佐々木朗希投手がロート目薬のアンバサダーに就任。
3月12日から放映されるCMに出演することが決まりました。

ロッテ・佐々木朗希、ロート製薬と広告契約 12日からCMオンエア(サンスポ)
ロッテは3日、佐々木朗希投手(21)がロート製薬株式会社(本社=大阪市、社長=杉本雅史)と広告契約を締結したことを発表した。今後は同社の主力カテゴリーである目薬をはじめとしたアイケアのアンバサダーとして活動する。第一弾として12日から放映される新CMに出演する。

コーポレート・アイデンティティとして「NEVER SAY NEVER」を掲げる同社は、次世代を担う子どもたちの猝ね茲悗猟戦瓩魃援してきた。今回は昨年4月に史上最年少で完全試合を達成するなど、苦難や試練がありながらも常に前を向き、世界の舞台へ果敢に挑み大きく一歩を踏み出した佐々木朗との契約に至った。


未来を見つめる佐々木朗希選手(千葉ロッテマリーンズ)が“目薬のロート”とアンバサダー契約!
〜佐々木選手と共に、世界中の人々の「健康な目」を育み、「挑戦」を応援〜(ロート製薬)
ート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:杉本雅史)は、この度、千葉ロッテマリーンズ所属の佐々木朗希選手との広告契約を締結しました。今後、主力カテゴリーである目薬をはじめとしたアイケアのアンバサダーとして活躍いただく佐々木選手と共に、世界中の人々の「健康な目」を育み、「挑戦」を応援する取り組みを進めてまいります。第一弾として、2023年3月12日(日)より新CMを放映し、メッセージを伝えていきます。

契約締結の背景
当社は、CI(コーポレート・アイデンティティ)として「NEVER SAY NEVER」を掲げ、世界中の人々の美と健康に貢献するべく、常識を超えるようなユニークで新しい商品やサービスを生み出し続けると共に、さまざまな活動を通して、次世代を担う子どもたちの“未来への挑戦”を応援しています。
佐々木選手は、幼少期から野球に打ち込みひたむきに夢を追いかけ、2022年4月には最年少でプロ野球完全試合を達成しています。様々な苦難や試練がありながらも常に前を向き、未来を見つめて努力を積み重ねていく姿は、見ている人に多くの感動と挑戦する勇気を与えてくれます。
未来に向かって挑戦を続ける世界中の人々の瞳がさらに輝くよう、世界の舞台へ果敢に挑み大きく一歩を踏み出した千葉ロッテマリーンズの佐々木選手と、本契約を結ぶことに至りました。

撮影時の様子
192cmの長身ユニフォーム姿で登場した佐々木選手は「よろしくお願いします!」と爽やかにスタッフに挨拶しながらスタジオ入り。撮影の説明をじっくり聞きながら、目薬をさすポーズや目線の位置など一つひとつ丁寧に確認している様子でした。カメラ前ではCM監督の「挑むような目線で」の言葉にきりっとした表情を浮かべ、試合さながらのピッチングフォームを見せてくれる一面も。休憩時間には、屈託のない笑顔でスタッフと談笑するなど和やかな雰囲気の中、撮影を終えました。


まさかロッテの選手が自社製品以外のCMに出るとは驚きです。
初芝清師が引退後に茂原の土建屋である地奨住建の初芝君のCMに出たことはありますが、チバテレ限定で、全国ネットではありません。



G.G.佐藤さんのトラバースのCMは自らが社長の息子で役員を務める会社なのでこれも別。



そういえば、君津住宅のCMに里崎や成瀬が出ていましたね。
千葉ローカルですが。
里崎の、全然困ってそうに聞こえない「困ったねぇ」が印象深いです。




ロッテ以外の全国ネットのCMとなると、1995年にボビー・バレンタイン監督が出演したパソコンのコンパックのCMまでさかのぼるでしょうか。




ロッテの「選手」ということになると非常に少ないです。オリオンズ時代まで遡るのではないかと思ったら・・・。
調べたらいました!西岡剛が!
2007年にアディダスのCMに出ていました。
全然テレビで見た記憶がありません。




オリオンズ時代では1981年からアートネイチャーのCMに出演した倉持明氏がまず思い出されます。




1983年は落合がアートネイチャーの育毛剤のCMに出演。



2人とも髪関係ですね・・・。

ともあれ、佐々木朗希の他社CM出演の快挙です。

快挙と言えばこの日行われた西武との教育リーグの試合終盤に、レフト江村、ライト柿沼という、キャッチャー2人が外野に入る事件がありました。
長いシーズンは何があるかわかりませんし、色々試すのはいいと思います。

試合結果


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング