバスに乗るつもりが11:35のバスのチケットを間違って買ってしまったため、もう一度窓口に行って変えてもらいました。そのあたりの融通は利くようです。ちなみにギマランイス行のバスは平日なら1時間に1本あるものの、土曜は若干本数が減り、日曜は半減して2時間に1本になります。

DSC_3704

ブラガの出発時刻を確定させたうえで街の中心部に戻ってきました。時刻は11時20分。あと1時間ほどです。
教会の多いブラガですが、ブラガには博物館もあります。ビスカイニョス博物館です。
かつて貴族の邸宅だった由緒ある建物で、内部の装飾や調度品、美術品や中庭などを見学することができます。

DSC_3707

ビスカイニョス博物館は町の中心に近いペリカン広場に面しています。

DSC_3710

広場の名前の由来はペリカン像のある噴水によっています。ペリカンとは珍しいですね。
では、時間もないことですし博物館に行ってみましょう。


ポルトガル・パリ旅行記目次へ    次へ   前へ