バファローズ 1 - 1 マリーンズ 5/16(火) 18:00 ZOZOマリン
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:種市  バファローズ:宮城

バファローズスタメン
1番: 茶野 (右)、2番: 福田 (左)、3番: 中川圭 (中)、4番: シュウィンデル (指)、5番: 頓宮 (一)、6番: 宗 (三)、7番: ゴンザレス (二)、8番: 紅林 (遊)、9番: 若月 (捕)

マリーンズスタメン
1番: 友杉 (遊)、2番: 藤原 (中)、3番: 中村奨 (二)、4番: 井上 (指)、5番: 茶谷 (一)、6番: 安田 (三)、7番: 岡 (左)、8番: 佐藤都 (捕)、9番: 和田 (右)

ZOZOマリンで行われたバファローズとのナイトゲーム。
試合は種市と宮城による息詰まる投手戦となりました。

3回表。
紅林のソロホームランが飛び出し1−0。
先制を許します。

4回裏。
井上三振、茶谷レフト前ヒット、安田ライト前ヒットで1死1,3塁。
ここで岡はセカンドゴロも、3塁ランナーがホームインし1−1。
同点に追いつきます。

その後両先発が好投しスコアボードにゼロが並びます。
種市は手術後初めて9回まで投げ、圧巻の9奪三振。被安打はわずかに3本でした。
そんな種市になんとか勝ち星をつけたかったのですが、8回以降登板したオリックスのリリーフ陣を打てず、勝ち越すことができません。
マリーンズも10回は益田、11回はペルドモ、12回は西村が抑えます。
結局延長12回を戦って1−1の引き分けに終わりました。

勝ちたかったですが、種市の素晴らしいピッチングが収穫でしたね。
佐々木朗希が離脱した穴を埋める、頼もしいピッチャーが帰ってきてくれました。
今後も好投を期待しましょう。

ロッテ・種市篤暉が完全復活 右肘手術から3年ぶりに9回投げた! 奪三振数はリーグトップに(サンスポ)
犂袷管活瓩鮃陲欧詛投だ。右肘手術から今季本格的に復帰したロッテ・種市篤暉投手(24)がオリックス打線を相手に9回109球を投げ、3安打1失点の好投。延長十二回引き分けとなり、勝敗はつかなかったが、確かな手応えを得る9イニングとなった。

「術後初めて9回を投げられたので、そこは自信になった」

オリックスとの首位攻防3連戦の初戦。WBC日本代表の宮城との投げ合いにも、「ゾーンに強い球を投げることだけを考えた」と一歩も引くことはなかった。鋭く落ちるフォークボールを武器に失点は三回に紅林に浴びたソロのみ。9三振を奪い、奪三振数は52に伸び、チームメートの佐々木朗を抜いてリーグトップに立った。

2020年9月に右肘靱帯(じんたい)再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた右腕にとって9イニングを投げ抜くのは、完封勝利を飾った20年7月25日の西武戦以来約3年ぶりだ。

吉井監督は「本来の種市が戻ってきた」と絶賛した。右肘の負担を考慮し、出場選手登録を一度外れる予定だが、今季3勝(2敗)の種市は「今の目標は完封」ときっぱり。回復期間を挟み、白星を積み上げる。(武田千怜)


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング