マリーンズ 1 - 2 バファローズ  6/27(火) 18:00 京セラD大阪
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:佐々木朗希 バファローズ:宮城

マリーンズスタメン
1番: 友杉 (遊)、2番: 角中 (左)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: 山口 (一)、6番: 安田 (三)、7番: 岡 (右)、8番: 佐藤都 (捕)、9番: 藤原 (中)

バファローズスタメン
1番: 茶野 (右)、2番: 宗 (三)、3番: 中川圭 (中)、4番: 森 (捕)、5番: 頓宮 (一)、6番: 杉本 (指)、7番: 紅林 (遊)、8番: 福田 (左)、9番: 安達 (二)

京セラドーム大阪で行われたバファローズとのナイトゲーム。
球界を代表するピッチャー、しかも同学年同士のマッチアップです。

2回裏。
森レフトフライ、頓宮レフト前ヒットで1死1塁。
杉本の打席で佐々木朗希が暴投。ランナーは2塁へ。
ここで杉本はセンター前にヒットを放ちますが、なんと藤原がファンブル。
痛恨のタイムリーエラーとなってしまいました。0−1.バファローズ先制です。
続く紅林ライト前ヒット、1死1,2塁。
福田の打席で佐々木朗希が暴投。1死1,3塁。
大量失点の予感がしましたが、福田と安達をワンバウンドのボールを振らせて空振り三振。
なんとか1失点でしのぎました。

5回裏。
紅林三振、福田キャッチャーゴロで2アウト。
安達もピッチャーゴロに打ち取りますが、佐々木朗希が1塁に悪送球。
けん制悪送球も絡んで安達は3塁へ。
失点のピンチでしたが茶野を三振に仕留めてチェンジ。
踏ん張りました。

6回表。
佐藤ファウルフライ、藤原レフト前ヒット、友杉ライト前ヒットで1死1,2塁。
角中ショートゴロで2死1,2塁。
中村四球で満塁も、ポランコサードフライでチェンジ。
このチャンスで点を取っておきたかったです。

6回裏。
2アウトから森ヒット、頓宮四球で2死1,2塁とするも、杉本三振でチェンジ。
抑えたのですが、この回佐々木朗希は2回暴投しています。
今日は暴投が多いですね。キャッチャー佐藤に止めてほしいところですが速いし落差があるしでなかなか大変です。

9回表。
バファローズのピッチャーは平野。
角中がツーベースヒットで出塁し、2死3塁で山口がライトにタイムリーヒット。
マリーンズが土壇場で追いつきました。1−1です。
追いつかれても平然と笑っている平野はさすがですね。劇場王の鑑です。

9回裏。
マリーンズのピッチャーは益田。
いきなり森にサヨナラホームランを打たれて1−2。
え?負け。
最終回に追いついて浮かれていたマリーンズファンにとっては、何が起きたかよくわからないうちに試合が終わっていました。

佐々木朗希は暴投が多かったものの、7回1失点は立派。
8回無失点の宮城を褒めるしかないでしょう。スローカーブが打てないこと打てないこと。
剛の佐々木朗希と柔の宮城の投げ合いは見ごたえがありました。
最後は残念でしたが、切り替えていきましょう。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング