マリーンズ 6 − 1 イーグルス 5/20(土) 14:00 楽天モバイル
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:西野  イーグルス:則本

マリーンズスタメン
1番: 池田 (一)、2番: 友杉 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: 安田 (三)、6番: 岡 (中)、7番: 角中 (左)、8番: 田村 (捕)、9番: 平沢 (右)

イーグルススタメン
1番: 山 (遊)、2番: 小深田 (中)、3番: 伊藤裕 (三)、4番: 浅村 (二)、5番: 島内 (左)、6番: フランコ (指)、7番: 岡島 (右)、8番: 鈴木大 (一)、9番: 太田 (捕)


金曜日の試合が雨で中止になり、今日からイーグルスと仙台で2連戦です。

3回表。
角中レフト前ヒット、田村送りバント、平沢セカンドゴロで2死3塁。
ここで池田がレフトにタイムリーヒットを放ち1−0。
マリーンズが先制しました。

5回裏。
2死1塁で鈴木大地にライトにタイムリーツーベースヒットを打たれて1−1。
同点に追いつかれました。

6回表。
池田レフト前ヒット、友杉送りバント。
中村セカンドゴロも浅村のエラーで1死1,3塁。
ここでポランコがセンターに犠牲フライを放ち2−1。マリーンズ勝ち越しです。
その後安田、岡四球で2死満塁。
ここで角中がライトにタイムリーヒットを放ち4−1。
ベテランの一振りで試合の主導権を握りました。
イーグルスはここでピッチャーを則本から安樂に交代。
角中の代走和田が盗塁を決めて2死2,3塁とすると、なんとあ安樂が暴投。
3塁ランナーがホームインし5−1としました。

7回表。
平沢三振。池田レフトへのツーベースヒット。
ここで友杉がライトにタイムリーツーベースヒットを放ち6−1。
点差を広げました。

6点もの援護をもらった西野はスイスイ投げて試合終了。
なんと被安打3、1失点で堂々の完投勝利を挙げました。
完全復活西野。なんとも頼もしいです。
小野が右肘鏡視下クリーニング手術を受け、復帰まで約3カ月という苦しい台所事情ですから・・・。




そして打っては池田が4安打の大暴れ。打率4割を超えました。
若い力がどんどん出てきますね。今年の勢いは本物です。
どんどん勝ちましょう。

【ロッテ】西野勇士5勝目「自信にもなった」チームで9回完投勝利は佐々木朗希の完全試合以来(ニッカン)
ロッテ西野勇士投手(32)が3安打1四球1失点完投で、リーグ単独トップの5勝目を挙げた。初完投初完封した19年9月7日のソフトバンク戦以来となる完投。「テンポ良く、いろいろな球種でストライク先行でいけたことが良かった。シュートがかなり良い感じに変化してくれた。僕の試合で良く打ってくれるので、それが一番の要因だと思います」。4回までわずか31球で無安打に封じた。5回には楽天鈴木大に右翼線適時二塁打を浴びたが、6回を四球、8回を左前打で先頭の出塁を許しても、いずれも併殺で切り抜けた。97球の好内容で、9回も3人で斬った。

20年6月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、昨季から中継ぎとして復帰。今季は先発転向で開幕ローテーション入りし、勝利を積み重ねてきた。「完投は、普通にうれしいっす。1年間ローテを守るならやっぱり完投もしないといけないと思いますし。完投出来たのは自信にもなったし、これからに向けての良いプロセス、段階を踏めたと思います」。チームの9回完投勝利は、佐々木朗が昨年4月10日に完全試合を達成して以来だ。


【ロッテ】「M7」“議長”角中勝也「甘い球来るやろうと」勝利を決定づけた2点適時打(ニッカン)
広島で開催中の「G7」ならぬ、ロッテの「M7(マリーンズ7番打者)」が勝利を決定づけた。6回に1点勝ち越して迎えた2死満塁。「7番左翼」で先発出場の角中勝也外野手(34)が打席に立った。「フォアボール、フォアボールで来てたので甘い球が来るやろうと。点をとられたあとだったので、なんとかもう1点という気持ちだった。西野が良い投球をしていたので。(ポランコが)犠牲フライでますは1点とってくれたので、良い流れでいけました」。3−1から楽天則本の146キロ直球を右前に運び、2点適時打で点差を広げた。

一挙4得点の攻撃も「M7(マリーンズ7人連続攻撃)」だった。先頭の池田が左前に運び、友杉の犠打後、中村奨主将が相手失策を誘った。ポランコが中犠飛、安田、岡が連続四球後に角中の一打。さらに暴投で加点。吉井監督も「みんながつながって良い攻撃だった。しっかり四球を選べたし、その後、角中が集中力を出してヒットを打ってくれたのが大きかったですね」とたたえた。

ケガで離脱する外野手が多いチーム事情の中、角中は「穴埋めっす。求められているところはそこ」と言う。“首脳”ではない首位打者経験者が、M7の“議長”として他国(他パ球団)との差も2・5に広げた。「目標は優勝旅行です」と声高らかに。【鎌田直秀】

▽ロッテ吉井監督(投打がかみ合った勝利に)「西野は立ち上がりから真っすぐが強かったですし、田村もうまく配球してくれた。ビジターは先制した方が精神衛生上いいと思ってバントを使っているんですけれど、チームとしてレベルが上がってきたかなと思う」

▽ロッテ池田(3回の先制適時打を含むプロ初の4安打)「(先制打は)3ボールでしたがストライクが来たら絶対打つと思って振りました。ランナーをかえすことができて良かったです」

▽ロッテ友杉(7回1死二塁から一塁線を破る適時二塁打)「(前を打つ)池田さんの勢いに乗って初球から打ちにいきました。タイムリーになって良かったです」


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング