新型コロナウイルス感染症に関する規制が大幅に緩和されます。
これまで声出し禁止だった大規模イベントも、政府の指針に沿った感染対策を取っていれば満員でも声出しが解禁されることになるようです。

声出し応援の今春再開へ期待 鳴り物、ジェット風船、跳びはね等の解禁も「専門家に確認」NPB(ニッカン)
日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は27日、新型コロナウイルス感染症拡大により禁止されている声出し応援の今春再開を期待した。

政府が大規模イベントにおける規制を緩和する方針であることを受け、「政府の指針に沿って検討する。大変、喜ばしいこと。オープン戦にも、侍ジャパンの練習試合にも間に合って、マスクはするが声を出す応援ができるのではないか」と話した。同じく禁止されている鳴り物応援、ジェット風船、跳びはね応援等の解禁も「そうなっていくと思うが、専門家に確認して進めていきたい」と話した。



オープン戦でマスク着用の声出し応援、鳴り物が牴魘忰瓩悄\府の方針を受け、NPB見通し語る(サンスポ)
政府がイベントの人数上限を事実上廃止し、満席になったスポーツやコンサート会場で大声応援が可能になるなど、規制が大幅に緩和されたことを受けて日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は27日、プロ野球でもマスク着用での声出し応援が解禁となる見通しを述べた。

「内容を確認して、指針に沿って検討したい。大変喜ばしいことだと思っています」

プロ野球では昨年まで大声での応援、トランペットなどの鳴り物の使用、ハイタッチや肩組み、ジャンプ応援などを禁止していたが、「そう(解禁)なっていくと思います。その前に専門家の先生におうかがいして、どこまで踏み込んでいいか考えていきたい」と語った。

2月下旬からはオープン戦が始まる。政府の方針を受けた上で、対応を決めていくことになるが、井原事務局長は「声を出せる形で進められると思う。ここまで話が出ていますので、オープン戦にも十分に間に合う」と話した。同時期に日本代表の強化試合も行われる。


確かに昨年末に行われたドバイワールドカップでは観客がマスクをせずに大声で応援していましたから、日本でもマスクをしていれば声出しOKということになるのでしょう。
ただ、飛沫観戦の危険があるジェット風船は単純に不潔なので復活してほしくないです。

実際のところ、声出し禁止のはずの昨シーズンはコールや応援歌こそありませんでしたが、歓声は普通に上げていましたから、声出しだけなら問題ないと思います。
ただ、色々な考え方があると思いますので、球場に行く行かないは一人一人の判断ですることになるでしょう。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング