マリーンズ 6 ー 3 バファローズ  5/1(水) 18:00 ほっと神戸
ニッカン式スコア



先発 マリーンズ:ダイクストラ  イーグルス:田島
マリーンズスタメン
1番: 岡 (中)、2番: 石川慎 (左)、3番: ポランコ (指)、4番: ソト (一)、5番: 茶谷 (遊)、6番: 佐藤 (捕)、7番: 中村奨 (三)、8番: 山口 (右)、9番: 小川 (二)

バファローズスタメン
1番: 来田 (左)、2番: 紅林 (遊)、3番: 森 (右)、4番: セデーニョ (指)、5番: 頓宮 (一)、6番: 宗 (三)、7番: 若月 (捕)、8番: 杉澤 (中)、9番: 太田 (二)

4月からの人事異動でバタバタしておりブログを更新できず申し訳ありません。
ようやく落ち着いてきたのでボチボチ更新していきます。
4月の試合についてもこっそり更新していきますので、よろしくお願いします。


神戸で行われたバファローズとのナイトゲーム。
先発は新外国人のダイクストラです。
2軍での成績は3試合に投げて1勝1敗。防御率2.45とまあまあです。
しかし11イニングに投げて被安打11というのが気になりますね。ヒットを打たれすぎでしょう。
石垣島キャンプの練習試合で見た時は決め球がなく抑えるのに苦労している印象でしたが、どうなのでしょう。

1回表。
石川ヒット、ソト茶谷四球で2死満塁としますが、佐藤センターフライでチェンジ。
チャンスを逃します。

2回裏。
頓宮にソロホームランを打たれて0−1。
その後宗に四球を与えますが、若月セカンドゴロゲッツー。杉沢サードフライでチェンジ。
先制を許したものの、崩れずに粘りました。

3回裏。
太田四球、来田送りバントも、補球したダイクストラが1塁悪送球。
記録は内野安打となり、無死1,3塁となります。
無死1,3塁で森がライト前。ライトフライかと思われましたがあと一歩及ばずワンバウンドします。
打球が落ちたのを見てからランナーがスタート。1塁ランナーを2塁でアウトにしたものの、3塁ランナーがホームインし0−2。
記録はライトゴロながらバファローズが追加点をあげました。

5回裏。
マウンドに上がったダイクストラが右腕をつってしまいそのまま降板。
「初めてああいう風な形でつってしまった、自分の中でも100球ペースでいけば、自分自身いいピッチングもできてたので、なんとか100球はっていう気持ちの中でつってしまって、残念でしょうがない」と無念のコメントを残しています。

緊急登板したのは中村稔。
紅林にソロホームランを打たれて0−3とされますが、これは仕方ありません。

6回表。
バファローズのピッチャーはこの回から高島。
中村死球、山口ヒットで1死1,3塁とし、小川が三遊間を破るタイムリーヒットを放ち1−3。
反撃ののろしを上げます。

回は進み9回表。
マウンドには平野が出てきました。
先頭の小川はセカンドゴロ、しかしこの回から守備固めで登場したセカンド安達がなんとファンブル。
エラーで出塁します。
続く代打角中はライト前ヒットで無死1,3塁。
石川はライトへのタイムリーヒットで2−3。
続くポランコはセカンドゴロ。あわやゲッツーかと思われましたが、なんと名手安達がまたエラー。ボールをファンブルしオールセーフとなりました。無死満塁です。
続く代打藤岡は三振、1死満塁。
ここで安田がレフトにタイムリーツーベースヒットを放ち4ー3。
ようやく安田がやってくれました。マリーンズ逆転です。

バファローズはピッチャーを平野から井口に交代。
佐藤がライトにタイムリーヒットを放ち5−3。1死1,3塁。
中村ショートフライも山口死球で2死満塁。
ここで小川がセカンドゴロも、なんと安達が1イニング3つ目のエラー。
またしてもボールをファンブルするタイムリーエラーで6ー3となりました。

9回裏は益田が抑えて試合終了。
8回裏を抑えた岩下が勝利投手となり、安達に足を引っ張られた平野は自責点ゼロながら負け投手となりました。

勝ちに不思議の勝ちあり。
まさか安達が1イニングに3つもエラーするとは誰も思いませんよね。
9回表に5点取っての大逆転勝利ながら、喜んでいいのかわかりません。
ダイクストラはなんとも。被安打が多く、決め球がほしいところです。
2010年のビル・マーフィーのように覚醒できるのか注目しましょう。

マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング