2421

イタリア・シチリア島旅行記の第29回です。
7日目はバロック建築の町ラグーザをを歩きます。
まずは上の町スーペリオーレ地区をぶらぶら歩いてみました。

マリーンズ・日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
プロ野球・人気blogランキング
■7日目 2017年9月7日 木曜日

DSC02373

朝7時に起床。パン中心の朝ご飯を食べ、9時にチェックアウトして荷物を預かってもらいました。
今日は昼過ぎまでラグーザの町を観光し、15:30発の列車に乗って海沿いの観光都市シラクーサへと向かいます。


DSC_2304

ラグーザの旧市街は上の町スーペリオーレ地区と下の町イブラ地区に分かれています。
スーペリオーレ地区は1693年の大地震で町が崩壊した後に新しく作られた町なので、碁盤目状に区画整理されています。
昨日夕ご飯を食べたトラットリア・ダ・ルイージの前を通り、スーペリオーレ地区の散策を開始しました。


DSC_2307

スーペリオーレ地区の中心にあるサン・ジョバンニ・バッティスタ大聖堂。
まだ開いていませんでしたので、後で見学します。


DSC_2310

立派な邸宅が多いです。


DSC_2311

スーペリオーレ地区の通りを歩きます。道がまっすぐ続いていますね。


DSC_2315

カラフルな住宅街です。


DSC_2317

ほとんどの道は一方通行。車がずらりと駐車されています。


DSC_2327

上り坂の先に教会が見えてきました。エッケ・ホモ教会です。
エッケ・ホモとはラテン語で「この人を見よ」と言う意味。
鞭打たれ荊冠を被せられて磔にされるイエス・キリストに罵声を浴びせるる群衆に対してピラトが発した言葉です。


DSC_2334

エッケ・ホモ教会の内部。美しいバロック様式です。


DSC_2335

天井のドーム。

DSC_2339

落ち着いた雰囲気の教会です。


DSC_2341

美しいステンドグラス。


DSC_2345

祭壇。


DSC_2347

祭壇。


DSC_2359

2階の通路から教会内部を見下ろします。


DSC_2367

再びスーペリオーレ地区の街歩き。


DSC_2370

窓の装飾が立派ですね。


DSC_2372

サン・ジョバンニ・バッティスタ大聖堂へ。


DSC_2374

非常に細かい装飾です。


DSC_2375

大聖堂内部。


DSC_2378

立派なオルガンです。


DSC_2381

祭壇。


DSC_2390

大聖堂には中庭がありました。


DSC_2395

大聖堂を出てしばらく歩くとスーパーを発見。長期滞在するならありがたい存在ですね。


DSC_2399

イブラ地区に向けて歩いていきます。


DSC_2405

イブラ地区が近づくにつれ下り坂になります。


DSC_2410

カーブしながら下っていく旧市街の道。


DSC_2411

民家の軒先。


DSC_2419

このカーブがいいんですよね。


DSC_2423

イブラ地区へ下る階段に着きました。
日本人の中高年の一団がイブラ地区をスケッチしていました。


DSC_2424

夜にも来ましたが、やはりここは絵になります。


DSC_2427

しばし立ち止まり、ラグーザのイブラ地区を見下ろします。


DSC_2430

階段を下り、イブラ地区へと向かいます。


DSC_2431

九十九折の道路に沿って階段があります。

DSC_2440

イブラ地区。角度を変えてみると印象が違ってきます。

DSC_2441

階段を下りて道路を渡ります。


DSC_2442

道路をくぐり、さらに下へ。

DSC_2444

階段の脇に小さな教会がありました。
中には入れません。

DSC_2446

ここにも教会。


DSC_2454

入ってみました。シンプルな装飾の教会です。


DSC_2455

シンプルと思ったらマリア像のある礼拝堂だけ凝った装飾でした。


DSC_2456

イブラ地区への入口へとたどり着きました。
次回はイブラ地区の散策です。

次の旅行記へ  前の旅行記へ  2017年イタリア・シチリア島旅行記目次へ