マリーンズ 4 - 1 イーグルス  8/18(金) 18:00 楽天モバイル
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:種市  イーグルス:岸

マリーンズスタメン
1番: 荻野 (右)、2番: 藤岡 (遊)、3番: 中村奨 (二)、4番: ポランコ (指)、5番: ブロッソー (三)、6番: 安田 (一)、7番: 山口 (左)、8番: 藤原 (中)、9番: 柿沼 (捕)

イーグルススタメン
1番: 辰己 (中)、2番: 小深田 (二)、3番: 小郷 (右)、4番: 浅村 (指)、5番: 阿部 (一)、6番: 岡島 (左)、7番: フランコ (三)、8番: 山 (遊)、9番: 炭谷 (捕)

今日から仙台で楽天との3連戦。
CS進出をあきらめないイーグルスはマリーンズにとって難敵ですが、マリーンズも負けられません。

1回表。
藤岡と中村のヒットで1死1,3塁としますが、ポランコ、ブロッソーが倒れてチェンジ。
チャンスをつぶしました。

3回表。
荻野センター前ヒット、藤岡センターフライ、中村ライト前ヒットで1死1,3塁。
ここでポランコがライトにタイムリーヒットを放ち1−0。
さらにブロッソーも犠牲フライを放ち2−0。
マリーンズがこの回2点を先制しました。

5回表。
荻野、藤岡のヒットで無死1,3塁。
しかし中村三振、ポランコ三振、ブロッソーサードゴロでアウト。
クリーンアップに打ってほしい場面でしたが。

7回表。
1死2塁で中村奨吾がツーランホームランを放ち4−0。
7月15日以来となるホームランでリードを広げました。

8回裏。
2死1,3塁で小深田セカンドゴロも、中村奨吾が1塁に悪送球して1塁セーフ。
3塁ランナーがホームインし4−1となりました。
中村は捕球の際ランナーと交錯しかけてバランスを崩したのでしょうか。
なおも2死1,3塁でしたが小郷をレフトフライに打ち取りチェンジ。
見事種市が8回を1失点に抑えました。

9回裏は益田が抑えて試合終了。
4−1でマリーンズが勝利しました。
種市はキャリアハイとなる10勝目。
奪三振130は佐々木朗に並び両リーグトップ。
肘の手術を乗り越え、一流の仲間入りを果たせそうですね。
このまま高みに登ってほしいです。

ロッテ・種市10勝 郎希に並ぶセパトップ130奪三振 タイトルは「結果的に獲れればいい」(スポニチ)
エースと呼ぶにふさわしい投球だった。ロッテ・種市は8回2死一、三塁から内野安打で1点を失ったものの、8回7安打1失点で10勝目。7年目で初の2桁勝利に「(ドラフト)指名された時から目標だった。(右肘の)手術もあって7年かかりましたけど良かったです」と語った。
 初回、楽天の攻撃を3人で終わらせたが、いずれも3ボールとなった。ベンチで待っていたのは吉井監督の「ストライク先行で行け!」の厳しい声。そこから修正し、8回まで投げきった。連敗を3で止める力投に指揮官も「今日は連敗を止めるためのエースの投球という感じを見せてくれた」と称賛した。

 7奪三振で今季の奪三振は130。両リーグトップの佐々木朗に並び、オリックス・山本を7個上回った。勝利数もリーグトップの山本に1差の2位で、勝率・714はリーグトップに立つ。「タイトルは欲しいけど、そこを目指すと力みにつながるので、結果的に獲れればいい」。まずは首位追走のために腕を振る。(大内 辰祐)


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング