イーグルス 11 - 4 マリーンズ  7/2(日) 14:00 ZOZOマリン
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:メルセデス  イーグルス:藤井

ZOZOマリンで行われたイーグルスとのデーゲーム。
カード勝ち越しを狙ったマリーンズですが、残念ながら土曜日の試合とは真逆の展開になりました。

1回裏。
岡四球、岡盗塁の後、藤岡センターフライで1死3塁。
ここで中村サードゴロも、3塁がランナーホームインし0−1。
マリーンズが先制しました。

2回表。
伊藤ショートゴロ、フランコレフト前ヒット、田中四球で1死1,2塁。
ここで太田にセンターへのタイムリーツーベースヒットを打たれて2−1。
逆転を許しました。

6回表。
浅村にソロホームランを打たれて3−1。絶不調のバッターに打たれてしまいました。
その後伊藤のヒットとフランコの四球で2死1,2塁としたところでメルセデスは交代。
2番手に岩下が出てきました。
岩下は暴投の後太田に四球を与えて2死満塁とし、村林に走者一掃のタイムリーつベースヒットを打たれて6−1。
岩下が流れを止めきれず、試合が決まりました。

8回表。
7回から登板の坂本が田中と太田に連続ホームランを打たれて8−1。
流れが止まりません。

9回表。
横山も打たれます。
1死3塁で山にタイムリーヒットを打たれて9−1。
さらに2死2,3塁で村林にタイムリーヒットを打たれて11−1。

9回裏に申し訳程度の反撃をするも、4−11で試合終了。
2桁失点で大敗となりました。

今日はいろいろと拙いプレーがありました。
負けるべくして負けた試合です。
あとはメルセデスの球速が落ちており、打たれだしたのが気になりますね。
夏場の屋外球場は苦手なのかも。巨人の本拠地はドームでしたし・・・。
メルセデスが復調できるのかがシーズンのカギを握るだけに、なんとかしてほしいです。

【指揮官一問一答】ロッテが今季ワースト18安打11失点惨敗 吉井理人監督「選手たちは頑張ってくれたんですけど、こちらの責任です」(サンスポ)
ロッテが今季ワーストの18安打、11失点で2カード連続の負け越しを喫した。先制直後の二回に太田に逆転2点適時二塁打、六回に浅村の12号ソロ、八回には田中和、太田に連続ソロを浴びた。九回に山口、佐藤都の適時打を含む4安打で3点を返したが、反撃が遅く及ばなかった。吉井理人監督(58)の主な一問一答は以下の通り。

――今季ワーストの18安打11失点で大敗

「やられてしまいました」

――メルセデスは立ち上がりは不安だったが、立て直した

「ジャイアンツの頃も立ち上がりが悪い投手と聞いていたので、ああいうことはあるかなと思っていた。前回からちょっとそういう感じが出ました。ただ、尻上がりによくなって、こっちが替え時を失敗したので、CC(メルセデス)は頑張ったと思います」

――投手交代は迷った

「いや、初回の太田の対応とデータ(を見た)。右と左どっちが合っているのかっていうのと、ゴロピッチャーなのにフライ、ライナーが上がり出したので、交代だと思ったんですけど…こちらのミスです」

――打線は九回に奮起して3点

「去年もこのピッチャーにやられていた。同じピッチャーにやられたっていうのは、こっちの対策の立て方が悪かった。本当に選手たちは頑張ってくれたんですけど、こちらの責任です」

――五回に田村がセーフティーバントに成功。相手の悪送球の間に二塁を狙ったが、アウトになった

「彼も一生懸命やってる。ただ、自分のところの球場なので、悪送球になったらどんなふうに返ってくるかは知っておいてほしかったですね」

――この1週間で益田、ぺルドモに負けがつくなど、今日も救援陣が崩れた

「まあ、長いシーズンこういうことはあるし、リリーバーはほんと大変な仕事なので。彼らはずっと頑張ってくれていますし、信頼って意味では何も変わらないです。ただ状態悪い選手は、2軍にもいい選手はいるので、入れ替えていかなきゃいけないっていうのはあると思います」


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング