マリーンズ 6 - 4 イーグルス
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:岩下  イーグルス:瀧中

マリーンズスタメン
1番: 池田 (一)、2番: 藤岡 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: 安田 (三)、6番: 角中 (左)、7番: 岡 (中)、8番: 佐藤都 (捕)、9番: 平沢 (右)

イーグルススタメン
1番: 山 (遊)、2番: 小郷 (右)、3番: 島内 (左)、4番: 浅村 (二)、5番: フランコ (指)、6番: 鈴木大 (一)、7番: 辰己 (中)、8番: 安田 (捕)、9番: 黒川 (三)

仙台で行われたイーグルスとのデーゲーム。
美馬、石川、二木、佐々木朗希を欠き先発陣が苦しいマリーンズは今日もブルペンデー。
中継ぎ陣を総動員します。

1回表。
池田ライト前ヒット、藤岡四球で無死1,2塁。
しかし中村はサードゴロゲッツー。2死3塁。
嫌な流れになりかけましたが、ポランコがセンターにタイムリーヒットを放ち1−0。
マリーンズが先制しました。

1回裏。
先発は岩下。
1アウトから連続四球でピンチを招きましたが、浅村をショートゴロゲッツーに打ち取りチェンジ。
無失点でしのぎました。

2回表。
佐藤がソロホームランを放ち2−0。
リードを広げます。

2回裏。
マリーンズのピッチャーは2番手の廣畑。
フランコ四球、鈴木ライト前ヒットで無死1,2塁。
辰己バント失敗も、安田四球で1死満塁とします。
ここで黒川に犠牲フライを打たれて2−1。1点差。
なおも2死1,3塁のピンチでしたが山をピッチャーゴロに打ち取りチェンジ。
同点は阻止しました。
廣畑は3回以降立ち直り、4回までの3イニングを投げて1失点。
3イニング1失点なら上出来です。

5回裏。
マリーンズのピッチャーは3番手坂本。
なんなく3人で抑えました。

5回裏。
1死2塁で岡がセンターにタイムリーヒットを放ち3−1。
瀧中はここで降板となりました。
2番手は鈴木翔ですが、マリーンズの勢いは止まりません。
佐藤四球、平沢センターフライで2死1,3塁。
ここでイーグルスはピッチャーを宋に交代。
池田はサードゴロでしたが、サード黒川がなんと後逸。
タイムリーエラーとなりらんなーが2人還ります。これで5−1。
さらに藤岡四球、暴投もあり2死1,3塁。
ここで中村がレフトにタイムリーヒットを放ち6−1。
リードを広げました。

6回裏。
1アウトランナーなしで東妻が登場。
浅村死球、フランコレフトフライ、鈴木四球で2死1,2塁としますが、辰己ショートゴロでチェンジ。
抑えはしましたが、やや不安定です。

7回裏。
2死2るいで代打阿部にセンターへのタイムリーツーベースヒットを打たれて6−2。
4点差です。

8回表。
イーグルスのピッチャーは内。
1死から藤岡四球と中村ヒットで1死1,2塁としますが、ポランコセカンドゴロ、安田センターフライでチェンジ。
追加点はなりませんでした。

8回裏。
マリーンズのピッチャーは澤村。
浅村にツーベースヒットを打たれ、フランコレフト前ヒットで無死1,3塁。
ここで鈴木にタイムリーヒットを打たれて6−3。3点差となります。
さらに辰己死球で無死満塁。大ピンチです。
ですがさすが澤村。
安田三振、岡島犠牲フライで6−4も、山崎ファーストゴロでチェンジ。
追いつかれなければ失点しても良い、これぞコバマサイズム。劇場至上主義です。

9回裏はペルドモが抑えて試合終了。
ペルドモは来日初セーブ。そして2番手の廣畑がプロ初勝利を挙げました。
チーム状態は良いとは言えません。
それなのに勝ち星が積みあがっていきます。
一体どこまで行ってしまうのか。経験したことのない1年になりそうです。

ロッテ・広畑敦也プロ初勝利のお立ち台に吉井監督猴霪瓠鎮罍夏のブルペンデーに「選手たちはよく頑張ってくれた」(サンスポ)
ねぎらいの思いが行動に表れた!? ロッテ・吉井理人監督(58)はプロ初勝利を挙げた広畑敦也投手(25)のヒーローインタビューに猴霪瓠5念球を笑顔で手渡し、孝行息子の一人と肩を組んで喜んだ。

「しんどかったと思うけど、本当に選手たちはよく頑張ってくれた。感謝しかありません」

チームのピンチを、自慢の救援陣が救った。先発予定だった森が背中の張りで登板を回避。通常、2軍から先発要員を呼ぶのが打開策となるが、「今日(21日)の2軍戦の先発は古谷で育成の子。準備ができている長いイニングを投げられる投手が一人もいなかった」。急きょ、救援投手が小刻みに継投する「ブルペンデー」の採用が決まった。

これも犇悗玄雖瓩箸い┐拭実は18日のオリックス戦でも、復帰登板を想定していた佐々木朗のまめの回復が遅れたため「ブルペンデー」を実施し、勝利していた。苦しい台所事情で救援陣の負担が大きくなり、指揮官は「こっちの落ち度で週に2回もやることになった。申し訳ないことをしたと思っている」。試合前のミーティングでは、「ほんま、ごめんなさい。すみません。今日だけ勘弁してくれ」と投手陣に頭を下げた。

指揮官の熱い思いに投手陣が応えた。二回から2番手で最長の3イニングを投げた三菱自動車倉敷オーシャンズから入団2年目の広畑は「やるしかない。いつも通りの心構えでいけた」と1失点。6投手が粘り強く継投し、白星をつかんだ。

チームは引き分けを挟んで今季2度目の5連勝。貯金を今季最多の9に上積みした。広畑は「チームのピースになれるようにやっていく」と頼もしく語った。12球団トップの防御率2・59を誇る投手陣が屋台骨を支える。


【ロッテ】非常事態乗り越え5連勝 吉井監督は投手の準備を反省「今日だけ勘弁」頭下げる場面も(ニッカン)
首位ロッテが非常事態の“ブルペンデー”を乗り越えて5連勝をつかんだ。予告先発の森が背中の張りで登板回避。

急きょ先発した岩下が初回を無失点で抑えると、2回から2番手登板の広畑敦也投手(25)が3回1失点と粘ってプロ初勝利を挙げるなど、リリーフ陣の6人リレーでリードを守り抜いた。

広畑はヒーローインタビューで勝利球をどうするか問われたが、まだ手元になかった。「両親に渡そうと思っています」。その直後、吉井監督がボールを持って大急ぎで“乱入”し、肩を組み記念撮影。「たまたま勝ち投手が僕だっただけ。チームが勝つことが大事なので、そこに食い込んでいけるようにやっていきたい」。疲労を考慮してベンチ外だった今季13セーブの益田からも「頼むよ」と激励され、「やるしかない」と覚悟を決めた。

吉井監督にとっては18日オリックス戦の“ブルペンデー”とは違った。この日の2軍の先発予定が育成選手だったため、急きょ昇格させる“保険”投手が準備出来ていなかったことを反省。「こっちの落ち度で週2回やることになったので、選手たちには申し訳ないことをした。感謝しかありません」。球場入り後にグラウンドで投手陣を集めて「ほんま、ごめんなさい。今日だけ勘弁してくれ」と頭を下げる場面もあった。

5回以降の起用法は試合中も悩み、選手にも3パターンくらい伝えていた。最後は新外国人ペルドモの初セーブで勝利も「もう2度とやりたくない。頭の中が疲れきりました」。広畑の2番手起用には「前回先発で何もつかない場面で投げたので、(今回は)勝ち投手になれるかなと思って」と、この親心は想定通りだった。【鎌田直秀】

▽ロッテ岡(最終打席で本塁打ならサイクル安打達成だった3安打1打点の活躍に)「投手陣がみんな頑張っているので、なんとか追加点をと思い打ちました」

▽ロッテ・ポランコ(初回に中前先制適時打を放ち)「カーブが続いたのでストレートが来ると思い、打ちにいきました。しっかり捉えることができ、ランナーをかえせて良かった」

▽ロッテ中村奨(3安打1打点に)「ピッチャー陣が粘りながらつないでくれたので、追加点を取ることができて良かったです」


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング