バファローズ 2 ー 5 マリーンズ 4/7(日) 14:00 ZOZOマリン
ニッカン式スコア


先発 マリーンズ:佐々木朗希 バファローズ:曽谷

バファローズスタメン
1番: 西川 (左)、2番: 西野 (二)、3番: 中川 (中)、4番: セデーニョ (一)、5番: 森 (指)、6番: 宗 (三)、7番: 若月 (捕)、8番: 福田 (右)、9番: 安達 (遊)

マリーンズスタメン
1番: 岡 (中)、2番: ポランコ (左)、3番: ソト (指)、4番: 山口 (右)、5番: 茶谷 (一)、6番: 佐藤 (捕)、7番: 友杉 (遊)、8番: 池田 (二)、9番: 中村奨 (三)

ZOZOマリンスタジアムで行われたバファローズとのデーゲーム。
注目の佐々木朗希登板試合です。

1回表。
西川レフトファウルフライも、西野にレフトへのスリーベースヒットを打たれます。ここで佐々木朗希はなんと暴投、キャッチャー佐藤がフォークを捕球できず、3塁ランナーがホームインします。
1−0。バッテリーのミスで先制を許しました。

1回裏。
岡四球、ポランコ四球、ソト三振、山口ライト前ヒットで1死満塁。
ここで茶谷が犠牲フライを放ち1−1。
マリーンズが同点に追いつきました。
なおも2死2,3塁のチャンスでしたが、佐藤はセカンドゴロでチェンジ。
ここでもう一押しほしいところでした。

2回表。
森ライトフライ、宗四球、若月四球で1死1,2塁。
ここで福田にセンターへのタイムリーヒットを打たれて2−1。
再びリードを許します。
さらに安達のライト前ヒットで1死満塁。
大ピンチでしたが西川を三振、西野をセンターフライに打ち取りチェンジ。
なんとか最少失点でしのぎました。

4回裏。
佐藤がセンターへのツーベースヒットで出塁。
続く友杉がタイムリーツーベースヒットを放ち2−2の同点に追いつきます。
さらに池田がライトにタイムリーヒットを放ち2−3。
マリーンズが逆転!バファローズ先発の曽谷はここで交代となりました。
2番手は井口。
中村奨吾がレフトにツーベースヒットを放ち無死2、3塁。
ここで岡がレフトに犠牲フライを放ち2−4。
さらに1死3塁でポランコがライトにタイムリーヒットを放ち2−5。
マリーンズがこの回逆転に成功し、3点のリードを奪いました。

その後両チーム得点なく試合が進みます。
佐々木朗希は7回を2点に抑えて降板。
8回は沢村、9回は横山が抑えて試合終了。
佐々木朗希は今季初勝利を挙げました。

今年の佐々木朗希はスピードが出ませんね。
ストレートは160キロに届かず、フォークは140キロ台です。
明らかに遅くなっています。スライダーをよく投げているようですが、どうなんでしょう。
スピードを落として、スタミナ温存を図りたいのか。
この変化が良いのか悪いのか、まだわかりません。
制球も良くありませんし。

ロッテ 乱調の佐々木朗希 牽制が速すぎて珍プレー 一塁手後逸も“壁当て”でボールが戻る(デイリー)
 ロッテ・佐々木朗希投手の珍プレーに場内がざわついた。

 二回、1死から宗に四球。次打者・若月の場面で、初球を投じる前に一塁へ高速牽制。一塁手・茶谷が捕球できず、一走・宗が二塁へ走りかけた。だが、ボールは一塁ファウルゾーンのフェンスに当たってはね返り、茶谷のもとへ。珍しい牽制の「壁当て」となり、宗は慌ててベースへ戻った。

 この日の佐々木は乱調。初回は暴投で失点し、二回も連続四球から追加点を献上するなど、制球に苦しんでいる。


マリーンズ にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 旅行ブログへ
プロ野球・人気blogランキング