マリーンズ 2 - 0 イーグルス 5/3(水) 14:00 楽天モバイル
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:小島  イーグルス:則本

マリーンズスタメン
1番: 平沢 (右)、2番: 藤岡 (遊)、3番: 藤原 (中)、4番: 安田 (三)、5番: 井上 (一)、6番: ポランコ (指)、7番: 中村奨 (二)、8番: 田村 (捕)、9番: 和田 (左)

イーグルススタメン
1番: 小深田 (左)、2番: 伊藤裕 (一)、3番: 浅村 (二)、4番: 島内 (指)、5番: 岡島 (中)、6番: フランコ (三)、7番: 小郷 (右)、8番: 太田 (捕)、9番: 山 (遊)

仙台で行われたイーグルスとのデーゲーム。
試合は小島と則本との投手戦となりました。

1回裏。
小深田ヒット、伊藤ファーストファウルフライ、浅村四球で1死1,2塁のピンチ。
しかし島内三振、岡島レフトフライでチェンジ。
小島がピンチをしのぎました。
2回以降は安定したピッチングでしたね。
7回まで投げて被安打はわずかに4本。無失点の好投でした。

3回表。
1アウトから田村ヒット、和田四球で1死1,2塁。
チャンスでしたが平沢はセカンドゴロゲッツー。チェンジとなります。

6回表。
1アウトから和田がセンターへのツーベースヒットで出塁。今季初ヒットです。
足の速い和田が出たので得点の期待が高まったものの、平沢セカンドゴロ、藤岡センターフライでチェンジ。
どうも平沢の当たりが止まっています。安田もですね。

8回裏はペルドモが抑え、0−0の同点で迎えた9回裏。
澤村劇場が開演しました。

島内四球、岡島は三振も、スタートを切っていた代走の西川は2塁へ。
ここでキャッチャー田村がなんと悪送球。西川は3塁に進みます。
気になったのは、セカンドの中村が2塁悪送球の場面でピクリとも動かなかったこと。
普通セカンドは2塁ベースのカバーに動くのではないでしょうか。
私は草野球で「外野を守らせるとフライを落とすから」という理由でセカンドを守ることがありますが、私のような底辺クラスのセカンドでも同じ場面なら2,3歩2塁方向に動きます。
どうも中村は注意力散漫ですね。打撃が上向いてきたとはいえ、メンタル面の不調があるかもしれません。
少し休ませた方がいいような気がします。

このピンチで動じないのは澤村。
フランコレフトフライ。浅いレフトフライで3塁ランナー動けません。
最後は小郷ショートゴロでチェンジ。サヨナラ負けのピンチをしのぎました。

10回表。
イーグルスのピッチャーは内。
井上がヒットで出塁すると、ポランコがライトに特大ホームランを叩き込み2−0。
打った瞬間ホームランとわかるすさまじい打球でした。

10回裏は益田が珍しく3人で納めて試合終了。
2−0でイーグルスに勝利しました。

ポランコが打ってくれたから勝てましたが、打線の勢いが鈍っていますね。
積極的に振ってほしいです。

【ロッテ】ポランコが延長10回に決勝2ラン!太い腕でお得意の「パワー」2戦連発にほえた(ニッカン)
ロッテ新外国人グレゴリー・ポランコ外野手の季節が来た〜。

0−0で迎えた10回表無死一塁、楽天内の149キロ直球を捉え、2戦連続となる右越え2ラン。仲間に迎えられると、太い腕でVの字をつくるお得意ポーズで「パワー」とほえた。「タイミングがしっかり取れてきたし、しっかりスイングが出来ている。気候も暖かくなってきたので影響があるかなあ」。強い春の日差しの中、殊勲弾に気分も上々だった。

来日1年目だった巨人時代の昨季も、月別成績では5月が唯一3割台で3割1分8厘と突出していた。今季は「5番DH」で開幕を迎え、2戦目は4番を任させる期待を背負ったが、4月終了時点で1割3分2厘。前日2日の今季2号を含め、5月に入って8打数4安打2本塁打3打点で持ち味のパワー全開だ。

チームも連敗を3で止め、首位オリックスを追う。入団時に「ヒゲもホームラン数も伸ばしたい」と宣言した男が、5月の勝利数を伸ばす。【鎌田直秀】

▽ロッテ吉井監督(接戦をものにし)「野手も投手もこういう試合ばかりしていると疲れてしまうので、誰か若い選手がいいところでスコーンと打ってほしい。安田やね」

▽ロッテ小島(7回108球無失点も毎回走者を許す内容に)「シュートがあまりストライクが入らなくて…。三振を取る投手ではなく相手が打ってどう結果になるかを求めているので、それにしては球数が多い」


【ロッテ】連敗阻止も吉井監督「若い子がスコーンと打ってほしい。安田やね」若手の奮起に期待(ニッカン)
ロッテがグレゴリー・ポランコ外野手(31)の殊勲弾と、先発小島和哉(26)ら投手陣の踏ん張りで接戦を制し、連敗を3で止めた。

0−0の10回無死一塁で、ポランコが起死回生の右越え2ランを放った。2戦連続弾に「真っすぐを初球から待っていた。自分自身、打った瞬間に最高だと思いました」。楽天内の149キロの直球を捉えた会心の一撃だった。

投手陣も4人のリレーで10回無失点に抑え、勝利を呼び込んだ。小島は安打と四球で毎回の走者を許す7回108球4安打4四球の内容に、「シュートがあまりストライクが入らなくて…。三振をとる投手ではなく相手が打ってどう結果になるかを求めているので、それにしては球数が多い」と反省。6回には投直をグラブでたたきおとして一塁走者も打者走者もアウトにし、7回にはけん制で一塁走者を刺すなど、技術も示した。8回以降はルイス・ペルドモ投手(29)、沢村拓一投手(35)とつなぎ、10回は益田直也投手(33)が3者凡退で締めて9セーブ目を挙げた。

吉井理人監督(58)は9回まで決定打を欠いた野手陣に「今日は競馬用語で言ったらかかり気味で行っていたので、そのへんの折り合いをしっかり出来るように若い子たちにも経験を積んでほしい」と要求。今季2度目の安田の4番起用だったが「若い子がいいところでスコーンと打ってほしいと思っています。安田やね。ランナーのいる場面で一発」と名指しで期待した。ポランコの2戦連発には「ビックリしました。スイングスピードが速いのは分かっているから、しっかりバットが良い角度で入ればホームラン打てるバッターなのでね。これが本物かどうかは、もうちょっと打席を見ないと分からないです。本物であってほしいと思っています」とさらなる活躍を求めた。【鎌田直秀】


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング