昨年貴重な内野のユーティーリティープレーヤーとしてチームを支えた茶谷。
今年はショートのレギュラーを友杉と競うことになりそうです。
もっとも、内野のほかのポジションも流動的ですから、昨年同様サード、セカンド、ファーストでの出番もあるでしょう。

【ロッテ】茶谷健太は内野全ポジション守れるよう準備、福田光輝は二塁で勝負 選んだ結果楽しみ(ニッカン)
ユーティリティーも人それぞれだ。

9日、ロッテ茶谷健太内野手(25)の自主トレ公開に行った。茶谷は昨季内野全ポジションを守った。今年は遊撃メインになりそう。…ではあるが、守備位置が固定されたとて「自分は全部やれるようにしている」と言う。どこでも守れることは武器であり、誇りを持っているように見えた。

実際、22年シーズンの終盤は遊撃固定だった。そのため昨季も遊撃起用を予想していたところ、結果的に全部守ることになったという。「ほんと毎年どうなるか分からないんで。毎日ポジションが違うと体の負担も準備も違う。感覚や角度も違ってくる。難しいですけどね」。職人芸だ。

昨年12月は日本ハム福田光輝内野手(26)の自主トレを見た。茶谷と同学年にあたる。福田光もロッテ在籍時の22年、ファームで内野全ポジションに就いた。「言われたところでいいプレーをできるように」準備していた。だが意識の変化が訪れる。

ユーティリティーは自分の売りだった。「でもそれやったら結構ね、サブ(控え)になるんで」。

以前は1軍にいられればいいと思っていた。レギュラー奪取への意欲が高まった福田光は自らポジションを絞った。「セカンドで勝負したい。監督にもやりたいって伝えたんで。僕が言うことによって、監督コーチがそっちでいこうって思ってくれたら、僕はそれで勝負できる自信がある」。

どこでも守れるなんてそれだけですごい。その準備を継続するのも、あえて1つのポジションで勝負するのも、生き抜くための選択だ。選んだ先の結果を楽しみにしたい。茶谷、福田光が共通して言ったのは「とにかく打たないと始まらない」ということ。振り込んで、たくさん打撃のことを考えて、球春に備えている。【遊軍 鎌田良美】


【ロッテ】茶谷健太と友杉篤輝が遊撃の定位置争い ライバルも“合同自主トレ”で切磋琢磨(ニッカン)
遊撃の定位置を争うロッテ茶谷健太内野手(25)と友杉篤輝内野手(23)が9日、ZOZOマリンで自主トレを公開した。

今季は吉井監督が内野をシャッフルする方針で、藤岡が二塁にコンバートされ、遊撃は茶谷と友杉の併用になる見込み。昨季内野の全ポジションを守った茶谷は「(今季は遊撃と)今、知りました。シャッフルは知ってましたけど、自分がどことは知らなかった」とびっくり。「でも毎年競争なんで。打たないと出られない。(友杉に)足では絶対勝てないので、打撃で。3割。目指すところはそこですね」と打率3割を掲げた。

一方で友杉は、昨年11月に吉井監督から直接、茶谷との正遊撃手争いになる旨を伝えられた。「ポジションは9個しかない。去年もレギュラー目指してやってましたし、それは変わらず。今年が勝負の年だと思ってやってます」。全試合出場、規定打席到達を目標とし「盗塁の面で去年は9個だった。全然足りないかなと思う。レギュラーになったら20はいきたいですね」とスピードをアピールする。

ちなみに2人の“合同自主トレ”は、どちらかが誘ったわけではなく、たまたま始動が同じ4日だったから。「まだスタッフさんがいらっしゃらなかったんで、2人でティー上げたりとかしてました」(茶谷)。ライバルであると同時に、よき先輩後輩。練習後はグータッチで写真に納まった。


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング