中村奨吾が自主トレでサードとセカンドの練習に取り組んでいます。
今年はキャプテン制を敷かないため、選手会長に専念することで負担も減らせるでしょう。
最多併殺、最低出塁率、最低得点圏打率の逆三冠王と苦しんだ打撃をなんとかしたいところです。

【ロッテ】昨季まで主将の中村奨吾は選手会長専念「全員が意識高くキャプテンっていう気持ちを」(ニッカン)
ロッテ中村奨吾内野手(31)が19日、沖縄で行ってる自主トレ後、オンラインでメディア対応を行った。

昨季はチームトップの137試合に出場。二塁でゴールデングラブ賞を受賞したが、打率は2割2分で、今オフは一から見直す。「体が疲れてきても、しっかり下半身を使って打っていけるように。左中間、右中間に強い、伸びる打球を打てるように」と練習量も増やしている。

今季はチームとしてキャプテン制は敷かないため、21年から3年間キャプテンを務めた中村奨は選手会長に専念する。「少しでもチームがうまく回っていけるように、みんなで引っ張っていくというか。自分が引っ張っていかないといけないとは思いますけど、全員が、意識高く持ってキャプテンっていう気持ちを持ってやっていければ」と話した。


【ロッテ】中村奨吾、17年以来の三塁挑戦へ「自分の野球観も広がる。前向きにやっていきたい」(ニッカン)
ロッテ中村奨吾内野手(31)が、新ポジションの準備を着々と進めている。

19日、沖縄で行っている自主トレを公開し、オンラインで対応。昨季は二塁手としてゴールデングラブ賞を受賞したが、今季は吉井監督の内野シャッフル構想により三塁に挑戦する予定で、現在は二塁と並行して練習中だ。三塁での出場となれば17年以来。「若い時やってた時はやっぱり難しくて、レギュラーを取りきれてないっていうところもあった。慣れてないポジションをやるので、負担は多いと思う」と話しながらも、ポケットが深い三塁用のグラブを新調。「自分の野球観も広がると思いますし、引き出しも増えていけばいい。前向きにやっていきたい」と、精力的に練習に励んでいる。

一方で強く意識するのは打撃面だ。昨季はチームトップの137試合に出場したが、打率は2割2分と課題が残った。「体が疲れてきても、しっかり下半身を使って打っていけるように。左中間、右中間に強い、伸びる打球を打てるように」と基礎練習から見直し、練習量も増やしている。

今季10年目を迎える名手が掲げる目標は「キャリアハイ」。自らの成績をアップさせ、チームをリーグ優勝、日本一へ導く覚悟だ。【星夏穂】
+

中村奨吾のサード挑戦で危うくなるのは安田です。
安田には期待しているのですが、正念場ですね。
安田は誰からも文句を言われない成績を残し、堂々とサードのレギュラーを掴んでほしいです。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング