マリーンズ 9 - 5 ホークス 5/28(日) 14:00 PayPayドーム
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:佐々木朗希  ホークス:藤井

マリーンズスタメン
1番: 池田 (一)、2番: 藤岡 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: 安田 (三)、6番: 山口 (左)、7番: 岡 (中)、8番: 佐藤都 (捕)、9番: 平沢 (右)

ホークススタメン
1番: 中村晃 (一)、2番: 牧原大 (二)、3番: 近藤 (左)、4番: 柳田 (右)、5番: 栗原 (指)、6番: 柳町 (中)、7番: 川瀬 (遊)、8番: ガルビス (三)、9番: 甲斐 (捕)

福岡で行われたホークスとのデーゲーム。
先発は右手のマメをつぶして戦線離脱して以来久々の登板となる佐々木朗希です。

1回表。
池田センター前ヒット、藤岡三振の後、中村がレフトスタンドにツーランホームランを放ち2−0。
中村にとってはうれしいバースデーアーチとなりました。
バースデーアーチは自身初だそうです。

2回表。
平沢死球、藤岡四球で2死1,2塁。
ここで中村がレフトにタイムリーヒットを放ち3−0。
中村の活躍でリードを広げました。

4回裏。
中村晃に内野安打を打たれると、牧原にライトへのタイムリースリーベースヒットを打たれて3−1。
さらに近藤に犠牲フライを打たれて3−2。1点差とされます。
その後佐々木朗希は失点を許さず、6回2失点でマウンドを降りました。

7回表。
ホークスのピッチャーは津森。制球がよくありません。
藤岡四球、中村死球で無死1,2塁とすると、ポランコがライトスタンドにスリーランホームランを放ち6−2。
ものすごい弾丸ライナーでした。

8回表。
ホークスのピッチャーは泉。
平沢レフトフライ、池田ツーベースヒット、藤岡四球、中村四球で1死満塁。
ここでポランコがライトにタイムリーツーベースヒットを放ち8−2。
安田死球、和田ショートフライで2死満塁。
ここで岡押し出し死球。9−2。
泉はどうしてしまったのか。藤本監督の起用は疑問ですが、ホークスが負けてくれる分には構わないので、素晴らしい采配だと思います。

9回裏。
マリーンズのピッチャーは廣畑。
1死1,2塁で柳田にスリーランホームランを打たれて9−5。
ちょっとよくありませんね。
ただ、結果は9−5でマリーンズが大勝。佐々木朗希は久々の白星となりました。

いい形で交流戦に入れます。
失速しないよう、頑張って勝ちましょう。

ロッテ・佐々木朗希が復活4勝!志願続投6回わずか3安打9K2失点、MAX164キロ 10年ぶり首位でさぁ交流戦(サンスポ)
猯疣造硫物瓩復活!! ロッテ・佐々木朗希投手(21)が28日、ソフトバンク10回戦(ペイペイドーム)で先発し、6回3安打2失点、9奪三振の好投で開幕から無傷の4勝目を挙げた。右手中指のまめで戦線を離脱していたが、5日のソフトバンク戦以来の復帰登板で、最速は164キロを計測。チームは交流戦前最後の試合に9−5で勝利し、貯金は10。2013年以来10年ぶりに首位で、30日の巨人戦(ZOZOマリン)から始まる交流戦を迎える。

決め球で空を切らせると、4万62人の歓声とため息が交錯した。3−2の六回2死一塁、相手は27日にサヨナラ打を放った柳田。佐々木朗は勝負どころと踏んでギアチェンジした。鋭く落ちる144キロのフォークボールで空振り三振。反撃の勢いを断ち、黄色のグラブをたたいた。

「今日一番大事な場面だった。どうにかゼロで抑えられて良かった」

右手中指にまめができた5日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)以来の登板。立ち上がりからブランクを感じさせなかった。一回の初球に160キロを計測し、三回までパーフェクトに抑えた。自己最速に1キロに迫る164キロの直球とフォークボールを軸に9奪三振。志願して六回もマウンドに上がり、6回3安打2失点で開幕からの連勝を4に伸ばし、4月21日以来37日ぶりの白星を手にした。


【ロッテ】中村奨吾バースデー弾「ホークスファンの方も手拍子してくれていた」初回から朗希援護(ニッカン)
ロッテ打線も初回から佐々木朗希投手を援護した。

中村奨吾内野手が1死一塁、31歳バースデー2ランを左翼席に運び先制。「打席に入りハッピーバースデーをファンの皆さんが歌ってくれて、ホークスファンの方も手拍子をしてくれていたので、とてもうれしかった」。2回2死一、二塁でも左前適時打で「昨日江村(直也捕手)にごちそうになったので、それを力に変えた」とファンにも仲間にも感謝した。


ロッテ・ポランコが5号3ラン&満塁2点二塁打 「強い打球を飛ばそうという気持ちが結果に」(サンスポ)
ロッテのグレゴリー・ポランコ外野手(31)が2安打5打点をマークした。

七回無死一、二塁から2試合ぶりの5号3ランを放つと、八回には1死満塁から右翼越えの2点タイムリー二塁打を放った。3安打3打点の中村奨と並んで打線をリードした。「強い打球を飛ばそうという気持ちが結果につながった」と満足そうだった。

巨人から移籍1年目。開幕から極度の打撃不振に悩み、ベンチを温めることも。現在も打率はまだ1割台(・183)だが、19打点はチームトップだ。30日からの交流戦でもポランコのバットに頼るところは大きい。


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング